カエルのフーガ

2015.08.12| 松山冴花

数年前のクリスマスシーズン。その時期はミサの為弦楽器は教会に出稼ぎ。ヘッドハンターか ら私の友達Aちゃんがやるというのでそれに釣られ私も。
私からの条件:私とAちゃん絶対一緒 のスタンド(オーケストラでは1スタンドに付き2人奏者)。

コンサートの日、小さな教会はお客様で満席。私は外側に座っていた為最前列のお客様との距 離は約1メートル。

指揮者はパイプオルガン奏者でもあったのでコンサートは彼女のソロから始まりました。バッ ハのフーガ。あー、フーガだけでも大曲なのにオルガン足も使うから大変だなあと気楽に鑑賞。

すると隣に座っているAちゃんが私にヒソヒソ耳打ち:

 

ねぇ…この曲… “カエルの歌” に聞こえない…?

 

エッと思って聞いているとご尤も、“カエルの歌”の出だし。それがテーマ、ましてやフーガ なので何回も何回も”カエルの歌が、聞こえてくるよ”。

 

そこからが地獄。

笑いを堪えるのに必死。でも前席のお客様には笑っていることがバレバレ。

 

ちらっとAちゃんを見てみるも言い出しっぺは彼女なので涼しい顔。

このヤローと彼女を恨みつつ私もプロだ(?)。気を取り直し真顔。

 

しかし気を取り直すのが早すぎました。さっきの地獄はまだ序の口

 

フーガのクライマックス。

 

ゴライアスガエルのお出まし。

 

もうダメ。3段腹に爪を食い込ませて唇噛んで床一点をガン見。でもカエル達の宴会は続く続 く。フーガがやっと終わった頃には呼吸困難で全身が震え半泣き状態、まして滝汗でぐったり。

 

教訓:Aちゃんの隣には座るな

 

松山冴花

ジャイ猫

2015.08.12| 松山冴花

母の飼い猫達は私が今住んでいる家の庭で愛想振りまくっていた野良ちゃん達。
その中の一匹は見た目・性格がジャイアン似で庭でブヒブヒ王様気取りでした。
そのジャイアン猫(以下 ジャイ猫)も今は母に引き取られ先住猫が居るアパート暮らし。性格も穏やかになりました。

ある日母がジャイ猫は庭暮らしが他の3匹より長かったので庭が恋しいんじゃないかと。

と、言う訳でジャイ猫を連れて庭に放し飼いにしました。

ジャイ猫凄く懐かしそうで楽しそう。故郷に戻ってくる感じで眼をしょぼめて鼻をヒクヒク、 足は芝生をフミフミ。塀に登って探検中。その横で母は庭いじり。

 

母・猫共々幸せ。

 

数時間が経ち母がジャイ猫に帰るよー と言っても塀の上で知らん顔。近づいたらモチ、手 の届かない所へ。
鬼ごっこ1時間強しても捕まらないので母は諦めて帰宅。私にジャイ猫がお 腹が空いて近くに来たら捕獲しろと命令。

 

その晩ジャイ猫は帰って来ませんでした。翌日母と私も気を付けて庭を見ているけど日中猫は 何処かでお昼寝。

 

母ガックリ帰宅。

 

でも夜にヤツはお腹空かして現れた。

 

即タックル + 母に電話 = 母瞬間来宅。ジャイ猫撫でながら彼女の驚愕な一言:

アンタ、何処行ってたのよ!こんな可愛い顔してるとすぐに誘拐されるのよ!

 

って、えぇ?! マジすか、おカアちゃん?! ジャイ猫どう見ても可愛い顔してないっスよ。 世界一ぶちゃいく猫コンテストがあったら優勝候補だよ。

 

初めて見ました、母の溺愛・超親バカ振り。

 

私言葉を失って呆然。
凄く厳しかった母。現在も100%承知で私の兄の子供にもそんな甘い事は絶対言わない。

 

母のアイアンハートもメロメロにするジャイ猫に一目置く瞬間でした。

 

IMG_20150523_085307616_HDR

 

松山冴花

価値観

2015.08.11| 松山冴花

こんにちは。ヴァイオリンの松山冴花です。

センクラには感謝いっぱいです。

センクラがきっ かけでピアニストの津田裕也君に出会えました。私のハチャメチャぶりに適当に付き合ってく れる頼りになるピアニスト。
それに沢山の思い出がある仙台で弾け、皆様に会えることは本当に 楽しみにしています。

が、何を隠しましょう。
私の大好物はこのセンクラブログ。
このブログ を通じて私のおバカな日々を皆様にお披露目するのは毎年ソワソワしています。

今年も是非ご堪能を。
IMG_20150807_181954633

 

夫Lは人の目を割と気にするタイプ。
毎日締めるネクタイが微妙に短かったり長かったりすると 速攻やり直し。自宅の庭に出るときもズボンを履き替えたりとなにかと忙しい人。

そんな彼が定期的に通っている美容師さんRのお店はNYCのお洒落街、SOHOという所にあり ます。
仕事帰りにRに会いに行く時はスーツを着ていますがオフの日に予約を入れるとLは厄介マンに変身。

 

L:どうしよう、Rの所行くのに着ていくものがないよ。

私:なんでもいいじゃん。髪切りに行くだけっしょ? T­シャツでいいじゃん。

L:だめだよ。SOHOだよ。サエカ今から外行くよね?僕に合いそうなちゃんとしたシャツ買っ てきてよ。

私:はぁ? やだよ、面倒くさい。英国女王に会いに行くんじゃないんだからある物着なよ。

L :僕まともな適当な服がないんだよ。あぁ、本当にどうしよう。

私:…もういっそタキシード着て行ったら…?

 

逆に私はズボラ。冬以外はGym用短パン。人様の目眼中入らず。

 

でも先日Lが近くのBarでちょっと飲みに行かないと誘ってくれた時、お酒大好きの私はすぐに 着替えてくると言い放ちクロゼットにダッシュ。
着替えながらこんな私でも少しは羞恥心あっ たんだ、成長したなぁと我ながら感心。

 

着替えが終わりLにOK、行こう!って言った瞬間L爆笑。

 

理由:初めてだよ。着替えるって言ってGym用短パンから別のGym用パンツに履き替えた人。

 

!! 言われてみれば…! でも負け(?)を認めたくないので苦しい弁護:

失礼ね。履き替えたパンツはヨガ用なのよ。丈もながいでしょ。

 

人の目を気にしないというのはある意味センス麻痺に。自分自身の普通はズレていると判断しました。

 

でも短パンって楽なのよね。。。

 

松山冴花

イタズラ

2014.07.01| 松山冴花

夏に教えていたFestivalでヴァイオリンコーチは私とAちゃんと彼女の兄、R君3人です。

そのR君、楽器の調子が良くないと言って一晩、調節の為Festivalから抜けました。

真面目なR君になにかいつもより意地悪してやろうとAちゃん、Aちゃん夫J君と私で緊急会議。普段脳みそ使う事は面倒な私でもこういう事に関しては悪知恵いっぱい。生憎R君の部屋にはロックがかかっており彼の部屋の中には入れない。それとお金を使いたくないので身近な物で。

思いついたのが滞在している寄宿舎に山のようにある安いペラペラのトイレットペーパー。
3人がかりで彼のドアの上からトイレットペーパーを貼ってのれん作り。下の方はセロテープで床に固定。Aちゃんは凝って横にもトイレットペーパー使って編み編み状態に。J君はまだそれでも足りず鍵が入る所をトイレットペーパーで塞いでまたその上から破りにくいセロテープ張り。R君が怒らないようトイレットペーパー暖簾の上から’お帰りなさい!’というポスターも貼って完璧。

でも次の日R君が戻ってくる時間は私達全員教えている。R君の表情がどうしても見たいのでAちゃんに録画カメラ持ってない?と聞くとさすが彼女、持っている。カメラを見つかりにくい所に設定し期待と面白さで興奮気味の私はその夜ほとんど眠れず。

次の日授業中R君からテキストが:“素敵なプレゼントどうもありがとう。カメラも見つけました”。

授業終わり次第大急ぎでR君の所へ。私達が心配なのはバレたカメラは彼が差し込めない鍵穴に鍵を入れる前か後か。幸いアフターだったので安心して皆でビデオ鑑賞。

——————————
R君登場。

R君:…っえ…?

R君呆然。

R君再起動。ドアの前に行き上下みて放心状態。しゃがんでトイレットペーパーを触ってどうなってるのかお勉強。

R君、起立。

大きなため息。

鍵を取り出しまさに鍵を差し込む直前に鍵穴の異変状態に気付く。

R君:っちょっ…はあ?なにこれ!
——————————

私達は録画を見ている最中ずっとクックッ笑っていたのが最後の一言で大爆発。R君、呆れていたけど私達が彼の事を思ってやったって事で少々感謝。その後一週間はトイレットペーパー暖簾を外さず。でも流石一週間も経つとヨレヨレでみすぼらしくなったので強制的に彼に外させました。

 

松山冴花

Aちゃん

2014.06.30| 松山冴花

去年の夏は親友Aちゃんと彼女の夫J君と6週間Festivalで教えてきました。そこは2週間に一回先生達のコンサートがあります。そこでAちゃん(ヴァイオリン)とJ君(ヴィオラ)はDuo弾くことに。彼女達の部屋から威勢のいい練習が聞こえてくる。凄いバリバリ弾いているなあと感心していたら

 

“きゃはははははははは!!!!!”

 

いきなりAちゃんの大笑い。あの二人、あんなに楽しく弾くのかと羨ましがっていたらAちゃん部屋から出てきた。

私:いいねえ、めちゃ楽しそうじゃん。

Aちゃん:えっ?

私:凄い笑い声聞こえたよ。

Aちゃん:ああ、違うの。私全然ヴァイオリン触ってなくっていきなりあんな曲弾いたから腕がつっちゃったのよ!それで痛くて痛くて笑ってたの。

 

つられて笑ったものの私も経験あります。曲によって違う筋肉を使うのであまり手慣れていない曲を弾くと腕が痛くなる事も。足がつることもしばしば。

 

でも恐るべしAちゃん。ヴァイオリン触れてなくても弾き出したら稲妻みたい。。。

 

今日の写真は飼い猫のポテトです。ヴァイオリンケース開けたら逃げだすほど私の音が大の苦手。

 

ポテトのお気に入りのスポットはテーブルの上。でもそこは私の練習がまる聞こえ。なのでポテトがとったポーズは?

テーブルの上でうつ伏せになって耳を両足でカバー。

いつかポテトに認められるヴァイオリニストになりたいと日々思います。

松山冴花

交渉と裏切り

2014.06.29| 松山冴花

今日から3日間ブログ担当、ヴァイオリンの松山冴花です。

 

人間誰もがこだわりを持っていると思います。

その拘りのお陰で私、先日夫からの裏切りを体験しました。

 

今回その拘りの主役は歯磨き粉。

家で使う歯磨き粉はチューブ式。私は絶対チューブの下の方をぺったんこにしながら中のペーストを出す派。一方、夫はチューブの真ん中を握りペーストを出す派。こっちは歯磨き粉使う度綺麗に平にしてるのに夫が膨れ上がった所を握るのでチューブがクッチャクチャ。

 

美しいチューブが夫の使用後おブスになるのが嫌になったので彼に頼みました。歯磨き粉、お願いだから下から押し出してくれ、と。

そしたら彼、割りと簡単に了解。でも彼も申す。私が歯磨き粉のキャップを使用後ちゃんとつけ戻したら願いを聞いたげると。

交渉成立。

 

半信半疑で翌日歯磨き粉を見てみるとちゃんと綺麗に下から使われている。感動したので私もキャップを使用後付け戻す。その後も私の願いを見届けていてくれる夫。いい奴じゃんと思い数日後彼に感謝の言葉:

ペースト下から押し出してくれてどうもありがとう。見ていて気持ちがいいよ。

 

そしたら彼、大笑い。私を幸せにするのがこんなに簡単な事と思って笑っているかと思いきや:

ごめん、サエカ。実は僕、新しい歯磨き粉使ってるんだよ。

 

…へっ?イマ、アナタナニユッタ?

 

洗面所の鏡の中の戸棚に僕が使ってる歯磨き粉があるよ。

まだ目が点で彼の言っている事が理解できてない私。数秒後ようやく頭の回転が動き出し私は洗面所へダッシュ。信じられない思いで鏡を開けたらあったよ。。。まだおニューの歯磨き粉。それもめっちゃ握り倒されている。。。

 

この数日間見ていた素敵なチューブはずっと私のだったのね。。。腹いせに洗面所から出て行く前に彼の歯磨き粉のキャップを外し隠しました。

松山冴花

訪問客

2013.05.31| 松山冴花

家の庭はのら猫の通り道。

ミケ猫のChick Pea。
大きい灰色の大きいちゃん。
ふさふさミケのふさちゃん。

Lは私がのら達に名前を付けるのは情がうつるのでやめた方がいいと言いますが私の大の猫好きでは無理。
台所から庭が見えるので視界にたまたま猫がいると幸せ。

その日も夜食の準備をしていたら新しくみえるしっぽがゆらゆら。

飼い猫その1のポテトのしっぽそっくり。
でももっとふさふさ。
どんな猫だろうとドアの近くに。
…えっ…?ねこ?…じゃない?
…!!アライグマ?!
NYの町中に?!

でもラスカルみたいに可愛いもんじゃない。
ご飯くれ催促で仁王立ちすると小熊ぐらいある。
ポテトも飼い猫その2のチキンもびっくり。
私と一緒にその場で仲良く硬直。

夫が仕事で帰ってくると即報告。
私:あらいぐま!あらいぐま!来たよ!でっかいよ!あらいぐま!!びっくりだよ!
夫:ああ、Rickyね。時々遊びに来るんだよ。可愛いよね。
…アナタ、私に野良に名前つけるのやめろって言ってたじゃん…
松山冴花(ヴァイオリン)

常識人とバカ

2013.05.30| 松山冴花

私が小学校のアウトリーチで弾くジブリの曲をピアニストの津田裕也くんが一緒に考えてくれました。
色々弾いていく際、ひとつの曲にあたりました。

私:この曲好きなんだよね、私。”べに豚”。
津田君:………”くれないの豚”ね……
私:……!!

冗談抜きで20年以上べに豚と勘違いしてた私。
ジブリの名作もこの関西人のバカにかかわるとお好み焼きのトッピングになってしまいました。

松山冴花(ヴァイオリン)

遠慮ゼロ

2013.05.29| 松山冴花

みなさんこんにちは。
ヴァイオリンの松山冴花です。
これから3日間せんくらブログを書かせて頂きます。
私の日常のしょうもない話ですが読んでいただける方に少しでも笑って頂きたいと思います。

まず最初は私の夫、Lとのお話。

Lは身長が私より30cm以上高いのでいつも私が彼を見上げています。
でもその日は珍しく彼が私の身長に合わせ私の顔をじっと観ていました。
幻滅的な私はホクホクと
“なに?今頃私の美貌に気がついたの?”
でもLはまだ私の顔をまじまじとみていました。
そして彼は手を私の頬に持って来ました。
(おいおい、エレベーターの中だから監視カメラあるぞ。)
と勝手に照れていた先、Lはヒョイと自分の身長に戻りました。
私:なによ。その思わせぶりな態度?
そしたらLからの衝撃の一言。
“猫の毛がサエカの顔に付いてるから払ってあげようかとおもったけどシワだった”

松山冴花(ヴァイオリン)

最新の投稿

カテゴリー