3日目

2015.07.26| 富岡明子

初めて仙台へ来たのは去年の仙台フィルとの第九でした。

 

熱烈であたたかいお客様の拍手からはもちろんのこと、コンサートに関わるみなさんのことばの端々に、深―――い「仙台愛」を感じました。

 

先日も、テレビで、仙台出身のある芸能人の方がご自身のこれまでの歴史を語られる番組の最後にぼそっと、「ああ、こないだ帰ったばっかりなのにな、また仙台帰りたくなっちゃったな」とおっしゃったのがとても印象的でした。

 

昨年は短い滞在でしたが、今回は3つものコンサートがありますので、長い滞在中、仙台の魅力に触れて「仙台愛」を深めて帰りたいと思います。

せんくら三つめのコンサートは、私にとって仙台との出会いを運んでくれた曲、「第九」です。

 

私のブログは今日でおわりです。

せんくらで皆様にお目にかかれますのをとても楽しみにしております。

senclablog3

 

富岡明子

2日目

2015.07.25| 富岡明子

「僕たちが結婚できたのは君のおかげだよ!」

昨年結婚した、イタリア・パルマ市に住む私の友人ジョヴァンナの旦那さんが、結婚式の時に私に言った言葉です。

・・・はて・・・?・・・そんなことを言ってもらえるのは嬉しいけれど、何のこと?

と、思いましたら、ジョヴァンナの旦那さんが説明をしてくれました。

「初めてジョヴァンナと食事をした次の日の朝、僕が君たちの家(注:当時私とジョヴァンナはルームシェアをして住んでいました)の下で花をもって立っていたら、君が出てきて、“いまジョヴァンナは教会に行っていて留守だけれど、そのお花ジョヴァンナの部屋に置いておいてあげるわ”と言って、ジョヴァンナの部屋へ運んでくれたんだよ。その花を受け取ったことがきっかけで、ジョヴァンナは僕に興味を持つようになってくれたんだ。」

 

そ、そうなの?! フフフ・・・全く記憶にありませんが、お役にたてて良かったです!

 

そんな、ジョヴァンナやそのご主人、その他大勢のイタリア人の友人に囲まれながら3年弱をイタリアで過ごしました。

歌のレッスンは勿論のこと、友人たちとの何気ない会話、食事、夜に素敵なお店のショーウィンドーを見てああだこうだと批評しながら散歩をしたり、屁理屈を言って家の掃除当番の押し付け合いをしたり・・・そんなこまごまとした彼らとの生活の全てが、自分の血となり骨となっていることに、帰国してから気が付きました。

 

二つ目のコンサート、イタリアオペラアリア名曲コンサートでは、そんなイタリアの香りを少しでもお届けできればと思います。

senclablog2

 

 

富岡明子

1日目

2015.07.24| 富岡明子

せんくらブログを御覧のみなさま、こんにちは。

メゾソプラノの富岡明子です。

せんくら2015では、3つのコンサートで皆様にお目にかかります。

 

まずひとつめは、日本歌曲のコンサートです。私たちにとって大変馴染み深い、また、日本の音楽の歴史にも大切な意味を持った作品を集めました。

皆様ご存知で懐かしく感じられる曲が多いかと思いますので、そんな歌の数々との再会に、心地よくお耳を委ねて頂ける時間になれば良いな、と思っています。

 

懐かしいと言えば・・・

写真は私にとって、大変懐かしい故郷の姫路城です。

姫路城と連鎖して思い出すのが姫路駅の明石焼き・・・あぁ、食べたい!!

senclablog1

 

富岡明子

 

最新の投稿

カテゴリー