Artist

三舩 優子
ピアノ

三舩 優子

MIFUNE Yuko

幼少の頃からニューヨークに育ち、桐朋学園大学在学中、第57回日本音楽コンクール第1位 。
同大学を首席卒業後、1990年、文化庁派遣研修員としてジュリアード音楽院に留学。翌年にはロス・アンジェルスにおいてアメリカデビューを果たし、L.A.TIMESで絶賛される。
同年フリーナ・アワーバック国際ピアノコンクールで優勝。1992年、ジュリアード・ソリストオーディション優勝。
翌年帰国し、本格的に日本での演奏活動を再開。
1996年、モスクワ交響楽団とモスクワ及び全国ツアー、1997年にはサンクトペテルブルク交響楽団と共演。
2001年、韓国ソウル国際音楽祭に出演。2007年にはニュージーランド・ツアーを行う。
2013年、パリ・ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団と日本ツアーで共演、好評を博した。
録音においては「リスト・巡礼の年第2年イタリア」「メフィストワルツ」「ラプソディー・イン・ブルー」「ウイングド」「バーバー・ピアノ作品集」「南米作品集」をリリース。「バーバー作品集」「南米作品集」は「レコード芸術」誌にて「特選盤」「優秀録音盤」に選出された。
1995年より5年に亘り、FM横浜のパーソナリティーとしても活躍し、2003年からは6年間NHK-BS「週刊 ブックレビュー」の司会も務め、視聴者から高い人気と支持を集めた。
教育活動にも独自の視点で積極的に係わり、シンガポールではリサイタルと共にキッズ・コンサートやマスタークラスを度々開催。また、「子供ワークショップ」やアウトリーチ活動にも力を注いでいる。
2014年にデビュー25周年を迎え、古典から現代音楽に至る幅広いレパートリーには深みが増し、シャープで切れのあるタッチと繊細で品格の美音、華のあるダイナミックな演奏で聴衆を魅了。
現在、京都市立芸術大学非常勤講師。

公式ホームページ:http://www.yukomifune.com/

PROGRAM

  • ピアノとパントマイムで楽しむ1920年代のパリへタイムスリップ!
    三舩 優子(ピアノ) フィリップ・エマール(パントマイム)
    9月29日|土| 17:15〜18:00
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    1920年代パリ、第一次世界大戦後の開放感と好景気で浮かれた狂乱の時代。そして〜キャバレー〜の黄金時代でもあった。音楽界の異端児サティやチャップリンが活躍し、ラグタイムが流行っていた。そんな時代を三舩優子&フィリップ・エマールが再現します。一緒にタイムスリップしましょう!
    Loadingマイリストに保存 |完売
  • まるでチャップリン!無声映画の実写版!
    三舩 優子(ピアノ) フィリップ・エマール(パントマイム)
    9月30日|日| 13:15〜14:00
    C|日立システムズホール仙台|シアターホール
    P: 597-742
    三舩優子のピアノ、フィリップ・エマールのパントマイム、まさしく無声映画を見ているような舞台!ラプソディ・イン・ブルーは2人によるスペシャル・バージョンです。どんな物語になるのか、想像を膨らませてみてください。きっと楽しさ倍増ですよ!
    Loadingマイリストに保存 |完売
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。