人が人を想う心を奏でます

2016.06.03| 神田 将

yukikanda03

 

こんにちは、エレクトーンの神田将です。今日は今年の演奏曲についてお話しします。

今年はふたつの枠をいただき、いずれもエレクトーンの独奏をお届けします。

 

まずは0歳児からのコンサート。せんくらではすっかりお馴染みですね。それにしても、子供ちゃんのパワーはすごいです。うまく表現できないのですが、放っているエネルギーが半端ないというか、「生きてます!」って感じなんです。もちろん、0歳からウェルカムの演奏会ですから、賑やかなのは織り込み済み。むしろシ〜ンとしていたら、めっちゃ怖いです。

 

今年はその子どもちゃんのパワーに負けないパワフルなプログラムを用意しました。かと言って最初から全力疾走だけでは芸がありませんね。そこで、穏やかな朝の雰囲気から、次第に加速して、最後には超高速プレーをお楽しみいただこうと企んでます。新しく盛り込んだ体験コーナーもお楽しみに!

 

もうひとつの枠は、真剣勝負です。エレクトーンでどこまで管弦楽の真髄に迫れるか、と言うより、その先を目指しています。オーケストラの最高傑作とも呼ばれるラヴェルのダフニスとクロエ、そしてムソルグスキーの展覧会の絵をラヴェルによる管弦楽編曲に基づいておいしいところ取りの抜粋でお送りします。

どちらもスペクタクル級のスケール感が魅力ですが、実はその精神性は極めて一個人的というか、ぎゅーっとフォーカスされた感じのものがあります。愛という概念を知らない若者が互いを想うってどんな感じだろう。そんなふたりにはいつもの夜明けですら、違って見えるのでは。そんな視点から、愛の純粋さから狂気までをひとりならではの一貫した息遣いで奏でます。

 

もうひとつは展覧会の絵。ムソルグスキーは管弦楽の手法を持っていたにもかかわらず、なぜこの交響的なモチーフをピアノ独奏曲にしたのでしょう。本当のところは知りませんが、もし私が友達を亡くし、そいつに何もしてやれなかったと悔やんだとしたら、盛大にみんなで弾く曲より、ひとりで弾くものを書くだろうと思います。「友よお前は偉大だった」と心で思いながら。

 

これらの作品を楽楽楽ホールで演奏させてもらえるなんて、夢のように幸せです!

 

さあ、今年のせんくらを、皆さんと一緒に楽しみましょう。そして、一緒に盛り上げていきましょう!!

 

神田 将(エレクトーン)

エレクトーンでクラシック?

2016.06.02| 神田 将

yukikanda02

 

こんにちは、エレクトーンの神田将です。今日はエレクトーンのお話をします。

いきなりですが、エレクトーンでクラシック音楽を演奏すると聞いても、ピンとこない方が多いのではないでしょうか。ポピュラー音楽をリズムボックスに合わせて軽やかに奏でるというイメージが強いエレクトーンですが、楽器の進化に伴い、クラシック音楽を演奏する愛好家がどんどん増えており、現在ではクラシック音楽を専門とするプロの演奏家も活躍の場を広げつつあります。

 

最新のエレクトーン使用した演奏は、一言で表せば「まるでオーケストラ」です。初めて聞いた人からは「いったいこの楽器はどうなっているの?」とただただ驚嘆されることしばしば。確かにそこも興味深い部分かもしれませんが、私がクラシック音楽に特化した演奏家として皆さんにお伝えしたいのは、そこではありません。

 

クラシック音楽と言っても、そのカタチはさまざま。中でも私のお気に入りは管弦楽作品全般です。子供のころ、オーケストラ演奏に圧倒的な衝撃を感じたのは、決してひとりでは表現しきれないスケールの大きさにでした。どんなに偉大な作曲家でも、自身の管弦楽作品を自分一人で演奏することは不可能です。指揮台に立てば自身のイメージ近い演奏に仕上げることは可能でも、演奏者という他人の手を借りる必要があります。

こうした大規模な作品をひとりで弾きたい!というのが、子供のころからの漠然とした夢だったのですが、のちにエレクトーンと出会って、ついに夢が叶いました。つまり、私にとっての音楽はエレクトーンありきで始まったのではなく、あくまでクラシック音楽の本質をより深く探求することにあり、そのためツールとしてエレクトーンを選んだというわけです。

 

クラシック音楽は言うまでもなく長い歴史を生き抜いた私たちの財産です。生まれた瞬間から今日まで、時代に揉まれながらも演奏者と聞き手によって育てられてきた生き物でもあります。

すべての作品には作曲された意図があり、優れた作品であればあるほど奥深い背景と物語を持っています。それらを常に探求し、時代に即したものとして演奏するのが、演奏家の務めです。

 

せんくらでは、少しでも皆さんにリラックスして楽しんでいただけるよう工夫しながらも、音楽の本質をきちんと感じていただけるよう、誠実な演奏をお届けいたします。どうか耳だけでなく、心を寄せて音楽を感じてください。

明日は、演奏曲のお話しをします。それでは、また!

 

神田 将(エレクトーン)

今年のせんくら

2016.06.01| 神田 将

yukikanda01

 

こんにちは、エレクトーンの神田将です。

今年もせんくらブログのトップバッターを務めさせていただきます。よろしくお願いします。

これからせんくら本番まで、エントリーしている演奏家が皆さんに毎日メッセージを発信していきますので、日々のお楽しみとしてぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

さあ、今年のせんくらのラインナップ、皆さんはもうご覧になりましたか?

新しく生まれ変わった今年のせんくらは、出演者がぐっと若返りましたね。それも実力のある演奏家ばかりですので、フレッシュさと聞き応えの両方を満喫させてくれるに違いありません。

そんな中、私はまだルーキー気分が抜けきらないのですが、気がつけばすっかり古株になっていました。改めて今年の顔ぶれを見て、引き続き出演させていただけることを、本当に光栄に思います。

 

せんくらといえば、クラシック音楽を身近に気軽に楽しめるのが魅力。会期の三日間、仙台の街が音楽で溢れますが、毎年せんくらに出るたびに、音楽というのは演奏家が奏でるものだけじゃないって思うんです。コンサートを聞いていい気分になってくれたお客様が笑顔のまま街に繰り出せば、音楽と同じように周りの人をハッピーにします。それもまた音楽なんじゃないかなって。それと、せんくらのお客様のおおらかさや温かさに、こちらがかえって元気をもらえたり。 いただいた元気で演奏にますます火が点いて、元気の倍返し!みたいな図式があちこちで見られます。

 

毎年楽しみに待ってくださっている皆さん、そしてまだ参加したことのない皆さん、今年は一緒にこのハッピーの輪をさらにもう一回り大きく広げていきましょう!

それでは、また明日!

 

神田将(エレクトーン)

音楽は魔法

2015.06.11| 神田将

photo03

こんにちは、エレクトーンの神田将です。

韓国でこの原稿を書いています。今回訪韓したのは、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」のオーケストラパートを演奏するためです。ふつうオペラは遅くても半年前に依頼がありますが、今回は本番まで一カ月を切っていました。オーケストラやピアノなら、一週間前でも対応できるでしょう。でも、エレクトーンには厳しいスケジュールです。

まず、フルスコアを解析し、エレクトーンで最大の効果があげられるよう、編曲をしなければなりません。そして数千パターンに及ぶエレクトーン用の音色の組み合わせデータを作成します。スコアを開いてから弾ける準備が整うまで3週間。立ったまま食事をし、まとまった睡眠を取らず、限界がきたら15分ずつの仮眠をとるというパターンで、やっとの思いで仕上げましたが、弾く練習をする時間はほとんど残っていませんでした。

万全とはいえない状況で出発するのは、とても気が重いものです。空港から会場へ直行し、すぐにゲネプロ。指揮者、歌手、演出家、その他全員が初対面です。手元が暗過ぎて不都合があると言いたいけれど、韓国語はカムサハムニダしか知らないので、意思疎通ができません。でも、指揮者が棒を上げたからには、覚悟を決めて弾き始めなければ。前奏曲が終わり、歌手が入って「あ、韓国語で歌うんだ」と初めて知りました。夢中で必死で全編を弾き、指揮者のOKサイン。そこでやっとこの世に戻った気分に。私が目をしかめて楽譜を追っている様子を見て、ああ暗いんだと察してくれたのでしょう。すぐにライトが用意されました。ゲネプロの後は、楽屋で韓国の不思議なローカルフードで小休憩。コトバが通じなくても、共演者とココロが通じ合っているのが感じられます。音楽が、今回はフンパーディンクのヘンゼルとグレーテルが橋渡しをしてくれました。音楽って本当に魔法です。

エレクトーンは基本個人プレーで完結できる楽器ですが、私はアンサンブルが大好き!

今年のせんくらでは津軽三味線界の若獅子、浅野祥さんとの共演があります。三味線とエレクトーンの化学反応!ぜひご期待下さい。

 

神田将

水平飛行

2015.06.10| 神田将

photo02

こんにちは、エレクトーンの神田将です。

今年は、私がエレクトーンを弾き始めて21年目。ちょっと中途半端な数字ですが、最近、急に気持ちというか考え方が変化してきて、私にとっては昨年の20周年よりも特別な一年になっています。

エレクトーンでクラシック音楽を弾きたい! その一心でがむしゃらに突き進んできた20年。振り返ってみると、私は本当に何も見えていなかったんだなぁとしみじみ思います。前例がないために、手本や参考になるものがなく、無数の失敗を繰り返し続けた20年でしたが、その間にも、素晴らしい出会いとチャンスに恵まれ、中でも、せんくら出演は人生5本の指に入る大事件でした。せんくらは史上初めてエレクトーンを受け入れたクラシック音楽祭です。ここで経験させてもらったことが、今や世界中でエレクトーンを弾くチャンスへとつながりました。大好きな音楽とともに次々と夢が叶い、本当に幸せです。

では、残りの人生、どんなふうに送ろうか。どうやって世の中の役に立とうか。今はそんなことを考えています。

飛び立った飛行機がぐんぐん上昇して雲を突き切り、やがて水平飛行に入る。一見、穏やかな雰囲気になるけれど、目的地はまだまだ先。今の私は、そんなところにあります。

神田将

せんくら10周年!

2015.06.09| 神田将

photo01
こんにちは、エレクトーンの神田将です。
せんくら10周年、おめでとうございます!

変化の激しい時代に10年も続けるというのは、本当に素晴らしいことだと思います。しかも、毎回どんどん進化しているのですから、まさにミラクルです。 その裏には、せんくらを支えてくれているボランティアの皆さんの活躍があります。私たち演奏者は舞台で注目や喝采を浴びますが、それはせんくらのほんの一部に過ぎず、イベント成功には舞台裏でサポートしてくれる皆さんの力が欠かせません。 そして、その年のせんくらが終われば、また次の年に向けての企画がすぐに始まり、どうしたらせんくらに期待して下さっているお客様に満足していただけるか、あの手この手を駆使してイベントを練り上げるスタッフの皆さん。その情熱にいつも感服します。 そんなせんくらに呼ばれる歓びは、私たち演奏家にとってかけがえのないものです。大勢の人の知恵と汗で整えられた舞台で思い切り演奏することの心地よさといったら! 今年もそんな幸せな3日間を指折り数えて待っています。

神田将

進化するエレクトーン

2014.06.06| 神田将

 

エレクトーンが誕生してから半世紀以上が経ちましたが、この楽器はまだまだ進化を続けています。

私がせんくらに初登場したのは2009年。

以来5年間は同じ機種を使って演奏してきましたが、今年はいよいよ4月に出たばかりの最新型エレクトーンに変わります。

この10年ぶりのモデルチェンジでいったい何が変わるのかというと、シンプルに言えば音のクオリティと表現力です。

より存在感が増したナチュラルな音色を、より細やかに表現することが可能になり、思い通りの音楽を奏でられるようになりました。
エレクトーンは誰が弾いても同じ音しか出ないと思っている方も少なくありませんが、実際にはまったく同じ音を出すことが不可能に近いほど、タッチによって音の表情が大きく変化する楽器です。

それだけに、弾き手による違いや差が、これまで以上に顕わになっていくことでしょう。

さて、楽器が進化したなら、奏者は更にその先を行かなければなりません。

今年のせんくらでは、より高度で複雑になった表現ツールを完ぺきにマスターして活用するだけでなく、音色の組み合わせや演奏のしかたにも工夫をして、今回私が選んだ素晴らしい作品を一層輝かせたいと思います。

ぜひ新しいエレクトーンに込められた10年の進化と、それにシンクロして生まれ変わった新しい神田将をせんくらで体感して下さい。10月に皆様とお会いするのを楽しみにしています。

神田将

今年もやります!

2014.06.05| 神田将


こんにちは。エレクトーンの神田将です。
私にとって、今年は6回目のせんくら。もうルーキー気分で甘えてもいられませんので、いつも聞いて下さっている皆様により一層満足していただくために、精一杯工夫を凝らしたプログラムをご用意しました。

それでは早速、今年の神田将の聞きどころをご紹介しましょう。

10月3日(金)12:30~13:15 日立システムズホール仙台 シアターホール
「我が心の青春クラシック」
青春時代に夢中で聞いたレコード。旋律を耳にすれば、たちまちあの頃にタイムスリップ。

そんな懐かしいクラシック名曲ばかりをセレクトしました。

選曲に際しては、多くの方々にリサーチしたり、ご縁のあるプロデューサーに相談するなどして、私の発想を超えたものが組み上がりました。

最近ではあまり演奏されなくなってしまった曲も含まれていますが、改めて聞くと本当にいい曲ばかり。

中盤では、仙台で人気のソプラノ歌手・齋藤翠さんにご登場いただき、すてきな歌声とエレクトーンとのアンサンブルをお届けします。

10月4日(土)11:45~12:30 エルパーク仙台 スタジオホール
「0歳からのコンサート」
せんくら恒例の「0歳からのコンサート」。

毎回ワクワクドキドキの雰囲気に包まれ、シアワセが会場いっぱいに広がります。最初はホワイエにずらりと並ぶベビーカーに圧倒されましたが、今ではママたちのリラックスした表情に私の方が癒されています。

ぜひクラシックデビューをせんくらで。

泣き出したりして迷惑かけてしまわないかしら?と躊躇しているママもいらっしゃるかもしれませんが、ご心配なく。

まずは会場に足を運んで、お子さんと一緒に音のシャワーを浴びてみて下さい。

10月5日(日)10:30~11:15 日立システムズホール仙台 シアターホール
「スポーツ×クラシック!」
オリンピックにワールドカップに運動会。

スポーツシーンには、常に熱い音楽が。

すべてのアスリートに敬意を表しつつ、パワフルな名曲で会場を熱気で包みます。

それには私自身がアスリートでなければなりません。

日課の水泳を継続し、当日は昨年より一回り引き締まったシェイプで登場すると誓います。

10月5日(日)16:45~17:30 太白区文化センター 楽楽楽ホール
「宮沢賢治が聴いたクラシック」
今年のイチオシはこちら。

超有名なクラシック作品も、宮沢賢治にまつわるお話とともに聞くと、一味違った響きを感じさせてくれるかもしれません。宮沢賢治の世界がより身近になれば、本を読む時にも一層深い感動を与えてくれることでしょう。

監修とお話は同名の本もお書きになった音楽評論家の萩谷由喜子さん、ピアノ演奏は松坂優希さん。

素晴らしいおふたりと同じステージに立てるなんて、私は本当に幸せ者です。

このコンサートは15:30からのトークイベントと続けてご観賞いただくと、より一層お楽しみいただけます。

今年の神田将は以上4公演に出演します。半数以上の曲が新編曲の初披露なので、これから4ヶ月をフルに使って準備し、10月には自信を持って演奏したいと思います。ご期待下さい!

神田将

すご過ぎ!せんくら!!

2014.06.04| 神田将

こんにちは。エレクトーンの神田将です。

せんくら2014開幕までちょうどあと4ヶ月。

仙台が音楽一色に染まる3日間を待ちわびて下さっている方々がたくさんいらっしゃることと思います。
さて、今年はどんな方たちが出演するのでしょう。

でき上がったばかりのパンフレットを開いてみると・・・おーっ、おーっ、おおおおーっ!!とうとうあの大物が登場ですか!それに以前出演して素晴らしかったあの方も再登場!毎年売り切れ必至の常連演奏家たちも!いやいや、すご過ぎです。
それに、演奏会の内容にも更なる工夫が凝らされていますね。

せんくらならではの魅力的なコンセプトを掲げたコンサートが目白押しではありませんか。

クラシック音楽は難しいと感じていらっしゃる方や、小さい子どもがいるからコンサートはムリと思っていらっしゃる方にも、安心して思い切り楽しんでいただける公演がたくさん。

それでいて音楽通の皆さまにもじゅうぶんご満足いただける素晴らしい内容のコンサート揃いです。

本当に楽しみですね。

と、浮かれてばかりもいられません。

だって、私も出演するのですから。

このような最高の演奏家たちと名を連ねることが出来るだけでも、私には夢のような歓びです。と同時に、私の音楽にそのような価値があるのか、名手たちの名を汚してはいないだろうかと、時折怖くなることもあります。

そんな時は、これまで出演した過去5回のせんくらで惜しみない拍手を送って下さったお客様のことを思い浮かべます。私には足りないところがたくさんあるけれど、せんくらは確かに私を迎えてくれたのだと、また胸を張ってステージに立つ勇気を湧きあがらせてくれます。

さあ、今年はどんな出会いと経験が待っているのでしょう。

もうカウントダウンはスタートしました。

満を持して皆様にお会い出来るよう、すでにコツコツと準備を進めています。

皆様も楽しみに待っていて下さいね。
(上の写真は、昨年のせんくらでいただいた名取のバラです。とても新鮮で3週間も咲いていました!)

神田将

早く50歳になりたい

2013.08.23| 神田 将

こんにちは、エレクトーンの神田将です。

私は早く50歳になりたくて仕方ありません。
そう慌てなくても、放っておいたってあと数年で叶いますけどね。

最近、若い時には出来たのに、もう出来なくなってしまったことが増えて、ちょっとへこんでいます。
それは主に体力的な問題です。
でも、その一方で若い時には出来なかったのが、今やっと出来るようになったこともたくさんあります。
むしろ、音楽には後者の方が重要かもしれません。

そんな私はコンサートこそが生きがいです。
昨年まで、平均して年間230回のコンサートに出演していました。
大きいものから小さなものまで、エレクトーンの音楽をひとりでも多くの人に知ってもらうために、声が掛かれば、スケジュールが許す限りどこへでも出向いて来ました。

今でもじゅうぶんタフなつもりですが、スケジュールがタイトになると消耗戦になってしまうことに耐えられなくなり、今年からは出演回数を2割にまで減らしています。

その結果、ひとつひとつの演奏会にじゅうぶんな準備をするゆとりが得られ、これまでにはなかった充実感を満喫できるようになりました。

このペースなら、常に追われているような感覚に苦しまずに済みますし、50歳になっても安定して続けていけそうです。
大昔、友達とふざけて受けた占い師に、「あんたの人生は50からよ」と言われたのですが、最近、私が尊敬する大音楽家にも同様のことを言ってもらい、単純な私はすっかりその気になっています。

とはいえ、この先、エレクトーンで何を成し遂げられるのか、まったくわかりません。
でも、道なき道を進むのは、冒険好きの私の性に合っています。
せんくらではいつも、その先へ進むヒントが待ち受けていました。
今年もどんな新しい発見があるのかとても楽しみですし、きっと新しい展開につながることでしょう。

10月4日はヘルシンキから仙台に向かい、6日は演奏を終えたらすぐにシンガポールへ出発するスケジュール。
今年の10月はせんくらが唯一の国内公演ですので、思いっきり弾きまくります!
皆さんもぜひ一緒に楽しんで下さいね。

それでは、10月の仙台でお会いしましょう。
神田将(エレクトーン)

最新の投稿

カテゴリー