故郷 仙台

2013.09.22| 荒川洋

長年、東京と仙台を行ったり来たりしていますが、何度きても楽しい僕にとっては故郷であり、大切な場所。

仙台のいい所、パリのように街の界隈の特色がはっきりしていてわかりやすいところがいいところだと思う。

山や川を隔てて街のおもむきもかわるところ。
そんなところがとても好きです。

ジャズフェスやバリアフリーを目指した、とっておきの音楽祭など、この仙台クラシックフェスティバルも含め、非常に多彩な音楽祭が繰り広げられていますが、

このどんなジャンルにも寛容な街は、あらゆる人を包み込んでくれる温かみがあります。

そんな街だからこそ素直に音楽家は音楽に打ち込める。
お客さんは素直にサウンドに耳を傾けられる。

あらゆる可能性を秘めた仙台。
ここで新たな挑戦をし続けられることは本当に感謝です。

今回もたくさんの音楽家と出会うことができるでしょう。

先日9月14日に青年文化センターで、妹荒川知子の演奏会が開催されました。
700人ほどの会場がほぼ満席の中、シンガーソングライターの光田健一さんや、仙台フィルのチェロの三宅進さんたちの協力がゲストとともにとても楽しい演奏会になりましたが、翌日も光田健一さんのライブでパリンカで演奏。

大きい会場も素敵ですが、こういったサロンで楽しめる会場を提供してくれるところが多いのも仙台の素晴らしいところですね。

皆さんにあえるのを楽しみにしています。
是非会場でも声かけてくださいね。
荒川洋(フルート)

海原をこえて

2013.09.21| 荒川洋

こんにちは。荒川洋です。

今宮川彬良さんのオペラのリハーサル中。
宮川彬良さんこんな壮大なオペラを書くなんてすごすぎます。
様々なアイディアが曲の中にちりばめられていて、すばらしいの一言です。

今月もいろいろ仕事で各地を演奏して回っていますが、毎年この時期は忙しいのです。

はて昨年の9月は何をしていただろうと考えたら、日本丸のクルーズで6日間旅をしながらの演奏していました。

果てしなく続く青い海と青い空、そして白い船。
心地よい風に揺られているうちに、徐々に見えてくる小笠原諸島。
つい昨日のことのようです。

このとき、勢いでクルーズ中の船内で3曲作曲しました。
I.  鳥島と果てしなく続く海原と青空のために
II.  母島、またはデッキから見た夕日のために
III. 父島より~海原をこえて~

宮川彬良さんのような曲には足下にも及ばないのですが、当時そのままの気持ちが伝わる曲だなと思っています。
いつかこの曲も聴いていただければと思います。

音楽は、時空や空間を超えて旅ができる素敵なツールです。
皆さんを音楽でいろんな旅にご案内します。
荒川洋(フルート)

公演にむけて

2013.09.20| 荒川洋

こんにちは。
仙台出身でもある、フルート奏者荒川洋です。
せんくらのブログお送りいたします。よろしくお願いします。

今年もせんくらに出演して、仙台の皆様に会えるのはとてもうれしい限りです。
僕の笛の音は、フルートを勉強している人には、CD「フレンチコンポーザーズ」でよく親しんでもらっていますが、今回はリサイタルの方が、マルティヌー、プーランクのソナタなどで、皆様にも存分にフルートソナタ名曲の数々をきいてもらえればと思っています。

近年作曲活動も積極的に行なっています。
今回ははじめてフルート協奏曲を作りました。
その曲も今回披露します。

出演者: 荒川 洋(フルート)
共演者: 加藤 昌則(ピアノ)
公演日: 2013年10月 6日(日)
公演時間: 10:30~
公演会場: 太白区文化センター 展示ホール
プログラム:
荒川洋:コンチェルティーノ《HIKARI》
加藤昌則:トスカ・ファンタジー
プーランク:フルートソナタ
マルティヌー:フルート・ソナタ

2013年10月5日(土)15:45~16:30に演奏する会では、
子供・親子向け コンサート
出演者: 荒川 洋(フルート)
共演者: 加藤 昌則(ピアノ)
公演日: 2013年10月 5日(土)
公演時間: 15:45~16:30
公演会場: エル・パーク仙台 ギャラリーホール
プログラム:
ハチャトゥリアン:剣の舞
ビゼー:カルメンより間奏曲
ボルヌ/ビゼー:カルメン幻想曲より
加藤昌則 : うまれゆく、風~Caprice Fantastique~
久石譲:崖の上のポニョのメドレー

などを演奏し、僕が作曲した
荒川洋:スイミー(朗読付き)
でスクリーンにも絵本を投影しながら進むコーナーもあります。
是非ご来場ください。

スペシャル・ガラ・コンサート
出演者:須川展也(Sax)西江辰郎(Vn)高木綾子、荒川洋(Fl)
福田進一、鈴木大介 (ギター)1966カルテット(アンサンブル)
共演:小柳美奈子、西江氏伴奏者(ピアノ)
公演日: 2013年10月 6日(日)
公演時間: 14:45~15:45
公演会場: イズミティ21 大ホール
モーツァルト:「魔笛」 高木綾子さんと演奏します。

写真は、せんくらとかんけいがなく内容と関係ない8月に北海道中標津町で行なった合宿の模様の写真。
どこに行っても、元気にフルート演奏&普及活動しています。
よろしく!
荒川洋(フルート)

大好物 

2012.08.30| 荒川洋

八月頭、日本の大学時代の後輩のフルート奏者に呼ばれて、浜松のフルート奏者へのクリニックをさしに行きました。
小さな企画でしたが、僕にとって大小は関係なく、精一杯やらせてもらいました。

皆さんの上達する姿を見て、嬉しくなりながら、後輩のフルート奏者とともに昔話に花を咲かせながら、鰻を食べて帰りました。
またこうして音楽で人の縁が繋がっていることに感謝で一杯です。
そして後日、後輩から、また鰻が届き、家族で仲良く食べました。
ますます浜松が好きになりました。

あ、これはせんくらブログでしたね。
僕は伊達の牛タンが大好物です。
仙台の皆さんよろしくお願いします。
荒川洋(フルート)

日々鍛錬 

2012.08.30| 荒川洋

相変わらずホールにこもりながら、訪れる次の公演のリハーサル、本番、リハーサル、本番の毎日です。
こうして最高の仲間とともに音楽を提供するのは、お店を持っている料理人とスタッフのようです。

来てくれるお客さんに最高の味を届けるよう鍛錬の日々。
ときにはトラブルも起こるけど、みんなで最高のものを作って、よかったと言ってもらえたときは、何にも変え難い時間ですね。

より素晴らしい物を目指して、毎日腕を磨いていこうと思います。
荒川洋(フルート)

新日本フィル 

2012.08.29| 荒川洋

八月の終わりは連日新日本フィルのオーケストラの仕事の毎日。
東京音楽コンクールの弦楽器部門本選の伴奏をしてきました。
こちらは四人分のコンチェルトを伴奏するので大変ですが、各々の人生がかかっている分、演奏会とは違う空気が流れています。

こちらも大変ですが、受験者の音楽になるべく協力したい一心で時間を共にしてきました。
荒川洋(フルート)

本を書く 

2012.08.28| 荒川洋

今年は演奏する、作曲するのほかに、「本を書く」ことに乗り組んでいます。

その中で、フルートを吹く上での音の成分や、方向性の話を書きたいと思ってますが、面白いことがかけそうです。
音は静止しないで動いてるとしたら、時間軸の未来へ突き進むようにいかに吹くか。
進むべき道がわかると、音は一人でに動き出す(鳴り出す)のです。

エネルギーの循環サイクルのようなものもそれでだんだんわかってくるようになってくるんですね。

面白いです。
いつか皆さんにそんな詳しい話をお届けできたらなと思ってます。
荒川洋(フルート)

想像力 

2012.08.27| 荒川洋

生きていく上で、想像力ってとても大切ですね。

あのホールどのように響くかな。あの人どんな人なんだろう。。
この魚なに考えて泳いでるんだろう等々、次のステップの潤滑油になりますね。
たくさんの体験と好奇心が合わさって、その人の想像力が広がって行きます。

家族を連れて江ノ島水族館に行きました。
まるで空中に浮いているようなエイ、大きな魚やペンギンたちを見て、うちのもうすぐ二歳になる子は大興奮でした。
きっと自分も魚になって一緒に泳いでるような想像をしてるのかしら。
そして、こんなときどんな音楽が流れてるんだろう。
子供の頭の中にいろんな音や音楽も、映像と一緒に入ってくるんすよね。

そんな時間に花を想像力を後押ししてあげられるような音楽もたくさん届けてあげたいなって思ってます。
荒川洋(フルート)

エッセンス 

2012.08.26| 荒川洋

暑い夏。

アツイーと言いながらクーラーの中で過ごす毎日。
仕事で仕方が無いとき以外はすご外へ飛び出して、青い空からのエッセンスを取り込みましょう。
先日の神奈川県の稲村ケ崎の写真。

海岸といえば、僕は仙台七ヶ浜がとても好きでした。
震災前、仙台いくと必ずと言っていい程海岸沿いに行き、マリンスポーツを楽しんでました。
6月に行ったときの現地の様子を見て悲しかったですし、稲村ヶ崎にきてもいろんなことを考えます。

でも、心のドアを開けて、あらためて深呼吸。
いる時間を最大利用して、生きるためのエッセンスを取り込みたいと思います。
荒川洋(フルート)

走る 

2012.08.25| 荒川洋

最近快晴続きで、毎朝ジョギングをするのが日課になってます。

体を動かすことは楽しくて仕方がなくて、ジョギングのほかにも水泳、自転車、ジムとか様々なんですが、やはり天気の良い日は、景色を眺めながら、今日はどのルートにしようか迷いながら、平均5-6キロの道のりを走ります。

自分で動けば動くほどシアワセがまっている。
左に行っても右に行っても。直進しても。
人生赴くままに走って行きたいものです。

せんくらの演奏は、そんな時間の使い方を音楽で感じてもらおうと思って、ただいま吸収中。
荒川洋(フルート)

最新の投稿

カテゴリー