鍵盤ハーモニカは日本で生まれた

2014.07.22| 吉田絵奈

ブログ最終回です。

 

鍵盤ハーモニカは今年で生誕53年。

1958年にボタン式のものがドイツで発明され、それをヒントに1961年鈴木楽器の鈴木萬司さんと言う方が創りました。

れっきとした日本生まれの楽器なんですよ。

 

現在、鍵盤ハーモニカは小学校の音楽教材楽器にも推奨されていますが、その大きな理由として、

-自分の指と息だけで演奏することができる

-息を吹き込めば正しい音階がでる

-メンテナンスが非常に簡単

といった点が挙げられていますが、それに加えて、楽器を演奏することで子どもの頃から豊かな歌心を養うことができる、といった要素も期待されているそうです。

私自身、鍵盤ハーモニカと出会ったお陰で、人生がとても明るいものになりました。

 

鍵盤ハーモニカを始めた頃、こんなに素晴らしい楽器を創った方にいつかお礼が言いたいと思っていたのですが、6年越しのその夢がついに昨年叶いました。

楽器工場でのコンサートも実現し、楽器の生みの親である鈴木萬司さんにも私の演奏を聴いてもらう事ができました。

私の夢は、鍵盤ハーモニカの素晴らしさ、魅力を世界に広め、ピアノやヴァイオリンのような地位を築く事です。

〈せんくら〉でのコンサートを通じて、その思いを少しでも皆様に伝えられる機会を得られたことに関係者の皆様に心より感謝を申し上げます。

 

〈せんくら〉では、鍵盤ハーモニカの魅力である息を使って歌うように表現するバラード、楽器の特性を生かした歯切れの良いリズム感のある曲、「カルメン幻想曲」「黒い瞳」「ハナミズキ」「ぬくもり(オリジナル)」など様々なジャンルから素敵な曲を選んでお届けしたいと思います。

 

「カルメン幻想曲」は息継ぎをする場所がありません。

この曲を鍵盤ハーモニカでなんとか演奏したくて3年かけて循環呼吸をマスターし、いまやっといま私のレパートリーになりました。

循環呼吸ができるようになったおかげで、さらに多くの曲を演奏できる可能性も出てきました。

 

プロの鍵盤ハーモニカ奏者のソリストはまだまだ少なく、生演奏を聴く機会は多くないと思います。

鍵盤ハーモニカという楽器の奥深さと表現豊かな音色を、ぜひ〈せんくら〉の会場で体感いただけたら嬉しいです。

 

子供向けコンサートでは、みんなで一緒に演奏するコーナーもありますので、ぜひ楽器を持って会場に遊びに来て下さいね!

 

10月4日、皆さんにお会いできるのをとっても楽しみにしています!!

今まで読んで下さりどうもありがとうございました!!

鍵盤ハーモニカ奏者 吉田絵奈

鍵盤ハーモニカの新作 HAMMONDSS

2014.07.21| 吉田絵奈

皆さんこんにちは。2回目のブログです。

 

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

私は先日ディナーライブに出演してきました。

嬉しいことに会場は満員で、演奏にも気合いが入りました!

]

普段はHAMMOND44という楽器を使っていますが、今春発売されたばかりのHAMMONDSSも本番で初披露。

今までになかった高音域モデルです。

とっても綺麗な高音がすると評判の楽器で、HAMMONDSSで「虹の彼方に」を演奏しました。

鍵盤ハーモニカ、どんどん進化しています!!

 

今秋発売予定の2ndアルバムのレコーディングも無事に終わりました~。

今回のアルバムのテーマは「Dance」。

収録曲は・・・、

ハンガリー舞曲第1番(ブラームス)

チャールダーシュ

Spain

リベルタンゴ

ぬくもり(私のオリジナル曲)

など。

第1回目のブログに「腹筋が6パックに割れた」と書きましたが、レコーディングのための猛練習に加え、

レコーディング2日間で25時間くらい吹いたせいで、6パックの腹筋にはさらに磨きがかかり・・・。

腹筋が割れすぎて自分でも驚きデス(笑)

 

お腹が割れる理由は、音を伸ばしながら、同時に揺らす、いわゆるビブラートをかける奏法があるのですが、ほとんど腹筋を使って揺らしているからです。

とても速いスピードで腹筋を揺らさなければいけないので、その奏法を続けていると・・・“割れる”んです!

最近ではコンサートの後に「お腹触らせて下さい。」

というお客さんも増えてきました。

もちろん女性限定ですけど(笑)

 

レコーディングは素晴らしいサポートメンバーの協力もあり、出来上がりが本当に楽しみです♪

音楽家にとって作品を形にして残せるのは大きな喜びの一つですから。

レコーディングでももちろんHAMMONDSSを使いました。

 

〈せんくら〉では新しいアルバムからも何曲か演奏させていただく予定です。

HAMMONDSSの美しい高音も是非ご期待ください!!

 

次回は私のブログの最終回です。どうぞお楽しみに!!

鍵盤ハーモニカ奏者 吉田絵奈

鍵盤ハーモニカはダイエットにも効果抜群♪

2014.07.20| 吉田絵奈

皆さん、こんにちは。

鍵盤ハーモニカ奏者の吉田絵奈です。

今年初めて〈せんくら〉参戦です♪

今年で9回目を迎える〈せんくら〉。

そんな素晴らしいフェスティバルに招かれ私が演奏できるなんてとても光栄です。

心から感謝します。

 

少し自己紹介させて頂きます。

音楽大学ピアノ科を卒業。

大学卒業後に鍵盤ハーモニカと出会い本格的に演奏を始める。

きっかけは、当時習っていたピアノの先生からの

「音楽は呼吸が大事。何か息を使った楽器も経験するときっとピアノにも良い影響がありますよ」

というアドバイス。

たまたま自宅にあった鍵盤ハーモニカを吹いてみたら・・・、

“なんて良い音がするんだろう”

体中に衝撃が走り以後この楽器の虜に。

息を使って音を出すので、歌うように演奏できるのが一番の魅力。

鍵盤ハーモニカの素晴らしさを世界中に広めることが私の夢です。

 

どうぞよろしくお願いします!

鍵盤ハーモニカって実はものすごく息が必要なんですよ!!

ものすごく息をつかって演奏し続けてきたせいでいまや私の腹筋は6パックに割れてしまうまでになっちゃいました。

ダイエットしたい方には鍵盤ハーモニカはぜひお薦めです!

でも、楽器を大好きになり過ぎると、痩せ過ぎムキムキ体型になってしまうので女性は要注意です(笑)

 

さて、仙台で演奏させていただくのは今回で2回目です。

最初は「生で聴くのだめカンタービレコンサート」の全国ツアーでした。

ドラマを見た方はご存じのはずですが・・、

マングースの着ぐるみ姿で全国各地のオーケストラと共演してたんですよ♪

〈せんくら〉では普段の衣装で演奏させていただきますが鍵盤ハーモニカの魅力をたっぷりとお届けしたいと思います。

共演は、私の2ndアルバムのレコーディングにも参加して下さったギタリストの渡辺具義さんにお願いしました。

 

仙台で大勢の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

ぜひ〈せんくら〉の会場にいらして下さい!!

 

それでは、吉田絵奈のブログの第1回目はこの辺で失礼します!

鍵盤ハーモニカ奏者 吉田絵奈

最新の投稿

カテゴリー