74
Loadingマイリストに保存 |残席わずか
せんくら初登場!
笙の第一人者、宮田まゆみ「鳥」の世界
10月1日|日|15:45〜16:30
F|エル・パーク仙台|スタジオホール
¥1000|3歳以上
P: 597-745
宮田まゆみ(笙)
鈴木俊哉(リコーダー)
極楽に棲む美しい声の鳥・迦陵頻伽(かりょうびんが)が悠然と飛翔する様を想わせる「迦陵頻急(かりょうびんのきゅう)」。目の不自由な子ども達が粘土で創り出した力強い鳥の造形に触発された細川俊夫作曲の「鳥たちへの断章IIIb」、2羽の鶏がユーモラスに闘う「軍鶏」など、笙とリコーダーとの「鳥」をテーマにしたコンサート。3つの鳥の曲に加え、ヨーロッパの古い歌、新しい小曲も紹介。
雅楽古典:壹越調調子
雅楽古典:迦陵頻急
イタリア古典:サルタレッロ
イングランド民謡:グリーンスリーブス
細川俊夫:鳥たちへの断章IIIb
プラッツ:線香花火
川上統:軍鶏 

ARTIST

  • 宮田 まゆみ MIYATA Mayumi
    東洋の伝統楽器「笙(しょう)」を国際的に広めた第一人者。古典雅楽はもとより、現代音楽、オーケストラとの共演などにより、「笙」の多彩な可能性を積極的に追求している。 国立音楽大学ピアノ科卒業後、雅楽を学ぶ。1979年より国立劇場の雅楽公演に出演。1983年より笙のリサイタルを行って注目を集める。 …
  • 鈴木 俊哉(リコーダー)
    アムステルダム音楽院卒業。リコーダーを花岡和生、W.ファン・ハウヴェに師事。リコーダーの可能性と技術の開拓に 取り組む。L.コーリ、B.ファーニホウ、L.フランチェスコーニ、原田敬子、細川俊夫、伊藤弘之、野平一郎、S.シャリーノ、湯浅譲二といった作曲家たちと共同作業をおこない、彼等の作品を初演す る …