3日目

2016.08.11| 青柳 晋

萩の月大好き 青柳晋です(要求ではありません)。

 

明後日は夏最後の本番!コンクール審査と用事の他はささやかな夏休みに入ります。

明後日はソウルで友達とご飯を食べ、翌日は 世界文化遺産、ルアンパバーン(ラオス)へ。

托鉢中のお坊さまの群れに混じってお寺を見学して来ます。戻る頃には悟りを開いているかも?!

 

では仙台で皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています!

 

3日目

 

 

青柳晋(ピアノ)

2日目

2016.08.10| 青柳 晋

昨日に引き続きピアノの青柳晋です。

今回はヴァオリンとの共演がありますが、今これを書いている福岡でもヴァオリンリサイタルを控えています。

もっとも大変なのは初出しのブラームス1番。「この年になるまでやってなかった超有名曲」のひとつです。

 

雨の歌、の表題の通り3楽章では右手の16分音符が雨粒のように「しとしとと」流れ続けますが、これを自然現象のように素直に聴かせるのが難しい!どうしても人間臭くなってしまいます‥

最後に雨が止んで、優しい陽の光が聴いている者を包み込むようなコーダは、弾いていて癒されます。いつか仙台でも弾けるといいなぁ。

 

ソナタではありませんが、せんくらでは最も好きなヴァオリン曲のひとつ、ラヴェルのツィガーヌを弾くのが楽しみです。

来世生まれ変わったらヴァオリンを勉強してツィガーヌと、シベリウスのコンチェルト弾きたいです!

 

写真はホテルの朝ごはん。今日も一日頑張りましょう!

 

2日目

 

 

青柳晋(ピアノ)

1日目

2016.08.09| 青柳 晋

こんにちは。

ピアノの青柳晋です。今回はソロリサイタル、 ピアノガラコンサート、そして渡辺玲子さんととデュオでお邪魔します。

 

普段は東京ですが、今はヴァオリンリサイタルのリハと本番ために福岡に来ています。

福岡には何かとご縁があり年に何度か来ていますが、来るたびにホッとする独特な感覚を覚えます。

両親が博多出身で、(本人はなぜか中米生まれですが)自分に九州の血が流れているせいなのかもしれません。

 

仙台に伺う時は「お邪魔します」という気持ちになりますが、とても好きな街のひとつです。 今回もコンサートのあと、仲間とお気に入りの牛タンの店に行くのが楽しみです!

 

写真は福岡で共演するヴァオリニストの良永季美枝さん。彼女が楽器と一緒に手にしているのは、おやつ用のプリンです!今日もリハーサル頑張りましょう。

 

1日目

 

 

青柳晋(ピアノ)

3日目

2015.09.03| 青柳晋

ピアノの青柳晋です。

今回せんくらで松山冴花さんと弾かせていただく曲のなかのひとつ、チャイコフスキーの「瞑想曲」(「懐かしい土地の思い出」第1曲)は何を隠そう、ショーソンのポエム、シベリウスのコンチェルトとならんで私がもっとも愛するヴァイオリン曲です。

音楽には、「演奏者は平常心で、聴衆が泣く曲」と「演奏者と聴衆が共に泣く曲」があると思いますが、瞑想曲は紛れもなく後者でしょう。

子供のように素直な心になって、メランコリーに浸りたい一曲です。

また、渡辺玲子さんとの共演曲、「ショパンのバラード1番」のヴァイオリンとピアノのためのアレンジメントもとても新鮮ですね。

大先輩の渡辺さんからパワーをいただきつつ演奏させていただけるのが楽しみです!

写真3

 

青柳晋

2日目

2015.09.02| 青柳晋

ピアノの青柳晋です。

ピアノには膨大なレパートリーがあり、一生かかっても氷山の一角にしか触れることが出来ない事が恵まれている事であり、モチベーションにもつながっています。

今回せんくらで取り上げる曲目、ソロプログラムは超名曲でまとめていますが、ヴァイオリンの松山冴花さんと渡辺玲子さんのリサイタルで弾かせていただく曲はすべて私にとって全くの新曲。

夏休みは籠って、ひたすら読譜です。

ちなみにどこに籠っているかというと・・

写真2

オープン間近のとあるホールです。

新しく納入されたフルコンの弾き込みのために誰もいないホールの中でずっと練習しています。

まさに至福の時間!

こちらのホールでは来年1月にリサイタルをさせていただく事が決まっていますので詳細はHPでお知らせしますね。

是非お出かけ下さいませ!

http://www.susumuaoyagi.com

 

青柳晋

1日目

2015.09.01| 青柳晋

ピアノの青柳晋です。

こちらへは2回目の出演となります。

初回は忘れもしない2012年、初めて仙台で演奏させていただいたのが震災の翌年。

開催にあたって様々なご苦労があった事が想像されますが、お客様、スタッフの皆さまの音楽祭への並々ならぬ愛情とパワーを感じ、演奏しているこちらが勇気づけられた事が思い出されます。

あの熱気の中に再び入っていける事をとても楽しみにしています。

ぜひ、ピアノ演奏会場へ!お運びください。

お待ちしております。

写真1

 

青柳晋

最新の投稿

カテゴリー