Artist

菊池 洋子
ピアノ

菊池 洋子

KIKUCHI Yoko

菊池洋子は、2002年第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝して一躍注目を集めた。その後、2003年にザルツブルク音楽祭のモーツァルト・マチネに出演するなど国内外で活発に活動を展開し、いまや実力・人気ともに日本を代表するピアニストの一人である。
これまで、国内の主要オーケストラとの共演はもとより、国際的にもリサイタル、オーケストラとの共演、室内楽演奏会で成功を収めている。2011年以降、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭にたびたび招かれているほか、2015年プラハの春音楽祭でアフラートゥス・クインテットと出演した模様は、チェコ国営テレビで放送され、好評を博した。
2009年に好評を得た「モーツァルト ピアノ・ソナタ全曲演奏会」を、2018年に兵庫と地元である群馬でも開催を予定している。
バレエとのコラボレーション公演にも出演し、世界的バレエダンサー ディアナ・ヴィシニョーワや吉田都ほかと共演している。
CD録音も活発に行い、エイベックスとオクタヴィアよりリリースしている。
第18回ミュージック・ペンクラブ音楽賞クラシック部門録音・録画作品 (日本人アーティスト)、第1回上毛芸術文化賞(音楽部門)、第17回出光音楽賞の各賞を受賞。

菊池洋子オフィシャルホームページ:http://www.yokokikuchipf.com/

PROGRAM

  • 0歳から大人まで楽しめるモーツァルト!ファーストクラシックはモーツァルトのピアノ曲で。
    菊池 洋子(ピアノ)
    9月28日|金| 10:30〜11:15
    H|太白区文化センター|展示ホール
    P: 597-747
    0歳から大人まで楽しめるモーツァルトの音楽。彼が19歳の時に作曲したソナタ第1番を聞けば、明るい気分で1日が始まります。続くきらきら星変奏曲は、モーツァルトが即興している姿が目に浮かぶようなユーモアたっぷりの美しい11の変奏曲。そして、前の2曲とは対照的な、メランコリックでありながらドラマティックなソナタ第12番。モーツァルトのさまざまな気持ちの変化が楽しめる3曲で、皆様をウィーン音楽の世界へお招きします。
    Loadingマイリストに保存 |残席わずか
  • 川久保賜紀が贈る、ブラームス・ヴァイオリン・ソナタ第2番名曲プログラム
    川久保 賜紀(ヴァイオリン) 菊池 洋子(ピアノ)
    9月29日|土| 13:00〜13:45
    I|仙台銀行ホール イズミティ21|小ホール
    P: 597-748
    日本デビュー20周年を迎える川久保賜紀。高度な技術と作品の品位を尊ぶ深い音楽性、コンクール覇者の実力者による究極のブラームス・ソナタをご堪能ください。また、公演61番では、ブラームス第3番もお聴きいただけます。ブラームスの聴き比べもぜひお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • ブラームス晩年の名作ソナタ第3番とクライスラーの名曲をカップリング
    川久保 賜紀(ヴァイオリン) 菊池 洋子(ピアノ)
    9月30日|日| 13:30〜14:15
    B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
    P: 597-741
    クラシック音楽界をリードする川久保賜紀。その卓越したテクニックと深い音楽性により、クライスラーとブラームスのプログラムを、信頼するピアニスト菊池洋子との演奏で、たっぷりとお楽しみいただきます。
    Loadingマイリストに保存 |完売
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。