文字の大きさ 普通 特大
プログラム

プログラム

祝・結成20周年 昴21弦楽四重奏団×三又 瑛子
「46歳のドヴォルザークが書いた歌」

9月30日|金|18:30-19:15
会場D|日立システムズホール仙台|交流ホール
開場時間18:00
一般1,300円
U-18700円
3歳以上入場可
Pコード
597-743
出演三又 瑛子(ピアノ)
昴21弦楽四重奏団(アンサンブル)
(ヴァイオリン:三又 治彦、佐久間 聡一、ヴィオラ:生野 正樹、チェロ:玉川 克)
桐朋学園在学中に結成し今年20周年を迎える昴21弦楽四重奏団。仙台出身でNHK交響楽団ヴァイオリン次席奏者を務める三又 治彦とピアニスト瑛子兄妹、そして山形出身で多方面に活躍中の佐久間 聡一。東北にゆかりある奏者が気心知れた同志とともに郷愁溢れるドヴォルザークのメロディを歌う。
ドヴォルザーク:
ミニアチュア 作品75aより
ピアノ五重奏曲
ARTIST

出演アーティスト

ピアノ
三又 瑛子
MIMATA Akiko
仙台市出身。4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。2012年および2013年、日本音楽コンクールコンクール委員会特別賞(ヴァイオリン部門ピアノ伴奏)受賞。これまでに国内外の演奏家との共演をはじめ、文京華氏とのピアノデュオ「リブラ」としても活動。桐朋学園大学弦楽科嘱託演奏員。石川ミュージックアカデミー、ミュージックアカデミーinみやざき、などで公式伴奏者を務める。NPO法人ハマのJACKメンバー。
アンサンブル
昴21弦楽四重奏団
Subaru21Quartet
昴21弦楽四重奏団プロフィール
2002年、桐朋学園の学生同士4人で結成。 以降、日本各地で定期的に演奏会を催し、卓越した演奏技術と強固な信頼関係から生み出されるダイナミズムで聴衆を魅了している。


三又 治彦 MIMATA Haruhiko (ヴァイオリン)
桐朋学園音楽学部演奏学科卒業。2006年にNHK交響楽団に入団。現在ヴァイオリン次席奏者。2008年に はハマのJACK(現在は特定非営利活動法人)を仲間とともに立ち上げ代表として活動。未来の音楽 家支援企画、家族で楽しめる地域コンサート等、精力的に音楽コンサートやワークショップを開催して いる。他にはソロ活動の他昴21弦楽四重奏団、N響メンバーによるアンサンブル等室内楽活動も盛んに行っている。

佐久間 聡一 SAKUMA Soichi (ヴァイオリン)
山形県出身。4才よりヴァイオリンを始め、桐朋学園大学卒業。その後ドイツのミュンスター、ハノーファーでも学んだ。新日本フィル契約団員、大阪フィルの首席奏者、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ ブレーメンの客演奏者、2022年3月まで広島交響楽団の第1コンサートマスターを務めた。現在は、ソロや、「トリオAXIS」「昴21弦楽四重奏団」のメンバーとして、活動中。

生野 正樹 SHOUNO Masaki (ヴィオラ)
大分県出身。14歳よりヴィオラを始め、洗足学園音楽大学を首席で卒業、同大学大学院修了。 ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクールにて第2位入賞。日本演奏連盟のオーディションに合格、九州交響楽団と共演。現在、フリー奏者として東京シティフィル、神奈川フィル、広島交響楽団など全国のオーケストラに客演首席として参加する。また、トリオAXIS、昴21弦楽四重奏団、石田組メンバーとして活動中。

玉川 克 TAMAGAWA Masaru (チェロ)
5歳より才能教育研究会にてチェロをはじめる。宇都宮短期大学附属高校音楽科を経て、桐朋学園大学カレッジディプロマコース修了。2005年よりリサイタルを開始。2011年21年とバッハの無伴奏組曲全曲を取り上げる。室内楽奏者として非常に多くの演奏会に携わっており近年新たに、出身地である栃木県において本格的な室内楽コンサートを届ける「玉川克の室内楽シリーズ」を主宰、毎年3回のコンサートを開催している。その他、客演首席奏者として国内の主要オーケストラから招聘されるほか、クラシック、ポップスなどジャンルを問わずレコーディングへの参加多数。
RECOMMEND

こちらのプログラムもいかがですか?