Artist

北端 祥人
ピアノ

北端 祥人

KITABATA Yoshito

大阪府出身。2016年、第6回仙台国際音楽コンクール第3位のほか、第21回宝塚ベガ音楽コンクール第2位(2009年)、日本ショパンピアノコンクール第3位(2010年)、第7回神戸芸術センター記念ピアノコンクール第1位、リヨン国際ピアノコンクールセミファイナリストディプロマ(2015年)など、これまでに数多くの賞を受賞している。
京都市立芸術大学、同大学院を首席で修了後、ハノーファー音楽演劇大学、ベルリン芸術大学修士課程ソリスト科を経て、現在同大学室内楽科に在籍している。
いずみホール(大阪)、秋篠音楽堂(奈良)、カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」(東京)など、日本各地でソロリサイタルを含む様々な演奏会に出演。近年ではスタインウェイハウス(ドイツ・ベルリン)、オーリヤック劇場(フランス・オーリヤック)などヨーロッパ各地でリサイタルを行うほか、オーストリア、ポーランド、ポルトガル、韓国などでソリストとして、また室内楽奏者として演奏活動を行う。
2017年には仙台フィルハーモニー管弦楽団第309回定期演奏会にソリストとして出演、パスカル・ヴェロ氏とショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番を共演し、好評を博す。
これまでに佐々木弘美、大川恵未、椋木裕子、上野真、マルクス・グローの各氏に師事。日本ショパン協会正会員。
現在ベルリン在住。

PROGRAM

  • 仙台国際音楽コンクールとドイツが結ぶアンサンブル〜シューマン・ブラームス
    岡本 誠司(ヴァイオリン) 吉岡 知広(チェロ) 北端 祥人(ピアノ) 坂本 彩(ピアノ)
    9月29日|土| 15:45〜16:30
    I|仙台銀行ホール イズミティ21|小ホール
    P: 597-748
    ドイツで学んだ音楽仲間が仙台に集結!お贈りするのは王道のドイツ・プログラム。ブラームスの才能を世に紹介したシューマンの「3つのロマンス」に始まり、F.A.E.ソナタより「スケルツォ」、そしてブラームスらしいほの暗さの中に情熱を纏ったピアノ三重奏曲第1番でコンサートを締めくくります。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 北端祥人&坂本彩仙台国際音楽コンクール入賞者ピアノデュオ 
    北端 祥人(ピアノ) 坂本 彩(ピアノ)
    9月30日|日| 12:45〜13:30
    F|エル・パーク仙台|スタジオホール
    P: 597-745
    ともに仙台国際音楽コンクールで輝かしい成績を収め、ドイツ・ベルリンで学ぶ盟友、北端祥人と坂本彩でお届けするピアノ連弾とソロのコンサート。各々のソロはもとより、連弾ならではの音の厚み、ペダリングの妙、そしてプリモとセコンドの役割分担など、見どころ、聴きどころ満載の注目公演です!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。