文字の大きさ 普通 特大
プログラム

プログラム

53

残りわずか

長谷川 陽子&青柳 晋デュオ・リサイタル

10月2日|日|17:30-18:15
会場B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
開場時間17:00
一般1,300円
U-18700円
3歳以上入場可
Pコード
597-741
出演長谷川 陽子(チェロ)
青柳 晋(ピアノ)
お互いを盟友としてたたえ合う長谷川 陽子と青柳 晋のデュオがふたたび! せんくら常連の二人が贈るチェロとピアノの名曲プログラム。長谷川がコロナ禍に「力をもらった」というベートーヴェンのチェロ・ソナタは、この時代に生きる皆さんにぜひ聴いていただきたい一曲です。
シューマン:アダージョとアレグロ
サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より 白鳥
ショパン:ノクターン 第20番「遺作」
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第3番
ARTIST

出演アーティスト

チェロ
長谷川 陽子
HASEGAWA Yoko
色彩豊かな音色と音楽性を持ち合わせた、日本を代表するチェロ奏者の一人。2022年デビュー35周年。
桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」で井上頼豊氏に師事。1987年リサイタル・デビュー。翌1988年小林研一郎指揮/日本フィルとの共演で協奏曲デビュー。桐朋学園音楽大学を経て、シベリウス・アカデミー(フィンランド)に留学。アルト・ノラス氏に師事し、1992年首席で卒業。これまでNHK交響楽団、プラハ交響楽団等、国内外の主要オーケストラとの共演多数。その他、日本各地でのソロ・リサイタルや無伴奏リサイタル、室内楽奏者としても多くのコンサートに出演し、幅広いファン層から支持を得ている。NHKEテレ「ららら♪クラシック」や、ラジオのパーソナリティなども務めた。
アリオン賞審査員奨励賞、松村賞、霧島国際音楽祭賞、ロストロポーヴィチ国際コンクール特別賞、モービル音楽賞奨励賞、新日鉄音楽賞フレッシュ・アーティスト賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞等、受賞多数。現在、桐朋学園大学音楽学部准教授。
ピアノ
青柳 晋
AOYAGI Susumu
ニカラグア生まれ、米国で5歳よりピアノを始める。日本に帰国後、全日本学生音楽コンクール全国大会で第1位受賞。桐朋学園大学在学中に西日本音楽賞を受賞、その後ベルリン芸術大学に留学。1992年ロン=ティボー国際コンクールに入賞後、パリ日本大使館、ラジオ・フランス、旧西・東ドイツ各地からアメリカに至るまで各地で演奏活動を展開。ハエン、アルフレード・カゼッラ、ポリーノの各国際ピアノコンクールで1位受賞。1997年頃より日本でも演奏活動を開始し、2000年には青山音楽賞を受賞。第28回日本ショパン協会賞受賞。
これまでに8枚のソロアルバムをリリースし、いずれも高い評価を受けている。
2006年よりリスト作品をメインに据えた自主企画リサイタルシリーズ「リストのいる部屋」をスタートさせ好評を得ている。国内外のオーケストラとも数多く共演し、著名アーティストからの信頼も厚く、近年は室内楽奏者としても活躍の場を広げている。2012年3月カーネギーホール・ワイルリサイタルホールでデビュー公演、現地メディアで絶讃を博す。
コンクール審査員としても経験を重ね、日本音楽コンクール、東京音楽コンクール、ハエン国際コンクール審査員などを歴任し、高松国際ピアノコンクールでは第一回目から審査に参加、現在副審査委員長として同コンクールのプロデュースにも携わる。
東京藝術大学教授、洗足学園大学客員教授、札幌大谷大学客員教授、長崎おぢか国際音楽祭音楽監督を務めながら幅広く演奏活動を継続中。
RECOMMEND

こちらのプログラムもいかがですか?