Artist

助川 太郎
ギター

助川 太郎

SUKEGAWA Taro

ギタリスト。1973年、東京生まれ。2001年、米バークリー音楽大学ギター科卒業。2003年より「メヲコラソン」でメジャーデビュー。
2013年、ソロギタリストとしての活動をスタート。ギター1本の完全独奏によるアルバム”This is guitarist” を発表(レコード芸術誌準特選盤)。ブラジル音楽を中心に、ジャズ、クラシック、タンゴ、即興、エフェクターを多用したエレクトリックサウンド、民族楽器「口琴」など、様々な要素が混然一体となった「ソロギターワールド」で、現在も全国ツアー中である。
2018年、オリジナル作品集のCD「ブラジルの抽象画」を発表。

PROGRAM

  • beyond the sonata〜ソナタの彼方〜織りなす新旧の対比と融合。
    助川ブラザーズ (ギター:助川太郎、コントラバス:助川龍)
    9月28日|金| 13:15〜14:00
    B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
    P: 597-741
    ボサノバ薫るギターが彩り、コントラバスが伸びやかに歌う!唯一無二のアンサンブルを聴かせる助川ブラザーズ。今年はバロックソナタの名曲と映画音楽、そこにブラザーズのオリジナル曲を織り合わせ更なる大きな世界〜その先の彼方へと皆さんを誘います。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • ギターとアルパにのせて歌う日本の歌〜千の風になって
    助川 太郎(ギター) 池山 由香(アルパ・メゾソプラノ)
    9月29日|土| 13:15〜14:00
    H|太白区文化センター|展示ホール
    P: 597-747
    せんくらお馴染みの”助川ブラザーズ”ギタリストの助川太郎と日本では少ない”アルパ弾き語り奏者”池山由香による異色デュオ。ギターの醸し出す音色と南米のハープ”アルパ”、さらに助川ワールドとも言える独自のムードが、心に染み入る日本の歌の魅力をより引き出すことでしょう。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。