3日目

2016.07.06| 朴 葵姫

ブログ最終日は、長年趣味として楽しませて頂いている写真について書きたいと思います。

 

スペインにいる間使ったカメラは1920年代ドイツで発売された二眼レフの元祖であるローライフレックスですが、シャッタースピードや光加減の調節などがとても難しいフィルムカメラです。

使い始めてあまり時間が経っていないので慣れていないのと、二眼レフのため画面に見えるのと実際の写りに差があることなども難しく感じる要因です。

 

長い間ずっとデジタルカメラやスマートフォンで撮っていたため、その便利さに慣れていましたが、ローライフレックスを使い始めてまた久しぶりにフィルムカメラの魅力にどっぷりハマりました。

まず一番の魅力はフィルムを預けて出来上がるまでの待ち時間がとてもワクワクすることです。デジタルカメラの時忘れていた「待つ」ということを改めてしてみて、その間の感情も貴重なものなんだと思いました。

そして2つ目は、全ての機能を手動で設定することです。とても難しい反面、一枚一枚いろんなことを考えて撮るため、全ての写真が記憶にちゃんと残ります。

何十枚も撮ってその中から選ぶのではなく、できる限り良い写真を撮るため時間と手間をかけることに、演奏することとの共通点を感じます。

 

写真も演奏もさらに手間をかけて、共に成長できればと思います。

 

3日間ブログを読んでくださり、ありがとうございました!

せんくらでお会いできることを楽しみにしています。

image3

ローライフレックスで撮った写真です。ローライフレックスならではの光の表現がとても気に入っている一枚です

 

 

朴葵姫(ギター)

2日目

2016.07.05| 朴 葵姫

こんにちは。朴葵姫です。

 

今日はアリカンテにいる間旅したスペインの町の中で、あまり日本では知られていない2つの町を紹介させて頂きたいと思います。

 

まず1つ目は、Campo de Criptana という小さな田舎町です。ここに行った理由はただ1つ、風車を見るためです。

スペインでは風車の有名な町がいくつかあるのですが、Campo de Criptanaはその中で一番知られていない小さな町です。

駅について風車があるところまで約40分くらい(迷いながら)歩いてやっと実物を見てその瞬間、わぁーーと実際に声を出してしまうくらい感動しました。真っ白で可愛い形をした風車が丘の上に並んでいて、想像以上の大きさにとても驚きました。実は、辿り着くまでの道がかなり大変だったので旅行地を間違えたのでは、、?という気持ちにもなりましたが、芝生と風車と雲と空の色がきれいに合わさった風景を見た瞬間、大変だった道のりは一瞬で忘れました。

 

次にお話させて頂きたいところは、Altea という町です。

私がこの町について知ったのはアリカンテに留学に行ってからでしたが、近くを旅したいと思い、アリカンテ周辺の地図を見て偶然見つけた場所です。

その後調べてみると、スペインのサントリーニと呼ばれる町で、多くの北欧の人たちが観光に来る町だそうです。

アリカンテからバスに乗り約1時間半でたどり着いて、半日間その町を歩き回りましたが、スペインのサントリーニと呼ばれる通り、真っ青な海と丘の上に並んでる白い家々がとても美しい町でした。

 

今日紹介させて頂いた2つの町は何度でもまた訪ねたい町です。あまり知られていない場所ではありますが、皆様もスペインに行かれる際に寄ってみてはいかがでしょうか?

有名なバルセロナやマドリードとはまた違うスペインの田舎の景色を楽しめる場所だと思います。

image2

アルテアの景色

 

 

朴葵姫(ギター)

1日目

2016.07.04| 朴 葵姫

今年初めてせんくらに参加させていただきますギタリストの朴葵姫です。

 

私は今年の1月から6ヶ月間スペインのアリカンテという町(バレンシアから南に約100km)で留学をしてきました。

スペインでいつか住んでみたいと、長い間ずっと夢見ていたので、この6ヶ月間はまさに夢のような日々でした。

 

私が勉強していた学校は、アリカンテ大学で4年前に開設したギター修士課程で、6ヶ月間たくさんのマエストロに様々な時代と様式について学びます。各時代別はもちろんのこと、他にも基礎指揮法、身体学、編曲法、室内楽、そして論文まで、6ヶ月間ぎゅっと中身の詰まった勉強をさせていただきました。

生徒は全員で14人、様々な国から集まった人たちが1つの寮で一緒に暮らします。私は寮生活の経験がないため、アリカンテに行くまですごく心配していましたが、生徒の仲間たち皆とても優しくてすぐに仲良くなりました。

 

授業のない日は練習の他に大好きな旅と写真を撮ることを堪能しました。アリカンテの隅々まで歩いたり、地中海を眺めながらビールを飲んだり、友達とスペインバルに行ったり、寮でパーティをしたり。。。

全てが楽しい思い出なので、いつまでも記憶にくっきり残りそうです。

 

ということで、明日、明後日は旅と写真についてお話させていただきたいと思います。

 

image1

私の部屋から見える景色です。地中海ときれいな空と古い町並みがとても美しく、毎日うっとりしました

 

朴葵姫(ギター)

最新の投稿

カテゴリー