Artist

百々 暁子
ヴィオラ

百々 暁子

DODO Akiko

東京藝術大学音楽学部附属音楽高校入学と同時にヴィオラに転向。同大学卒業。1998年より同大学非常勤講師、上野学園大学演奏助手を務める。2000年仙台フィルハーモニー管弦楽団入団。オホーツク音楽祭、第15回アフィニス夏の音楽祭等に参加し研鑽。これまでにヴァイオリンをケイコ・ラッシュランダー、故 鷲見康郎の両氏に師事。ヴィオラを兎塚俊之、菅沼準二の両氏に師事。仙台ジュニアオーケストラ講師を務める等、後進の指導や室内楽にも精力的に取り組んでいる。

PROGRAM

  • 5周年のせんくら・うた劇場。宮沢賢治作『オツベルと象』今年は楽士も迎えた豪華版
    せんくら・うた劇場 吉川和夫(作曲・監修・指揮) 中村 優子(ソプラノ) 高山 圭子(アルト) 原田 博之(テノール) 武田 直之(バリトン) 倉戸 テル(ピアノ) 西沢 澄博(オーボエ) 百々 暁子(ヴィオラ) 助川 龍(コントラバス)
    9月30日|日| 16:45〜17:30
    E|エル・パーク仙台|ギャラリーホール
    P: 597-744
    「オツベルときたら大したもんだ」牛飼いが語り始める。ある日、地主オツベルのもとに白い象がやってきた。白い象だぜ、ペンキを塗ったのじゃないんだぜ。好奇心旺盛な象は、オツベルのもとで働くことに。琥珀のパイプをふかし、両手を背中に、働く者たちを厳しく監視するオツベル。初めは働くことを面白がっていた象だったが・・・。笑いと怒りと哀れみ溢れる傑作童話をせんくらで!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
beyond 2020 プログラム せんくら 2018

ご来場の
お客様への
お願い

開催期間中、各種メディアによる取材活用、カメラマンボランティアによる写真撮影が行われます。
会場の様子がテレビや新聞、雑誌、パンフレット、公式サイト等に放送・掲載されることがございますので、
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。