お祭り

2014.09.26| 仙台フィルスペシャルカルテット

さて、私の担当は今日が最終日。少しPRをして終わりましょう。せんくらのPRイベントがいろいろ行われている中でも、かなり最後の方の催し物になるのではないでしょうか。

9/28(日)ぶらんどーむ一番町(Forus前のあたり)で、「ばんぶらぁぁとふぇすた」というお祭りがあるそうで、そこで特設ステージによる、せんくらPRのミニコンサートがあり、ヴァイオリンの曲をご披露致します!

演奏は、①13:20~13:50、②14:20~14:50 の二回で、サラサーテのカルメン幻想曲や、アルベニスのタンゴなど、せんくらの今年のテーマ、スペインの作曲家を集めました。

しかも、ピアノと打楽器が入っちゃう(^O^)/
カスタネットや他の小物もコラボレーション出来るかも…と、計画中です。

ふらっといらっしゃいませんか?ワイン試飲とかあれば最高なんですが(^-^;

せんくらでも、コンサートの合間はロビーなどでお客さんに混ざってコーヒー飲んでいたりします。お気軽にお声がけください。
今年も会場でお待ちしています。

仙台フィルハーモニー管弦楽団

ヴァイオリン奏者 小川有紀子

尊敬する指揮者・山田さん

2014.09.25| 仙台フィルスペシャルカルテット

仙台フィルの公演は全部で五回。そのすべてを山田和樹さんが振ります。今日は彼の話をしましょう。

尊敬する指揮者…簡単に言えば、その方が新しくオーケストラを作るぞ~なんて話になったら、しっぽ振ってついていきます的な気持ちにさせてくれる方。ワタシには三人ほどいらっしゃいます。
山田さんは歳はかなり下ですが、日本のみならず世界でも評価されています。その理由は、音や音楽の創造力が凄いからではないでしょうか。

仙台フィルにも持ち音がありますが、彼が振ると音色や流れが変わっていきます。そして、出来上がってきたものにプレーヤーも賛同共感でき、お客さまにもそれが伝わっていくというしくみ。

才能を感じてワクワクo(^-^)oもしますし、負けていられない、要求されるものをいつでも応えられるようにしなくては!と思わせてくださるのです。

今回はたくさんの素敵なソリストと共演も多く、絶妙な相方ぶりを披露してくれるでしょうね。

貴重な一枚…とある学校に復興コンサートとして一緒に音楽の授業をさせていただいた時の、事前打ち合わせのショットです。ピアノ弾いてくださいました。

仙台フィルハーモニー管弦楽団

ヴァイオリン奏者 小川有紀子

ケーキバイキングみたいなカルテット

2014.09.24| 仙台フィルスペシャルカルテット

みなさんこんにちは!仙台フィルの小川有紀子です。またせんくらが迫ってきました。すでにいくつかの公演が完売だとか。嬉しいですね!やはり演奏家は、お客さまが自分達を聴きたいと集まってくださると思えた時、アドレナリン、イマジネーション共にアップします。

ちなみに、これまでの演奏経験で体験した最小観客数は二名。暖炉のある素敵なお部屋で、バッハのシャコンヌなどを弾きました。もっといらっしゃるはずでしたので最初は驚き戸惑いましたが、でもこれはこれでまた特別な空気がありました。

今回のせんくらで楽しみなことといえば、まず仙台フィルの公演では指揮が山田和樹さん(≧▼≦)この話は次回に。

そしてもうひとつの目玉はキム・ボムソリちゃん(^^)とのカルテットです。
【公演番号46】
10/4(土)11時00分~11時45分
イズミティ21 小ホール

ボムソリちゃん!なんて書いてしまいましたが、そりゃもう可愛いのです。仙台国際コンクールで私達はお馴染み。可愛い、そして誰にでもその愛らしさで微笑んでくれる。でも演奏は、一本筋の通ったしっかりしたものを感じます。

その彼女とカップリングされたのが、セレーノで一緒、元同僚のヴィオラの佐々木真史と、ずっと知り合いだったのにひょんなことから同僚になってくれた?チェロの首席ソロ奏者、三宅進。

みなさんセレーノはご存知ですね?!西江辰郎、ワタシ、佐々木真史、原田哲男で組んでいるカルテットです。けっこういいものやってたんですよ!

通常カルテットはある程度組んでいるグループのことを指しますが、今回はボムソリちゃんを迎えて、新しいカルテットの結成になりますね。
曲目も、有名どころつかみ取り…といった贅沢なプログラム。普段はお目にかかることはないでしょう。

初めてのカルテットデビューにもぴったりです。
みなさんでケーキバイキングに行くような気分で、どうぞ!!
仙台フィルハーモニー管弦楽団
ヴァイオリン奏者 小川有紀子

最新の投稿

カテゴリー