せんくらブログ三日目

2014.08.27| 津田裕也

今日は先週にベルリンのフランス大聖堂という教会で演奏をしたお話をしたいと思います。
フランス大聖堂はジャンダルメンマルクトという広場にある美しい教会で、先週そこでオールショパンのプログラムのリサイタルをする機会がありました。
教会は天井が高くドーム形になっているので、残響が多く音に包まれながら演奏している感覚で印象的でした。お客様たちもとてもフレンドリーで、幸せな時間を過ごしました。
せんくらでも毎年あたたかいお客様たちに見守られ、私の生まれ故郷の仙台でこのようなフェスティバルが続いている事をとても嬉しく思っています。
今年もせんくらで皆様にお目にかかれる事、楽しみにしています!

三日間、お付き合い頂きありがとうございました。
津田裕也

 

せんくらブログ二日目

2014.08.26| 津田裕也

今日はベルリンにある孔雀島(Pfaueninsel)のお話をしたいと思います。

先日、ベルリンの中心から小一時間ほどで行ける孔雀島に行ってきました。

ベルリンのまわりにはいくつも湖がありますが、その中の一つヴァンゼー湖に浮いている島で、その名の通り島には孔雀が放し飼いにされています。

島に着くと美しい孔雀たちが何羽もいて、水辺にはロマンティックなお城があり、ベルリン市内にこんな島があったのだと驚きました。

2〜3時間もあれば島全体を散歩できてしまうような広さで、島の中は時が止まっているかのようなのどかで気持ちの良い場所でした。

津田裕也

せんくらブログ一日目

2014.08.25| 津田裕也


みなさまこんにちは!津田裕也です。
今年もせんくらに出演させて頂ける事嬉しく思っています!
せんくら2014では私は4公演に参加致します。

まず一つ目は仙台でお馴染みのヴァイオリンの松山冴花さんとの公演で、リヒャルト・シュトラウスのヴァイオリンソナタとドビュッシーなどのお洒落な小品を演奏します。シュトラウスの若さあふれるソナタはロマンティックで大変美しい作品で、松山さんと昨年録音をした思い出の曲です。

二つ目は尊敬してやまないチェロの山崎伸子先生との公演です。山崎先生は言わずと知れた日本を代表する素晴らしいチェリストですが、私にとっては実は大学時代に大変お世話になった先生でもあります!この公演ではショスタコーヴィチのチェロソナタを中心にラフマニノフやチャイコフスキーなどオールロシアのプログラムを演奏します。先生の懐の深いあたたかい音色を是非仙台の皆様に聴いて頂きたいです。

三つ目は仙台国際音楽コンクール入賞者の韓国のヴァイオリニスト、キム・ボムソリさんとの公演です。この公演ではベートーヴェンのヴァイオリンソナタからワックスマンのカルメンファンタジーまでヴァイオリンの多彩な魅力を感じて頂けるプログラムになっています。

そして最後の四つ目は、キム・ボムソリさんと仙台フィルのコンサートマスターの西本幸弘さんの2台のヴァイオリンと私のピアノ、という珍しい編成での公演です。キムさんとも西本さんとも今回のせんくらが初めての共演になりますので、私自身楽しみにしています!

この4つの公演の他にも素敵な公演が目白押しですので、皆様是非せんくらに遊びにきて下さい。
今日から3日間ブログを担当させて頂きますので、どうぞお付き合い下さい。

津田裕也

最新の投稿

カテゴリー