Artist

原田 哲男
チェロ

原田 哲男

HARADA Tetsuo

鹿児島県出身。桐朋学園大学在学中の1990年に蓼科高原音楽祭奨励賞受賞。同大学卒業後から2年間ドイツのマインツ大学音楽学部に学ぶ。
1997年からは米国ダラス市の南メソヂスト大学より奨励金を得て、同大アーティストディプロマコースに入学、同年夏「チェロアンサンブルサイトウ」のメンバーとして日本、ヘルシンキ及びサンクトペテルブルグの世界チェロコングレスに出演した。
1999年から2012年9月末まで仙台フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者を務め、その間北爪道夫のチェロ協奏曲(仙台フィル委嘱作品)を初演のほか、定期公演等にソリストとしても出演した。そのほか仙台市民交響楽団、仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団といった地元のオーケストラとの共演、プラハ放送交響楽団宮城公演のソリストとして起用された。
2001年第4回ビバホールチェロコンクール3位。仙台フィルメンバーによるセレーノ弦楽四重奏団でも活躍。「松尾音楽助成賞」受賞、また原村室内楽セミナーにおいて「緑の風音楽賞」受賞。2006、2007、2014年には秋吉台室内楽セミナーに講師として招かれた。
森川諄一、木越洋、ユリウス・べルガー、岩崎洸の各氏に師事。2007年9月より文化庁海外派遣研修員として1年間ドイツに留学し、クリスティアン・ギガ−氏(ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団第一ソロチェリスト)に師事。
2013年5月から2016年4月末まで九州交響楽団首席チェロ奏者を務め、ソリストとして九州交響楽団、また福岡や鹿児島など地元のオーケストラと共演。2016年夏霧島国際音楽祭に出演。現在福岡市を拠点に、ソロ、室内楽、後進の指導など、幅広く活動を展開している。

PROGRAM

  • 一夜だけのドリームチーム「せんくら・フェスティバル・ソロイスツ」華やかな弦楽アンサンブルの世界
    せんくら・フェスティバル・ソロイスツ <ヴァイオリン> 成田 達輝、岡本 誠司、チャン・ユジン、松山 冴花、神谷 未穂 <ヴィオラ> 井野邉 大輔、吉田 有紀子 <チェロ> 長谷川 陽子、三宅 進、原田 哲男 <コントラバス> 助川 龍 <チェンバロ> 梅津 樹子
    9月29日|土| 19:00〜20:00
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    せんくら、ならではのオリジナル企画。選りすぐりの弦の名手たちが集い、贅沢な弦楽アンサンブルを披露。音楽祭だから実現できる、一夜限りのドリームチームによる極上の名曲コンサートをお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • ヴァイオリン西江辰郎&チェロ原田哲男が贈る!仙台フィル時代の盟友による魂のデュオ
    西江 辰郎(ヴァイオリン) 原田 哲男(チェロ)
    9月30日|日| 14:45〜15:30
    D|日立システムズホール仙台|交流ホール
    P: 597-743
    仙台フィルでコンサートマスターとして活躍をしていた西江辰郎と、同じくチェロ・首席奏者を務めた原田哲男。仙台フィル時代の盟友2人のヴァイオリンとチェロによる、名曲ヘンデルのパッサカリアほか、弦楽デュオの魅力にふれるコンサートです。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 原田哲男のチェロが奏でる情熱と静謐・シューマンとシューベルト
    原田 哲男(チェロ) 鷲宮 美幸(ピアノ)
    9月30日|日| 11:30〜12:15
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    日常の小さな出来事にも静かに幸せを噛みしめるシューベルトと、現実よりも更なる理想を常に追い求めるシューマン。同じくイ短調から始まりイ長調で締めくくられるまでの展開全ては、2人それぞれの生き方をそのまま表しているかのようです。大掛かりなオペラや交響曲よりも歌曲や室内楽曲に才を発揮した2人の味わい深い音楽を、チェロとピアノの多彩な音色でお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。