Artist

坂本 彩
ピアノ

坂本 彩

SAKAMOTO Aya

兵庫県出身。6歳よりピアノを始める。
全日本学生音楽コンクール中学校の部(第57回)、高校の部(第59回)全国大会第1位受賞。第19回アルトゥール・シュナーベル国際コンクール(ドイツ)最高位第2位、第6回仙台国際音楽コンクール入賞。2017年には第1回アミグダーラ国際ピアノコンクール(イタリア)優勝、第21回松方ホール音楽賞受賞、第20回ホセ・イトゥルビ国際ピアノコンクール(スペイン)にて第5位、並びに現代曲最優秀演奏者賞を受賞。
東京藝術大学に学び、2010年高関健指揮・藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演。同大学卒業時には読売新人演奏会出演、同声会新人賞受賞、皇居・桃華楽堂にて御前演奏を行う。渡独後、ヨーロッパの各都市においても演奏を行い、近年ではスタインウェイ賞リサイタルシリーズ(ドイツ)、在ドイツ日本国大使館、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院付属中央音楽学校等にてリサイタルを行ったほか、ムルシア交響楽団(スペイン)とモーツァルトのピアノ協奏曲第23番を共演。2018年には直木賞受賞作品・恩田陸「蜜蜂と遠雷」〜ピアニストと国際コンクール〜にて鈴木織衛指揮・仙台フィルハーモニー管弦楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を共演するなど、日本での演奏活動も展開中。
2011年よりベルリン芸術大学に在学。マスターソリスト課程を最優秀の成績で修了し、現在は引き続き室内楽課程にて研鑽を積んでいる。これまでにピアノを渡辺純子、大友聖子、木村綾子、青柳晋、御木本澄子、パスカル・ドゥヴァイヨン、村田理夏子の各氏に師事。
明治安田クオリティオブライフ文化財団、文化庁新進芸術家派遣制度、Gisela Erich Andreas財団各奨学生。

PROGRAM

  • 仙台国際音楽コンクールとドイツが結ぶアンサンブル〜シューマン・ブラームス
    岡本 誠司(ヴァイオリン) 吉岡 知広(チェロ) 北端 祥人(ピアノ) 坂本 彩(ピアノ)
    9月29日|土| 15:45〜16:30
    I|仙台銀行ホール イズミティ21|小ホール
    P: 597-748
    ドイツで学んだ音楽仲間が仙台に集結!お贈りするのは王道のドイツ・プログラム。ブラームスの才能を世に紹介したシューマンの「3つのロマンス」に始まり、F.A.E.ソナタより「スケルツォ」、そしてブラームスらしいほの暗さの中に情熱を纏ったピアノ三重奏曲第1番でコンサートを締めくくります。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 北端祥人&坂本彩仙台国際音楽コンクール入賞者ピアノデュオ 
    北端 祥人(ピアノ) 坂本 彩(ピアノ)
    9月30日|日| 12:45〜13:30
    F|エル・パーク仙台|スタジオホール
    P: 597-745
    ともに仙台国際音楽コンクールで輝かしい成績を収め、ドイツ・ベルリンで学ぶ盟友、北端祥人と坂本彩でお届けするピアノ連弾とソロのコンサート。各々のソロはもとより、連弾ならではの音の厚み、ペダリングの妙、そしてプリモとセコンドの役割分担など、見どころ、聴きどころ満載の注目公演です!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。