3日目

2016.07.24| 成田 博之

今日は体調管理の話(^_^)

オペラのリハーサルが続いたりすると、知らず知らずに身体が緊張してきます。

特にこの季節は暑さや湿度、室内の冷房などで身体が悲鳴をあげてきます。

そんな時、どうやって身体をリラックスさせるかがとても大切になります。

私がしている1例をあげると・・・

 

《ぬるま湯入浴》

 

お気に入りの入浴剤を入れ、湯に浸かりながらネットサーフィンなどしてのんびりしています。

暑いからとシャワーですませないでお風呂に浸かるのです

1時間位入ってることも(^_^)

それくらい入ると逆に首が疲れてくるときがあるので、バスピロー!
お風呂枕ですね(^O^)

IMG_20160719_221205

 

これがとっても楽なのです!

楽なので入浴時間が増えてしまいます・・・(^_^;)

でもやっぱり夏に入浴は身体にいいなーと感じます!

そしてそれは声のためにもね(^O^)♪

皆さまもそれぞれの方法でこの暑い夏を乗り切りましょう!

 

3日間のブログも今日でお終い。

それではコンサートでお会いしましょう(^O^)♪

ありがとうございました。

 

成田博之(バリトン)

2日目

2016.07.23| 成田 博之

昨日、只今「コジ・ファン・トゥッテ」練習中とお話しました。

実はもう1つ準備しているオペラが有ります!

IMG_20160720_230821

 
只今ビゼー作曲オペラ「カルメン」準備中(^_^)/♪

毎年8月には秋田・能代オペラ音楽祭が開かれます♪

市民とプロが力を合わせて作り上げる大イベントです。

この企画に関わって5回目の公演になりますが、今年の演目は「カルメン」!

この名曲をみんな力合わせて作り上げます。

能代オリジナルの「カルメン」は8月28日、能代市民会館にて♪

私は演出を担当しつつエスカミーリォで登場します(^_^)/

7月はグリエルモ、8月はエスカミーリォ♪

お楽しみ頂ければ幸いです。

能代でお待ちしております(*^_^*)

 

成田博之(バリトン)

1日目

2016.07.22| 成田 博之

皆さま、こんにちは。

バリトンの成田博之です。

 

仙台クラシック・フェスティバルには光栄なことに3年連続の登場となります。

今回のコンサートはどうなりますか、どうぞお楽しみに(^O^)
皆さまとお会い出来ることを楽しみにしています♪

 

只今モーツァルト作曲オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」の稽古の毎日を過ごしております。

公演会場がなんと東京エレクトロンホール!

こんな楽しいオペラを仙台で公演出来るなんて嬉しくてなりません!

宜しければオペラで演じて歌っている姿を見て頂ければと思います。

7月25日26日27日28日(私は26日28日出演)です♪

今週から仙台入りです(^_^)/

 

(写真はマエストロが仙台に合唱練習に行かれた時のお土産です)

(写真はマエストロが仙台に合唱練習に行かれた時のお土産です)

 

 

成田博之(バリトン)

私の好きな曲

2014.09.13| 成田 博之

さて、今回のコンサートのプログラム。

どのコンサートでも僕の大好きな曲ばかり歌わせて頂きます。

まず【27】のリサイタル「珠玉のメロディで誘う、イタリアへの旅

オペラへ興味を持ったきっかけは、私が中学生の時に亡くなった黄金のトランペットと言われた名テノール マリオ・デル・モナコでした。当時テレビやラジオで様々な特集番組が放送され、その中で演奏される彼の歌声に強烈なショックを受けたものでした。

そこからオペラに興味を持ち、彼の歌う様々なレコードを聴きました。モナコの歌うものはとてもドラマティックな役のオペラアリアやカンツォーネ、そして朗々と歌うオペレッタやミュージカルナンバー等がありますが、どの曲も彼の持ち声を生かすメロディーがありました。

メロディーの中に人間の喜びや悲しみが存在し、声の力によってそれが表現されていました。「私の太陽」「つれない心」「帰れソレントへ」など何度聴いたことでしょう。

気がついた時には私の聴く音楽はイタリアで生まれた音楽が圧倒的に多くなっていました。

そしてイタリアオペラが好きになり、オペラ歌手にそれらの曲は導いてくれたのでした。

そんな私が大好きな曲ばかりを集めたコンサート。イタリアへの思いをトークしながら、その国が生んだ素敵なメロディーをお伝えしたいと思います。

次に【19】の「華麗なる歌ガラコンサート」ではイタリアが生んだ作曲家ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「椿姫」(ジェルモン)、「リゴレット」(リゴレット)、「ドン・カルロ」(ロドリーゴ)のアリアをお聴き頂きます。

どの役もバリトンにとっては演じたい役ですが、それには名アリアがあるからともいえます。今年2月には東京二期会公演で「ドン・カルロ」に出演し、9月には秋田県能代市にて「椿姫」を、来年2月に東京二期会公演で「リゴレット」に出演することになっています。

私の大好きなオペラに出演することが出来、バリトン歌手としてとても幸せですが、そのアリア3曲を皆様にお披露目させて頂き、その魅力をお伝え出来たらと思います。

2つのコンサートは全ての曲がイタリアです。
私が好きな理由がお分かり頂けるといいなー。

では、また明日。

(写真は昨年ローマにて演奏する機会があり、その時にプッチーニ「トスカ」の舞台になったサンタンジェロ城からヴァチカン方面を撮影したものです)
成田博之

宮城出身のオペラ歌手

2014.09.12| 成田 博之

初めまして。バリトンの成田博之です。

今回の仙台クラシックフェスティバル2014ではプログラム【19】【27】【83】の3つコンサートに出演させて頂きます。そのコンサートについては明日のブログにてお話させて頂きますね。

初めてせんくらに出演することが決まり、とても嬉しく、楽しみにしていました。

それは私が宮城県大崎市(旧古川市)出身だからです。

ササニシキやひとめぼれの成長する水田風景の中で育ち、のびのびと過ごした宮城は今のオペラ歌手としての礎を築きあげてくれた故郷です。

その故郷の一大イベントであるこのフェスティバルで歌えるということは私にとって特別な思いがあります。

今回のコンサートではその喜びを胸に、全国から仙台に集結したクラシックファンの皆様に楽しんで頂けますよう頑張りたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

明日につづく。
成田博之

最新の投稿

カテゴリー