文字の大きさ 普通 特大
プログラム

プログラム

西本 幸弘×鈴木 崇朗
同郷音楽会―幼なじみと奏でるリズム!
メロディ!ハーモニー!

10月1日|土|15:45-16:30
会場B|日立システムズホール仙台|パフォーマンス広場
開場時間15:15
一般1,300円
U-18700円
3歳以上入場可
Pコード
597-741
出演西本 幸弘(ヴァイオリン)
鈴木 崇朗(バンドネオン)
ヴァイオリン×バンドネオン。ふたりは同郷札幌生まれ。幅広いジャンルで活躍する西本 幸弘と気鋭のバンドネオン奏者・鈴木 崇朗がクラシックナンバーから今年アニバーサリーイヤーのピアソラまでをクールにキメる45分!
ピアソラ:アディオス・ノニーノ
ピアソラ:リベルタンゴ
バルトーク:ルーマニア民俗舞曲集
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ほか
ARTIST

出演アーティスト

ヴァイオリン
西本 幸弘
NISHIMOTO Yukihiro
札幌市出身。6歳よりヴァイオリンをはじめる。東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
その後渡英し、英国王立北音楽院で首席栄誉付ディプロマ取得。
同音楽院よりバルビローリ賞をはじめ、多くの褒賞を受賞。
英国を拠点に活動し、海外オーケストラとの共演や世界各地の音楽祭で演奏、著名な演奏家との共演も数多い。英国にてNISHIMOTOTRIO、イゾラーニ・カルテットそれぞれを結成し、ウィグモアホール(ロンドン)など著名なホールで招待演奏、イギリス・オーストラリア両国国営放送(BBC、ABC)などにも出演した。2010年日本帰国後、自身のライフワーク活動のテーマとして《VIOLINable》を掲げ、ヴァイオリンでの音楽可能性を追求するコンサートプロジェクトなどを始動。
活動の幅は多岐にわたり、多くの映画音楽などのレコーディングにも参加。
各種施設での訪問ボランティア演奏など、アウトリーチ活動にも精力的に取り組んでいる。
2014年より、ベートーヴェンソナタ全曲演奏と東日本大震災復興支援ワークショッププログラムをあわせたリサイタルツアー・シリーズ【VIOLINable~ディスカヴァリー~】を始め、毎年、ゆかりの3都市(札幌、仙台、御殿場)でリサイタルを開催。同リサイタルシリーズではライブ録音を行い、今までにCDアルバム『VIOLINablediscoveryvol.1~5』をフォンテックよりリリース。現在、仙台フィルハーモニー管弦楽団(2012年~)、九州交響楽団(2018年~)の両楽団にてコンサートマスターを務めている。また、仙台国際音楽コンクール企画推進委員、ふもとのこどもオーケストラ音楽監督、NPO法人Mt.FUJI交響楽団特別顧問も務める。ニュークラシカルオーバーユニット《RainCats&Dogs》主宰。Datefmエフエム仙台〔TOHKnetSoundPizz.〕、TBC東北放送〔日立システムズエンジョイ!クラシック〕で、番組パーソナリティとして活動している。ヴァイオリンを今までに上木節子、山崎量子、北本和彦、大谷康子、田中千香士、澤和樹、ヤール・クレス、各氏に師事。令和元年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。
バンドネオン
鈴木 崇朗
SUZUKI Takatoki
札幌生まれ。2001年よりバンドネオンを小松亮太氏に師事。
2005年には小松亮太&オルケスタティピカのメンバーとして南米ツアーに参加し、ペルー、パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルで公演。
同年、単身アルゼンチンに留学し、バンドネオンをオスバルド・モンテス氏に師事。
また、小松真知子&タンゴクリスタルのメンバーとしてアルゼンチン・サン・ルイス州で行われた国際タンゴフェスティバルに参加。
2007、2008年にはアルゼンチンに留学し、バンドネオンをフリオ・パネ氏、ネストル・マルコーニ氏に師事。
2009年には2×4Tokioのメンバーとしてアルゼンチン・バリローチェで行われた世界タンゴサミットに参加。また、BarSur、BibliotecaNacionalでのリサイタルに参加。
2010年にはオルケスタ・アウロラのメンバーとしてアルゼンチンブエノスアイレスでのレコーディング、ブエノスアイレス・タンゴフェスティバルでの演奏、ウルグアイモンテビデオでの演奏に参加。
2014年、2015年とアンドレス・リネツキー楽団のメンバーとして国内ツアーに参加。
日本テレビ系連続ドラマ『家売るオンナ』(2016年)、『今からあなたを脅迫します』(2017年)、『家売るオンナの逆襲』(2019年)、『35歳の少女』(2020年)、フジテレビ系連続ドラマ『10の秘密』(2020年)ではメインテーマ、劇中曲の演奏に参加。また、テレビ朝日系アニメ『キラキラ☆プリキュアアラモード』(2017~2018年)、TOKYOMXほかで放送『ボールルームへようこそ』(2017年)、『ハクメイとミコチ』(2018年)等では劇中音楽の演奏に参加。
これまでに、あがた森魚、大貫妙子、坂本美雨、渡辺えり、姿月あさと、川井郁子等と共演。現在国内外でのコンサート、レコーディング等で活動中。自身のグループ、鈴木崇朗cuartetoを主宰し、2020年3月1stアルバム『Todamivida』を発表。小松亮太&オルケスタティピカ、小松真知子&タンゴクリスタル、オルケスタ・アウロラ等で活動中。
RECOMMEND

こちらのプログラムもいかがですか?