3日目

2015.08.04| 川久保賜紀

こんにちは!

夏というと花火ですね~。

線香花火は去年人生で初めてやりましたが、本当にきれいですよね!

ブログ3-1

 

例えて言うなら、サクラが満開に咲いて、その後散っていく美しさ、もみじの色が黄色や真っ赤になる景色。。
花火もそのように、日本の少しせつない、美しさを感じる気がします。

ブログ3-2

 

アメリカには花火が売っていないため、家族とはできませんでしたが、小さい時、皆で屋根にのぼり、遠くであがっている花火を皆で楽しんだ記憶が、とても強いです。

友達、家族、恋人で夏の思い出をつくる一つの素敵なイベント~

今年も皆さんに素敵な夏の思い出をつくってください!

 

川久保賜紀

 

2日目

2015.08.03| 川久保賜紀

こんにちは!今日はトンカツのブログです。食べるのが大好きな私!
子供の時から食べていた、なつかしいお母さんの手料理。。。

日本ではそれを色々な場所で味わえることが素晴らしいことだと、いつも思います!
鹿児島・霧島では黒豚がとても有名で、しゃぶしゃぶや、トンカツは全部黒豚です。

霧島音楽祭のメイン会場(みやまコンセール)から車で約20分のところに、人生で一度は行っていただきたい「黒豚の館(ロイヤルポーク)」というお店があります。

 

霧島音楽祭に参加して今年で3年目ですが、毎回ロイヤルポークに行くのが楽しみでたまりません。
去年は1回行けましたが、今年は4回も行きました!

一日に2回という日もあり、お昼はとんかつ、夜はしゃぶしゃぶという一日中黒豚メニュー。。。
トンカツ屋さんでいままで食べたことのない『しゃぶかつ』は外がサクッと、中はジューシー!今考えても味がうかんできます。

 
皆さんはどこのトンカツが印象的でしたか?

ブログ2

 

川久保賜紀

1日目

2015.08.02| 川久保賜紀

仙台の皆様!

こんにちは!この暑い中元気にしていますか?いよいよ今年の「せんくら」まであと2ヶ月ですね~。
今年も皆様にお会いできることを楽しみにしています!

私はこの7月鹿児島でおこなわれた霧島音楽祭に行ってきました!
色々な素晴らしいアーティストとのふれあい、2週間たっぷり楽しんで、食べて、本当に色々な演奏会にも出演させていただきました!

 

今日の写真は奄美大島からです。

ブログ1-1

今回はとっても面白いグループで、バイオリン、チェロ、バンドネオンのトリオコンサートでした。

チェリストの長谷川陽子さん、バンドネオンの三浦一馬さんとは鹿児島市、奄美大島、そして曽於市の3回コンサートでしたが、とにかく面白いメンバーで、ずっと笑っている感じがしました。

 

奄美大島についた時、名物の鶏飯(けいはん)を頂きました。初めて食べましたが、なんと美味しい食べ物なんだろうと思いました。ご飯の上に具材をトッピングし、鶏のだしが利いたスープをタップリかけて、心がさわやかになる味でした。

皆さんもいつか食べてください!

ブログ1-2

 

川久保賜紀

花火大会

2014.09.11| 川久保賜紀

夏というと、花火大会にゆかたを着て行くという習慣が、アメリカ育ちの私からすると、とても憧れがあります。
花火大会は、町中の人たちがあつまり、それぞれそのときになにがあっても、その一瞬は花火の美しさを見つめて皆で楽しむ時間が、とても素敵だと思います。
アメリカで7月4日に行うFOURTH OF JULY CELEBRATIONに、家族や友人と、お弁当を持って見に行ったことがありますが、いつかわたしもゆかたを着て、花火大会に行きたいなあ〜
皆さんはこの夏は、花火大会に行きましたか?会ったときに是非お聞きしたいです

では、皆さん、あと少しの夏を、楽しく過ごしてくださいね。そして、せんくらでお会いしましょう!

たまき

川久保賜紀

築地

2014.09.10| 川久保賜紀

なんと!今日はとてもお寿司が食べたくなって、友人と築地に行きました。
こういうことがすぐにできるのも、日本ならではの楽しみです。
全国どこに行っても本当に美味しいものがありますよね〜。
もっともお寿司では、私は鮭とイクラが大好きなので、だいたい決まってシメの上には鮭かイクラです(笑)
ということで、今回はMENUを見てどんぶりに決定!ウニ、イクラ、中トロ丼です~。
これは、たまらない美味しさでした!
今度は是非、朝の築地にも行ってみたいです。

たまき

川久保賜紀

 

面白いアメ

2014.09.09| 川久保賜紀

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?
わたしは今、ちょうど日本にいます。日本の夏は本当に暑いですね。
さて、今日から3回のブログ、よろしくおねがいします~。

コンサートの楽屋で主催者さんが用意してくれるお菓子に、ときどき面白いお菓子をみつけます。今回も、今までみたことのないアメを発見して、思わず写真をとっちゃいました!塩トマトのアメ(!)どんな味がするのか想像ができずに、ためしてみようか少し悩んでいると、周りにいた人がみんな、´美味しいっ´と大感激。それで、やっぱり興味をもって好奇心で食べてみました!まさに塩トマトの味~美味しかったです!それにしても、どうやって塩トマトをアメにできるのかしら…

たまき

川久保賜紀

Drum Tao and Junko Koshino

2013.07.06| 川久保賜紀

Drum Taoのコンサートに行ってきました。

素晴らしいデザイナーJunko Koshinoが衣装を全部プロデュースした、本当に素晴らしいコラボレーションのコンサートでした。

和楽器はずっと前から憧れを持っていながら、これまで数える程度しか聴く機会がなかったのです。
今回三味線がつかわれていたのですが、こんなにシャミセンがrockできるとは想像もしませんでした!
rockはrock’n rollのことです。。

太鼓の迫力も、たまらないですねーー。
全身に響いてきて、気がついたら、わたしは、ヴァイオリンと一緒にやったらどうなるかなということばかり考えていました!

もしかして、すっごく刺激的でよいかもしれません!
いつか・・・将来、和楽器とのコラボレーションもしてみたい!
川久保賜紀(ヴァイオリン)

 

食べ物!

2013.07.05| 川久保賜紀

私は食べることがとにかく大好きです。

とくに日本は美味しいものがイッパイあり、いろんな町でそこの名物を食べることができて、いつも、「なんて幸せなんだろー!」と食べながら思ってしまいます。

仙台ですと牛タン!!
今考えただけでも、食べたくてよだれがでてきそうです!(^0^)

昨日は大阪にいました。大阪というと、たこ焼き!!
大量の数を注文して、マヨネーズとたこ焼きソースをタップリかけて全部食べちゃいました。

食べることが好きな音楽家は、多いと思いませんか?
でもなぜ食べることがこんなにも好きなのか・・・
私も何回か聞かれたことがありますが、はっきりとした答えがでませんでした。

でももしかして、音楽と食べ物とは、共通するところがあるのかもしれません。

音楽は人を幸せにしたり、素敵な想い出を思い出させてくれたり、悲しみを慰めてくれたり、言葉がなくても音楽を通して心が一つになるなどの力を与えてくれるように思います。

食べ物も一緒ですよね。

本当に美味しいものを食べたとき、幸せを感じさせてくれますし、なにかを食べてお母さんの味を思い出したり、小さい時に食べた懐かしい想い出がふいにうかんできたり、それに、忙しかったり大変な時にはしっかり食べて、「さー、また頑張ろう」と思えたりする、力をくれます。

私は、この間、ほんとうに久しぶりにデニーズに行って、パンケーキを頼みました。
なんだかとっても懐かしい味がして、急に10代の頃の自分に戻った感じがしました。

食べ物の力、その味から感じる人間の五感というか、感性というか、こういうときに人間って本当にすごいなぁーと、我ながら思ったりします。

食べ物の力は果てしないですね!!!
さて明日はなにを食べようかな~
川久保賜紀(ヴァイオリン)

ドレスデン・フィルとのツアーを終えて

2013.07.04| 川久保賜紀

皆さんこんにちは!川久保賜紀です。
今年もまた、仙台クラシックフェスティヴァルで皆さんに、お会いできるのをとても楽しみにしています!

いまちょうど私は、ドレズデン・フィルの日本ツアーが終わったところです。
今回、ドレスデン・フィルとも指揮者のザンデルリングさんとも始めての共演でしたが、オーケストラのあたたかい空気と素晴らしい音にひかれ、とても気持ちよく演奏できました!

聴きにきてくださった方々にも感謝しています。ありがとうございました!!!

写真は、1枚目はマエストロのザンデルリングさんと。
2枚目は ドレスデン・フィルのコンサートマスターと。
川久保賜紀(ヴァイオリン)

仙台で!  

2010.08.08| 川久保賜紀

今日は最後のブログとなります。
去年は、「せんくら」から、楽しい思い出をいっぱいいただき、美味しい牛タンも食べて、ステキな3日間を過ごすことができました。
今年も仙台で、皆さんに会えることを楽しみにしています!
宜しくおねがいします!
さて、これから夏も本番ですね、皆さんも楽しい夏を!
1週間、ありがとうございました!

川久保賜紀(ヴァイオリン)

古いものに感動  

2010.08.07| 川久保賜紀

私の今住んでいるベルリンの街は、日本の神社やお寺のように、とっても古い歴史のある建築物が多くのこっています。

1920年に戦争があった時からここに建っているGedaechtnis Kirche(記念教会)や東と西の間にあるBrandenburger Tor(ブランデンブルク門)、オペラ劇場やホールなど、古く歴史ある素晴らしい場所がいっぱいあります。

昨日友達の家に遊びに行ったのですが、その友達が住んでいる家も戦争の頃にたったもので、石でできているステキな家なのですが、弾丸のあたった痕が外の壁にのこっていて、スゴイと思いました。

2010年になった今でも歴史がそのままにのこっているというのは感動的です。

様々なことを考えさせられますが、素晴らしいことだと思います。
楽器と音楽もそれと同じく、300年もの歴史をこえて現代に息づいている。

わたしたちは何百年も前にできた音楽をきき、その当時できたであろう楽器を演奏することは、本当に感動します。楽器が見てきたものが、本で読めたらどんなに面白いでしょうね!
川久保賜紀(ヴァイオリン)

夏の音楽祭  

2010.08.06| 川久保賜紀

ベルリンも今年は例年にない暑さです。夏に入ってこれからいろんなsummer music festivalが始まります。
「夏」というと、私は毎年室内楽の音楽祭に行くことが楽しみでした。
スペイン、ロシア、イタリアといった世界中の国から人が集まって、そして、クラスメイトと一緒に勉強できることがいつも力になっていました。
仲間と一緒にいろんな国の食べ物の話をするのも大好きですし!!
今年はイスラエルのJerusalem Chamber Music Festivalに行きます!とても楽しみです!
川久保賜紀(ヴァイオリン)

おすすめの音楽  

2010.08.05| 川久保賜紀

今日YouTubeで名チェロ奏者ロストロ・ポーヴィチさんの Prokofiev Sinfonia Concertanteをみました。

この曲は、プロコフィエフの4つのチェロ曲の中でも一番むずかしい曲だと聞きました!

ロストロ・ポーヴィチさんは、私にとってとても大好きなチェリストの一人です。

二楽章はとくに素晴らしいですよ!
もう一人私のお気に入りの素晴らしいチェリストTroels Morkのプロコフィエフもとっても面白いと思いますので、皆さんもぜひお聞きください!!
川久保賜紀(ヴァイオリン)

挑戦  

2010.08.04| 川久保賜紀

この一年で「生まれて初めて食べたもの」がふえてきました。
最近挑戦したのが、生カキ、馬と鹿の肉です。
生カキは今まで「食べてみたい」と言う気持ちはまぁまぁありましたが、「あたったらいけない」という気持ちが強くて食べたことがありませんでした。
でも、食べてみて、カキのあまりの美味しさにビックリしました!!
チェロの遠藤真理さん、ピアノの三浦友理枝さんとのツアーで富山へ行ったときにもカキや蛍イカがとても美味しかった!
本当にあのとき生カキに挑戦してよかった!!と思ってます。
そういえば、宮城県はカキの名産地ですね。
名産といえば・・・牛タンは仙台ではじめて食べました。この挑戦も大成功!
今年も仙台で大好きな牛タンを食べられるのが楽しみです!

川久保賜紀(ヴァイオリン)

東京散歩  

2010.08.03| 川久保賜紀

5月下旬から、チェロの遠藤真理さん、ピアノの三浦友理枝さんとのトリオで日本でコンサートツアーがありました。
少し長い日本での滞在でしたので、いろいろな楽しみと出会いました。ある日、東京フォーラムで行なわれていたマネ(Edouard Manet)とモダンパリ展の前を通りかかり、のぞいてみました。私は絵画をみることがとても好きです。3階から始まって・・・このときにもステキな絵がいっぱいありました。
フランスの歴史の勉強にもなり、とても興味深く、大満足!館内には音楽が流れていました。
Manetはスペインの絵もかいていますが、たとえば、The Dead Toreadorをみているときに、村治佳織(Muraji Kaori)さんの素晴らしいギター演奏がきこえてきたり(!)
視覚も聴覚も一緒に満たされ、楽しめました。もう一度ジックリとまわりたいなぁと思いました。

川久保賜紀(ヴァイオリン)

新しい友達  

2010.08.02| 川久保賜紀

皆さま、こんにちは!
今日から1週間、ブログ担当の川久保賜紀です。よろしくおねがいしま~す。

最近パソコンを買いました! 日本語対応のあるパソコンなので、
すぐにテキストを研究して、実は、今!初めて日本語でこのBLOGを書いています。もちろん、日本語で書くのははじめてです。
日本語で文章を書くのはとても難しいですね。
でも、これで私の日本語力ももっとよくなるように、一生懸命ベンキョウ頑張ります!
川久保賜紀(ヴァイオリン)

「音楽の贈り物」

2009.07.04| 川久保賜紀

私の最終回のブログです。
今日はロシア・ナショナル管弦楽団との最初のコンサートでした!
マエストロPLETNEVとは、今日はじめて会って、初めて演奏したのですが、それが不思議となんだかずっと昔から馴染みがあるような感じがしました。
音楽がはじまってしまえば、緊張から解き放されて、自然と演奏がはじまったという感じです。
オーケストラの音もとっても素敵で、もうトニカク「音楽」でした!
プログラムは、前半「雪娘」の後、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏して、後半はTCHAIKOVSKY SYMPHONY NO.6゛悲愴゛でしたが、その音楽のなんと深いこと!私はすっかり魅了されてしまいました。HARASHO!(ハラショー!)
マエストロプレトニョフと音楽で会話した幸福感あふれる忘れがたい一夜でした。
これからあと2回(東京8日と大阪11日)の演奏会が楽しみです。

そして、仙台の皆さんには、10月の「せんくら」でお会いできるのを楽しみにしています!

川久保賜紀(ヴァイオリン)

夏がくれば・・・

2009.07.03| 川久保賜紀

「夏」というと、私の中に色々な風景がうかんできます。
初めて日本で夏を過ごしたとき、なぜみんなハンカチをもってるのかが分かりました!(笑)
日本の夏には、カキ氷がピッタリですね!

今日は私の夏の思い出をひとつ。
小さいころのことです。8才から16才くらいまで、私はアメリカのOHIO STATEの音楽祭に参加しました。それは、HUDSONという小さな町で行われるもので、6週間くらいの期間で、レッスンやCHAMBER MUSICとのアンサンブルなど、みんなで音楽することを楽しむのですが、ある夏の日、そこで私は初めてホタルを見ました。その頃はCALIFORNIAに住んでいて、ホタルを見たことはありませんでしたから、みつけたときの感激は今でも忘れません。
それからずーっと、本当にフシギな虫だなーっと、思っています。
ピカピカと緑の光がちりばめられるように飛んでいる様子は、とても幻想的で、まるで違う世界にいるような気持ちになりますよね。

最近、日本でもホタルを見ました。そして、小さい頃の想い出がいっぱい思い出されました…
自然って、本当にスゴい(素敵だ)なー、という思いをますますつのらせたのでした。

では、またあした!
あしたは最終回で~す。

川久保賜紀(ヴァイオリン)

 

「ただいま!」

2009.07.02| 川久保賜紀

日本にもどりました!
お天気は雨・・・ドイツとあまりかわりはないです。
でも、日本では、美味しいものをいっぱい食べることができるので、とても幸せです!!
私は、日本に住んだ経験がないのですが、日本食が大好きで、こちらにくるといつも食べもの話になっちゃうのです!
ドイツにいるときは、たまに 今日はなにを食べようかな~っという具合にどちらかというと食べ物には消極的な方なのですが、日本にいると、あまりにも美味しいものがあって困ってしまうのです!!
おなかよりも、目の方が大きくなりますね。
日本での滞在は、親戚宅なのですが、今夜は、たきたての白いご飯に、「牛タンの佃煮」をいただき、いわしのフライ、マーボーなすでした。牛タンは仙台の名産でしたよね?
叔母のrecipeを教わって、ドイツでつくってみますが、一応書いた通りに作ってはいるのですが、なかなか同じ味にはなりませ~ん。ぼちぼちよくなるように、頑張ります!

皆さんも美味しいご飯を食べてください!
では、またあした!

川久保賜紀(ヴァイオリン)

 

「今日の名言」

2009.07.01| 川久保賜紀

アメリカの作家John Erskine の言葉からです。
「音楽は、意地悪なことや皮肉なことを言うことができない唯一の言語である。」
私はこの言葉にとても心を打たれました。なぜなら、これまで二十数年の間、音楽を勉強してきて、このようなことを実感したことがなかったからです。
作曲家は、彼らの苦しみや悲しみを自分の曲の中で表現します。
しかし、意地悪なメロディってなんでしょう?そもそも、意地悪なメロディを書くことってできるのでしょうか?
まあ、演奏家にとって技術的に意地の悪い (曲) というのは、よくあると思いますけどね(苦笑)。
(意地悪なメロディの) もっとも近い例が、オペラだと思いますが、たとえそうであっても、
その印象は、我々の辞書にある言葉から受ける印象とは、ほど遠いものです。

ある意味、これが音楽が「万国共通の言語」と言われる理由なのかもしれませんね。
音楽では、意地悪なことや皮肉な言葉が話されることはなく、
ただ、歴史や芸術的な美しさが人々に伝えられるものなのです。
あなたのそばにも 音楽を!

では、またあした!

川久保賜紀(ヴァイオリン)

 

最新の投稿

カテゴリー