バレエとの共演

2016.07.09| 渡辺 玲子

私のブログ担当も最終日になりました。

今日は2012年に初めて経験し、今も続いているある演奏活動(?)についてお話しします。

今年の4月にも、NHK「バレエの饗宴」に参加しました。
これは年に一度、日本のトップダンス・グループを集め、NHKテレビで全国放送もされる大きなバレエの演奏会です。

この「バレエの饗宴」、2012年の第1回にNoism1の「Solo for 2」でバッハの無伴奏を舞台上で(舞台下のピットではなく)共演したのがきっかけとなり、昨年はNoism1の「supernova(新作)」で黛敏郎のヴァイオリン協奏曲、今年は谷桃子バレエ団の「オセロー」(新作)でシュニトケの合奏協奏曲の第1番、スターダンサーズ・バレエ団の「リラの園」でショーソンの詩曲も演奏しました。

そのほかにも、新国立バレエ団の「Solo for 2」、Noism1の米国ワシントンDCのケネディ・センターでの公演でもバッハの無伴奏で共演しました。

20世紀のバレエの巨匠、バランシンは「バレエではまず音楽ありき、音楽に踊りを合わせていく」というようなことを言っていますが、現実にはダンサーに音楽が合わせていることが多く、生演奏の魅力の一つであるべき即興的なテンポの変化や微妙な表現の揺らぎも、ままなりません。
実際、それが私にとっては「非」音楽的と感じられてストレスがたまることも多く、リハーサル中に投げ出したくなることも一度や二度ではないのです。

では、なぜ繰り返しバレエとの共演に挑戦するのかと考えると、やはり最終的にはダンサーの要求に答えながらも、音楽的な意味合いや魅力を自分の演奏の中で失わない、その微妙な緊張バランスを自分の中に見つけることで、作品の新しい魅力を同時に見いだせると感じているからだと思っています。

 

7月2日、Noismの新作、劇的舞踏「ラ・バヤデール」を横浜のKAATへ観に行きました。シンプルで印象的な舞台装置と素晴らしい踊り、そしてISSEY MIYAKEの衣装も機能的で美しく、バヤデールの古典バレエそのものを観たことがない私には、音楽を聴きながら想像が膨らみました。再構成されて挿入された3人の俳優による台詞は、「音楽と踊りがすべてを語っている」と強く信じる私には不必要に思われましたが、異なる形態の芸術を組み合わせている舞台は、とても良い刺激になりました。

 

これでしばらくお別れですが、私の
FBページwww.facebook.com/reikowatanabevn
ウェブサイトwww.reikowatanabe.com
もご覧いただければ嬉しく思います。

 

秋に仙台で皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

ballet gala 2016

 

渡辺玲子(ヴァイオリン)

現代作品

2016.07.08| 渡辺 玲子

先日、イタリアのスーパースター・ピアニスト兼作曲家のGiovanni Alleviさんのコンサートを、浜離宮ホールへ聴きに行きました。

 

アレヴィさんとは、2013年にイタリアのラヴェンナとミラノで、彼のヴァイオリン協奏曲を彼自身の指揮で共演して以来のご縁で、毎年一度は演奏会を聴きに行っています。

 

昨年もミラノで、偶然私の滞在中に演奏会があり、招待していただきました。
日本にもこの3年、毎年来日されていますが、イタリアでは何千人も入る大きな会場をいつもいっぱいにしてしまう国民的スーパーピアニストです。

彼のヴァイオリン協奏曲は技巧的な華やかさも十分にありますし、何といってもイタリア的な抒情的な美しさが随所にあって、聴いていて素直に楽しめる協奏曲。

精神性を追求した前衛的な現代作品を演奏していくことも大切ですが、現代の作曲家と聴衆の乖離の問題を考えるとき、アレヴィさんの曲のように心に素直に入ってくる作品を演奏することも大切なのではないかと最近は感じています。

 

いつか皆さんに聴いていただく機会が来ると嬉しいですね。

 

Allevi concert in Milan

 

渡辺玲子(ヴァイオリン)

毎年行っている「車いす使用者のためのコンサート」

2016.07.07| 渡辺 玲子

今日から3日間、ブログを担当するヴァイオリンの渡辺玲子です。

昨年に続き、今秋もせんくらに参加できることを、とても楽しみにしています。

9月30日のフェスティバル・ソロイスツ、10月1日午前中の公演ではギターの巨匠・福田進一さんとの室内楽、そして午後はピアニスト青柳晋さんとのリサイタルで、計3公演で演奏します。どれも音楽祭という場にふさわしい豪華なプログラムです。
多くの皆さんと会場でお会いできることを願っています。

 

さて、このブログでは最近の私の活動を少しご紹介したいと思います。

先月はサントリーホール主催の室内楽の祭典、「チェンバーミュージック・ガーデン」に参加しました。これは毎年6月に数週間に亘って行われる室内楽のフェスティバルで、プロのカルテットの演奏会は勿論のこと、サントリーホールのアカデミーの学生も、ベテランの演奏家や巨匠と混じって、多彩なプログラムを演奏します。

私は2013年から「車いす使用者のためのスペシャルコンサート」のプログラム企画と演奏を受け持っていて、4回目の今回は、池田菊衛さん(ヴァイオリン)、磯村和英さん(ヴィオラ)、堤剛さん(チェロ)、大萩康司さん(ギター)にご参加いただいて、バルトークやショスタコーヴィチ、メキシコの現代作曲家アングロなどの作品を含む、ユニークな1時間のプログラムを演奏しました。嬉しいことに聴いてくださる参加者も年々増加していて、今回は60名の車いす使用者と付き添いの方々が来場、ホールがいっぱいになりました。
最後のボッケリーニの有名なスペインの舞曲「ファンダンゴ」では、リズムに乗って手をたたく子どももいて、生の音楽を楽しんでもらえたようです。これも完全にバリアフリーになるサントリーのブルーローズの特徴を生かした企画であり、30周年を迎えるサントリーホールの重要な役割の一つとして、これからも続いていってほしいと思います。

尚、一般の方々に向けては、別の日に同じメンバーで、プログラムを少し変えて演奏しました。

 

写真提供:サントリーホール

写真提供:サントリーホール

 

 

渡辺玲子(ヴァイオリン)

7月2日

2015.07.02| 渡辺玲子

ヴァイオリンの渡辺玲子です。

私のブログ担当も最終日。

この機会に、東北と西洋音楽のつながりについて、少し調べてみました。

フランシスコ・ザビエルによって日本にキリスト教が伝えられたのが1549年、1582年には九州の大名たちが長崎の神学校で学んだ4名の少年を使節として、ローマ教皇のもとに派遣します。8年後に帰ってきた少年使節団は、豊臣秀吉の前で5種類の西洋の楽器(ハープシコード、クラヴィコード、ハープ、ヴァイオルとリュート)を用い、西洋音楽を演奏して見せたとされています。四重奏だったと記録されていますが、曲目などは不明。

1613年に伊達政宗は支倉常長を副使にして、180人程の一行を貿易交渉のためにスペインやローマやメキシコへ派遣します。船は石巻でつくられ出港、支倉もスペインで洗礼を受けますが、通商交渉は結局うまく行かず1620年に帰国。その時、ヨーロッパからどのような楽器を持ち帰り、演奏を行ったかはわかりません。ただ、そのころの東北には仙台と秋田に2つの教会があり、スペインとポルトガルの司祭たちによる布教が盛んでした。信者たちがミサでグレゴリア聖歌を歌っていたことは間違いないでしょう。

政府の方針が急転し、キリスト教禁止の時代になっていきます。東北でも弾圧が厳しくなり、秋田だけでも115名が処刑されました。しかし隠れキリシタンたちは「おらしょ」のうたを250年以上も歌い続けました。多分、音程やメロディーなどは少しずつ変化していったでしょう。しかし金や銀が世界の注目を浴びるようになると、東北の鉱山で働く外国人エンジニアや司祭たちによって、再び19世紀の西洋音楽が東北に広まっていきました。

東北には、西洋音楽に対する深いルーツがあるのですね。

10月のコンサートで皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

渡辺玲子

7月1日

2015.07.01| 渡辺玲子

ブログ担当第2日、ヴァイオリンの渡辺玲子です。

フェスティバルと言えば、プログラムの中心的存在となる室内楽曲。今日は、私が関わっている室内楽コンサートの一つをご紹介いたします。

10日ほど前に、サントリーホールのチェンバーミュージック・ガーデン(CMG)の特別演奏会「車いす利用者のための室内楽演奏会」が今年も行われ、特別支援学校の中高校生と職員&付添いの方々などで120名ほど聴きにいらっしゃいました。このコンサートは、障害を抱える子供たちにも気兼ねなく生の音楽を楽しんでもらおうという目的で、サントリーホールで毎年6月に行われているCMGのコンサートの一つとして、2年前から始められたシリーズです。私は初回からプログラミングと演奏を任されました。3回目の今回はベートーベンやシューベルト、ブラームスなどの古典作品を中心としたプログラムを組み、ホール館長で初回から演奏してくださっているチェロの堤剛氏の他に、東京カルテットとして40年以上世界で活躍された池田菊衛氏(ヴァイオリン)磯村和英氏(ヴィオラ)、そしてピアノの若林顕氏に加わっていただきました。

演奏を始めるとすぐに、音楽に合わせて身体を動かしたり、大きく声を上げたりする子供たちがいます。これは音楽に積極的に反応しているからで、奏者も他の聴いている人たちも特に気にしません。それよりも音楽の曲調の変化に合わせて、静かになったり激しく拍子を打ち始めたりと、刻々と反応を変えていく様子に私は注意を払います。そのことによって、私たち演奏者と聴いている子供たちとのコミュニケーションが、音楽を介してしっかりと成立しているかどうかが分かるからです。

私が毎年秋に行っている国際教養大学の「音楽と演奏」の講義で、学生たちに習得してもらいたい目的として掲げるのは、音楽を受け身で聴くのではなく、能動的に聴く姿勢を学ぶこと。音楽が与えてくれる豊かな情感と音色の世界に分け入り、積極的に反応する感受性を育てることです。これは実はとても努力のいる難しいことなのですが、特別支援学校の生徒の皆さんはそういう感受性の基盤をしっかりとお持ちのように感じています。

左から渡辺玲子、若林顕、池田菊衛、磯村和英、堤剛(6月18日サントリー、ブルーローズ)

左から渡辺玲子、若林顕、池田菊衛、磯村和英、堤剛(6月18日サントリー、ブルーローズ)   (写真提供:サントリーホール)

 

渡辺玲子

6月30日

2015.06.30| 渡辺玲子

今日から7月2日までブログを担当するヴァイオリニストの渡辺玲子です。

せんくらには2回目の参加になりますが、数年前の無伴奏リサイタルのみでの出演に比べると、今回は協奏曲とリサイタルがあり、その分多くのアーティストの方とも交流する機会が増え、とても楽しみです。

ブログ第一日目の今日は、私の東北とのご縁のお話を少しいたします。2004年に秋田に開学した国際教養大学の特任として、毎年一学期間「音楽と演奏」というタイトルで一般の学生に音楽について英語での集中講義をすることになり、東北とのかかわりが深くなりました。秋田県内の名所は勿論のこと、青森や岩手、宮城、山形などの山や温泉なども、たくさん訪ねて回りました。栗駒山や松島、秋保温泉を訪れたこともあります。

実は、これを書いている今日(6月27日)も、東北の旅から帰ってきたところです。秋田の秘湯、夏瀬温泉で、ピアニストの坂野伊都子さんと一時間ほどのコンサートを行いました。オーナーの方とは国際教養大学を通して開学時以来お付き合いがあり、そのご縁で夏瀬温泉の10周年を記念した今回のコンサートとなったのですが、中庭の緑が窓を通して映えるモダンで落ち着いた色調のロビーで、50人程の方にサロン風のコンサートを楽しんでいただきました。

せんくらも、10周年。記念すべきこの年にまた参加できることを嬉しく、楽しみにしています。皆様もどうぞ、食と自然の魅力あふれる秋の東北で、音楽を気軽に楽しめる仙台クラシック・フィスティバルへいらして頂ければ嬉しく思います。

坂野伊都子さんと演奏後、夏瀬温泉のサロンで。

坂野伊都子さんと演奏後、夏瀬温泉のサロンで。

渡辺玲子

最新の投稿

カテゴリー