ブログ③

2015.09.21| 舘野泉
ハメーンリンナで 2015年8月

ハメーンリンナで 2015年8月

 

8月も末となればフィンランドはすっかり秋です。

白樺の葉は黄葉を始め、白夜の季節も終わりに近づいてきました。

24日にデュッセルドルフへの一週間の演奏旅行から中部フィンランドの別荘に戻り、過ぎ行く夏の日を惜しみながら一日一日と大事に過ごしています。

時々オーロラが見えるようにもなりました。

一日の終わりにサウナを暖めるのが大事な儀式です。
白樺の薪で二時間ほどかけて80度ぐらいにするのが妻のマリアには最適らしいのですが、私は90度ぐらいあったほうが、よく汗もかくし快適です。マリアはせいぜい20分ほど、私は間に何度も湖に飛び込みながら1時間ほど入っています。

八月のはじめには星野仙一監督がヘルシンキの我家を訪ねてくれるというサプライズもありました。

星野仙一監督と! サロンみどりにて。

星野仙一監督と! サロンみどりにて。

今回の仙クラでは10月2日に音楽劇「生月島の伝説」を初演するのが楽しみです。

既に名曲としての評価を得た<サムライ>の作曲者、光永浩一郎さんの作品です。

10月3日にはバッハーブラームスのシャコンヌ、スクリャービンの前奏曲と夜想曲、ブリッジの<3つのインプロヴィゼーション>など、左手作品名曲中の名曲を弾けるのですから嬉しいです。
加えて光永さんの<サムライ>と吉松隆さんの大河ドラマ<平清盛>を弾かせて貰えるのです。

おおいに楽しんで弾きたいと思います。

今年は5月にパスカル・ヴェロ指揮の仙台フィルとラヴェルの<左手のための協奏曲>を4回協演させていただくという幸運に浴しました。

来年11月に私は80歳になります。

その記念公演として、名誉館長を務める南相馬市民文化会館<夢はっと>でラヴェルほか4曲のピアノ協奏曲を演奏する計画があります。是非聴きにいらしてください!

(2015年8月27日 中部フィンランドの別荘にて)

 

舘野泉

ブログ②

2015.09.20| 舘野泉

今日はこれからデュッセルドルフに行く。ヘルシンキからは空路で2時間半。

東京—沖縄がだいたいこの位の距離ではないだろうか。

24日までの滞在でコンサートは2回。22日と23日に行なう。

アルゼンチンのパブロ・エスカンデのピアノ協奏曲、それに吉松隆のピアノ五重奏曲「優しき玩具たち」、cobaのチェロとピアノのための「TOKYO CABARET」、エストニアの作曲家シサスクのピアノ・ソロ作品、それにバッハーブラームスのシャコンヌというプログラムだ。

オーケストラと恊演するピアノ協奏曲、それに室内楽曲、ピアノ・ソロと盛りだくさんで、ピアノは全部私が受け持つ。
こういうコンサートも楽しいではないか。素敵なプログラムだと思う。

今年の仙クラでは私は二回演奏させていただくが、そのうち一回は朗読とピアノの音楽劇「生月島の伝説」だ。
作曲は熊本の人、光永浩一郎。

この人のピアノ曲「サムライ」をこの二年ほど日本の各地ではもとより、ベルリン、南フランス各地、それに北欧の国々で弾かせていただき、CDにも入れた。12月13日にはパリでのリサイタルでも演奏する。素晴らしい作品だ。

その「サムライ」に続く今回の作品「生月島の伝説」には大きな期待を寄せている。

1550年に長崎県平戸島にフランシスコ・ザビエルが渡来し、生月島にはガスパル・ヴィレラ神父によりキリスト教の布教が始まる。
領主はじめ島民の多くが信者となり、その勢いは島原・天草にも及んで、とどまるところを知らぬほどだったが、後に禁令が出され、信者たちは棄教を迫られることになり、その中のひとりであるダンジク様にも悲劇が襲いかかる。
その悲劇と浄化を朗読とピアノにより描いた「生月島の伝説」は10月2日の仙クラが初めての上演となる。

ご期待を頂きたい。

(2015年8月17日 ヘルシンキで)

 

舘野泉

ブログ①

2015.09.19| 舘野泉

8月も半ばを過ぎるとフィンランドでは秋風が吹く。

空は高く遠くなり、樹々の葉は色づきはじめる。

森の中で集めてきた夏の茸やブルーベリー、野苺なども終わりを告げ、湖水は日を追うごとに冷たくなっていく。

今日、白鳥が一羽、目の前の湖で翼を休めていた。シベリアへでも渡る途中だろうか。

子供の頃、仙台の五十人町で夜の闇を走り抜けていく蒸気機関車の汽笛に耳を澄ませていた。

まだ子供だった小父や小母達も同じ寝室で、泣くようなその音を聴いていた。その音が私たちを近くも孤独にもした。

昼間は小父たちと火鉢を囲んだり炬燵に入ったりして侍の本を読んだ。

荒木又右衛門のことをアラキ・マタウエモンと読んで、まだ小学校にもあがらない私は小父たちに笑われた。

青年になり成年になり、外国に飛び出して行き、青い目の娘と結婚し、ピアノを弾いて世界中を廻り、年をとり半身不随になり、お爺さんになったいまでも一年に何回かは仙台を訪れる。

いつまで経っても、新幹線の時代になっても、私には蒸気機関車の汽笛が聴こえている。

(2015年8月15日 ヘルシンキで)

 

舘野泉

ピアニスト

2014.07.10| 舘野泉

私は、ピアニストというのは手職人だと思っている。
若い時からずっとそうだった。
音楽を手で触るという感覚は面白い。
手で音を撫で、愛しみ、大事にしていくのだ。
いや、愛しんでというのは一面的な表現である。
ごりごりと握り、投げつけぶつけ放り投げもする。
作曲家の生涯だとか作品の構成とか歴史といったものに興味を持ったり考えたりしたことはない。
あるのは作品だけ、その音だけである。
音楽の意味、なにを表現しているのか、視覚的なイメージがあるのかと訊かれることもよくあるが、それも言葉にすることは難しい。

ある数学者の文章に面白いことが書いてあった。
「研究の成果を本にしたのだけど、数学の証明が800頁にもなって、数学者でも読んではくれない。
では、それが複雑で技巧的なことかというとそうではなくて、単純で自然なことをやっている。
伝達しようと思うと、こうなってしまうのが不思議です」というのだ。

きわめて単純な事例だけど、パソコンなどの使用説明書などを読むと複雑極まりなくて到底理解しがたいが、実際にやってみると簡単で分かりやすいのに似ているだろうか。
音の中にも沢山の情報が詰め込まれていて、辛抱強く探っていくと、それがある日、ああ、そうなんだといって姿を現してくる。

先日、エジプトのツタンカーメン大王のミイラを長年検証してきた結果が発表され、王が虚弱体質で、マラリアによって若年で死亡したことや、一緒に埋葬されていた者たちとの血族関係なども明白になったことが述べられていた。
同じころに、数億年前に恐竜が絶滅したのは小惑星の地球への激突が原因だということも報じられていた。
私は中学生の頃一時、考古学者になることを夢見て考古学研究会なるものに所属していたこともあるし「歴史研究」という月刊誌を購読していたので、こうした情報が目に入りやすいのかもしれないが、云いたいのは、音楽は音や音構成の中にすべての情報が詰め込まれているので、音を手で探っていれば、いつかはその全容が見えてくるものということだ。
無になることによって、本当のことが見えてくるのだとも思う。

 

舘野泉

左手の音楽祭の実り

2014.07.09| 舘野泉

2012年から約2年を掛けて行なってきた<舘野 泉フェスティバル― 左手の音楽祭>は昨年11月10日の東京オペラシテイーのコンサートをもって無事終了した。
左手作品のみによる音楽祭など前代未聞のことで無謀とさえいわれもしたが、全16回が毎回異なるプログラムで構成され、手応え充分な充実した音楽祭となった。
左手のピアノ・ソロ作品のみならず三手連弾曲、さまざまな編成による室内楽曲、そして幾多のピアノ協奏曲など、限りない可能性を含んだ立派な作品がこの音楽祭の間に誕生し、豊穣な稔りを日本の音楽史の上に刻みこむことが出来た。
日本を代表する作曲家達に加え、アルゼンチン、アイスランド、アメリカ、フィンランド、エストニアの作曲家達からも多くの立派な作品が寄せられた。
これまで「左手の文庫」募金への寄付で、新作の誕生を応援してくださった方々に感謝。
改めて皆様に深くお礼を申し上げたい。

「左手の音楽祭」が終わって半年がたっても、多くの作曲家からピアノ協奏曲、ピアノソナタ、室内楽作品などの新作が寄せられており、今後はそれらを演奏する機会も探っていきたいと考えている。
今年の「せんくら」でもいくつかの作品をご披露できるのは嬉しいこと。

病に倒れてからもう12年の歳月が過ぎる。
元気になって毎日ピアノに向かい、音を紡ぎあげてゆくことが出来るのを、ただただ有り難く思っている。
音楽が与えてくれるものは、常に生き生きとし、日々豊かに変化変貌してゆく・・・その在りようを手で味わい、表してゆきたい。
「左手の音楽祭」で出会った実りを慈しみ、これからの活動がなにをもたらしてくれるのか、踏み出さないことには何も分かりませんが、喜寿を迎えたその一歩として。

舘野泉

東京の夏、N響の夏

2014.07.08| 舘野泉

6月15日から7月3日までドイツとチェコの演奏旅行をしてきた。
チェコではカルロヴィ・ヴァリーのオーケストラとラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲を共演。
このオケは今年創立180年を迎えたそうで、弦楽器群は非常にいい。
指揮者は常任のフランス人、マルティン・レベル。
丁度50歳を迎えたばかりで、非常に安定した指揮ぶり。
作品全体の見通しがよく、一緒に共演するのがとても気持ちがよかった。
ドイツではまずヴァーレン市でリサイタル。
そして6月25日にベルリンフィルのホールでヴァーレンとはまた違うプログラムでリサイタルをした。
これは東京とベルリンが友好都市となってから20年の記念として行なわれ、ベルリン・フィルも共催者として名を連ねていた。
千人収容のホールに聴衆は八百人。
プログラムはバッハ、スクリアビンのほかは光永浩一郎、吉松隆、近藤浩平、cobaと、この4年ばかりの間に作曲された邦人作品で、決して聴衆に馴染みの深いものとはいえなかったが、最後は全聴衆総立ちのスタンディング・オーベーションとなり、私自身も胸が熱くなるのを覚えた。
今年は第一次世界大戦が勃発してから丁度百年。
世界では勿論のことだが、特にヨーロッパ諸国ではそれを思う行事が数多く催されている。
ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲もまた、第一次世界大戦に従軍して右手を失ったパウル・ウィットゲンシュタインの委嘱を受けて書かれた。
私も今年から来年にかけて東フィル、N響、札響、日フィル、京響、仙台フィルなどと演奏していくことになっている。
まずは7月18日から20日までN響と東京、大阪、松山で。

 

2014年7月18日(金) 19:00 NHKホール
N響の夏
指揮:レオ・フセイン/NHK交響楽団/ピアノ:舘野泉
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
N響ガイド TEL:03-3465-1780

2014年7月19日(土) 16:00 ザ・シンフォニーホール
N響の夏大阪公演
指揮:レオ・フセイン/NHK交響楽団/ピアノ:舘野泉
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
キョードーインフォメーション TEL:06-7732-8888

2014年7月20日(金) 19:00 ひめぎんホール
第16回 NHK交響楽団松山定期演奏会
指揮:レオ・フセイン/NHK交響楽団/ピアノ:舘野泉
ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲
NHKサービスセンター TEL:089-921-1159

 

舘野泉

仙台はふるさと

2013.06.27| 舘野泉

もう76年も前、僕の生まれて初めての旅は東北本線に乗り、青函連絡船に揺られて、母が育った室蘭にだった。

1歳にもならなかった僕が母に抱かれて函館埠頭で写っている写真がある。
武蔵野音楽学校で恋をし結婚した父と母の初めての子供だった。
両親は室蘭で演奏会をし、札幌では日本放送協会で演奏しのだが、祖父と祖母に初孫を早く見せたい気持ちもあったのだろう。

祖父小野誠と祖母かつは仙台の人。
だが眼医者であった誠さんは第一子である母が3歳の時に室蘭に移り、全部で9人の子供をもうけ、晩年はまた仙台に戻り、56歳の若さで亡くなった。

祖母かつは「誠さんはずるい。私を愛して愛して、さっさと往ってしまった」とよくぼやいていた。

仙台には叔父や叔母がたくさんいたので、僕は子供の時から仙台には良く行っていた。
いまでは従兄弟たちもたくさんいる。

6月16日にも出かけて演奏もしてきたところだ。
舘野泉(ピアノ)

明日はN響と初練習

2013.06.26| 舘野泉

雨が降ったりやんだりの一日。
今日は午後から歯医者に行ってきた。

入れ歯を作るので今月はもう3回目。
一週間後の4回目でやっと入れ歯が完成する。
思えばこのひと月近く上も下も歯がほとんどない状態でよく頑張ってきたよ。

4月の初めには1週間入院して両目の手術もしたんだよ。
白内障というやつ。

目をいじられるのは怖くて、これはもう30年近くも我慢していたのだけど、そろそろ年貢の納め時。
覚悟してやってもらったら見える見える!
眼鏡なしで遠くも近くも全部はっきり見えるからぶったまげた。

僕の仙台のお祖父さんは眼医者だったし、小父さんたち、従兄弟たち、従妹の連れ合いまで医者なのだから、もっと早く言うことを聞いておけばよかったかな。

それはともかく今日はマグヌッソンの「アイスランドの風景」
モンサルヴァジェの「3つの肖像」吉松隆の「平清盛」
光永浩一郎の「サムライ」平野一郎の「微笑の樹」を勉強。

よくやるな!
あと自分で自分を労って枝豆を茹で、アスパラガスも茹でて、それが今日のご褒美です。
もちろん芋焼酎で晩酌。極楽極楽。

ノルドグレンは勉強出来なかったけど、明日朝N響の練習に行く前にみます。

おやすみなさい。
舘野泉(ピアノ)

雨だな~

2013.06.25| 舘野泉

空梅雨だと思っていたら一転、各地とも大雨の予報が出ていて、東京もパットしない。
明日からN響との練習が始まるので、今日はその曲の勉強で一日が過ぎる。
その曲とはノルドグレン作曲の左手のためのピアノ協奏曲<小泉八雲の「怪談」による「死体にまたがった男」>だ。

2004年に僕が左手のピアニストとしてステージに復帰する時にノルドグレンが作曲してくれた。
以来現在まで10回ほど演奏しているしCDにもなっているが、日本のオーケストラとの共演は今回が初めて。
指揮は下野竜也さんで、昨年夏の一柳慧のピアノ協奏曲第5番世界初演以来だ。

これからの日本の音楽界を背負っていく逸材だと思っている。

10月の仙クラではノルドグレンは弾かないけれど、小泉八雲の伝説に基づいて<精霊の海>という素晴らしい作品を書いてくれた平野一郎さんの、これは円空に倣った<微笑の樹>という30分ほどかかる大曲を演奏する。

昨年12月8日に東京で世界初演、12月15日にベルリンでヨーロッパ初演した。
乞うご期待!
舘野泉(ピアノ)

 

*ノルドグレンの協奏曲は、日本のオーケストラと初共演と書かれていますが、
その後、ご本人の訂正がありました。
舘野泉オフィシャルブログにてご覧ください。
http://blog.izumi-tateno.com/

最新の投稿

カテゴリー