ドイツの春の味覚

2013.06.24| 津田裕也

ドイツの春の食べ物の楽しみといえば、シュパーゲルという白アスパラガスです!
この時期になるとスーパーや市場、また街中に臨時のスタンドが出来てシュパーゲルが売られています。
一般的な食べ方は茹でて、オランダ風ソース(卵の黄身とクリームが混ざったようなソース)で頂きます。
甘みがあって歯ごたえも良くとても美味しいです。

ドイツのレストランではパスタは茹で過ぎになっている事がよくありますが、シュパーゲルの茹で過ぎは絶対許されず、茹で加減に非常にこだわりがあるらしいです。
シュパーゲル専用のお鍋や皮むき機なども売っているほど、ドイツ人にとって大切なもののようです。

皆様も春にドイツに旅行された際は是非試してみて下さい。

今日で3日間のブログはおしまいになります。
お付き合いありがとうございました。
せんくらの会場でお会い出来る事、楽しみにしています!!
津田裕也(ピアノ)

ポツダム

2013.06.23| 津田裕也

今日はベルリン郊外のポツダムについて書きたいと思います!

ポツダムにはサンスーシ宮殿(フランス語で憂いの無いという意味だそうです)があって建物は勿論、お庭も素晴らしいので、天気の良い日にたまに遊びにいきます。

広いお庭には植物園があったり、古い遺跡のようなものがあったり、緑に溢れていてとても気持ちの良い場所です。
ベルリンはドイツの首都で都会的なエリアも多いですが、すこし足をのばすと、緑を感じられる場所がたくさんあって気に入っています。
津田裕也(ピアノ)

今年も楽しみです!

2013.06.22| 津田裕也

みなさまこんにちは!ピアノの津田裕也です。
今日から三日間ブログを担当させて頂きます。

今年もせんくらに出演出来る事、幸せに思います!
今回はソロ公演一つ、デュオ公演三つと盛り沢山ですが、どの公演も精一杯頑張りたいと思います!

私が勉強しているベルリンは今が一番良い季節です。
暑くも寒くもなく、緑が美しく、清々しい気候です。
ドイツのレストランやカフェには外に席がある事が多く、今の季節には外の席は満席なのに、お店の中は空いているという事がよくあります。
冬場の間に足りなかった太陽の光を一気に集めているような光景です!
津田裕也(ピアノ)

会場でお会いしましょう! 

2012.07.19| 津田裕也

今日で私の担当も最後になってしまいました。

今回のせんくらではショパンのポロネーズだけを集めて弾く公演と、堀米ゆず子先生をはじめとした素晴らしい方々と共演するモーツァルトの室内楽の公演と2公演に出演させて頂きます。

どちらも普段なかなか生で聴く事が出来ないプログラムと思いますので、是非聴きにいらして下さい!

一週間お付き合い頂きありがとうございました。
会場でお会い出来る事、楽しみにしています!
津田裕也(ピアノ)

湖の夕暮れ 

2012.07.18| 津田裕也

ベルリンの市内や郊外には美しい湖がたくさんあります。

天気の良い日は散歩する人や泳ぐ人もいて市民の憩いの場になっています。
街中からこのような自然溢れる場所に、電車やバスで30分程度で遊びに来る事が出来るのもベルリンの魅力の一つです。

写真は、先日訪れた湖(Schlachtensee)で、ちょうど出会えた美しい夕暮れです。
津田裕也(ピアノ)

ベルリンを船から見ると・・・ 

2012.07.17| 津田裕也

昨日に引き続きベルリンの話題です。

ベルリンの市内には川がいくつか流れており、船に乗って観光する事が出来ます。
水の上を滑るように進む船から見る街の景色は、いつもと違う街のように見えて新鮮です♪
ベルリン滞在の際は是非お試し下さい!
津田裕也(ピアノ)

植物園 

2012.07.16| 津田裕也

先日ベルリン郊外にある植物園に行ってきました。

世界中からいろいろな植物が集められており、地域別に分けて植えられていました。
日本のコーナーもあり、あじさいなどがとてもきれいでした。
ベルリンはドイツの首都で都会ですが、植物園だけではなく街中にも緑が多いので今の季節は特に気持ちが良いです。
津田裕也(ピアノ)

美食の街ブリュッセル 

2012.07.15| 津田裕也

ブリュッセル滞在の間にはたくさん美味しいものを頂きました。

さすがに美食の街と言われているだけあって、有名なチョコレートやワッフルは勿論、海の幸やビールなども美味しかったです。
海産物の市場では新鮮な魚をその場で調理したものをスタンドで食べる事が出来て、あまりの美味しさに滞在中2回も行ってしまいました(笑)
津田裕也(ピアノ)

復興コンサート 

2012.07.14| 津田裕也

今年の3月にヴァイオリニストの堀米ゆず子先生に声をかけて頂いてベルギーのブリュッセルでチャリティコンサートに出演しました。
「復興」と銘打たれたこのコンサートにはたくさんの方々が集まって下さって、胸が熱くなりました。

震災から一年以上経っていても日本や被災地の事を思って下さる姿に感動し、私も自分なりに音楽を通して出来る事を続けていきたいと思いました。
津田裕也(ピアノ)

ごあいさつ 

2012.07.13| 津田裕也

みなさん、こんにちは!ピアノの津田裕也です。
今年もせんくらに出演出来る事、とても嬉しく楽しみにしています。

あの震災からもう一年以上が過ぎましたが、まだまだいろいろな影響が残っており、大変な思いをされている方も多いかと思います。
せんくらにいらして頂いた方にすこしでも楽しんでもらえるよう心を込めて演奏したいと思います。

今日から一週間ブログを担当しますので、よろしくお願いします!

せんくら2011  

2011.09.11| 津田裕也

皆様こんにちは。ピアノの津田裕也です。

まだまだ震災の影響が残る中、多くの人の熱意と努力で今年もせんくらが開催される事に決まり、大変嬉しく思います。
そしてそこで音楽を奏でる事の出来る幸せに、心から感謝しています。

震災では、普段当たり前にある事の有難さ、無事に生かされている毎日がどんなに有難い事か、痛感致しました。
私も石巻に住んでいた伯父を津波で亡くし大きなショックを受けました。

この度の大震災で亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。
そして被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

今回のせんくらでは、自分なりに祈りと希望を感じる作品を中心に選曲致しました。
聴いてくださった方の心がすこしでも元気になるよう祈りを込めて演奏したいと思います。
津田裕也(ピアノ)

会場でお会いしましょう

2011.09.07| 津田裕也

今日で私のブログは最後です。
今回のせんくらでは、仙台フィルとの共演、荒川洋さんとの共演、ソロ公演に出演させて頂きます。

仙台フィルとの共演は、昨年のせんくら以来一年振りで、私がベートーヴェンの協奏曲の中で最も好きな第4番を演奏します。

また今回が初めてとなる荒川さんとの共演、そしてせんくらでは初めてとなるソロ公演、どの公演も楽しみです。

音楽の力を信じて、皆様の心に届くような演奏を目指して、残りの準備期間も精進したいと思います。

皆様とせんくらの会場でお会い出来る事、楽しみにしています!
一週間ありがとうございました!
津田裕也(ピアノ)

 

野外コンサート!

2011.09.06| 津田裕也

今年の7月、大学内の行事で生まれて初めて野外のコンサートで演奏しました。
演奏会の話を頂いた時は、その事を知らず、当日会場に行ってみて野外にステージが作られていたのをみて、驚きました(笑)

小さな子どもからおばあさんまであたたかく聴いてもらいましたが、慣れない野外での演奏は、音の響きを確かめる事が難しい事や、虫の訪問など(!)いろいろと戸惑いました。
ですが、めったに味わう事の無い面白い経験でした。
津田裕也(ピアノ)

ノートルダム大聖堂  

2011.09.05| 津田裕也

パリではオランジュリー美術館の他に、ノートルダム大聖堂も観光してきました。

パリのシテ島にあるカトリックの大聖堂で、その荘厳さ、スケールの大きさには圧倒されました。

またステンドグラスの美しさも印象に残りました。
思いがけずミサがはじまり、パイプオルガンの音を聴く事が出来たのも幸運でした。心洗われるような気持ちで大聖堂を後にしました。

津田裕也(ピアノ)

モネの睡蓮  

2011.09.04| 津田裕也

講習会の後、パリに立ち寄り観光をしてきました。
オランジュリー美術館でモネの睡蓮の絵を見る事が出来て幸せでした。

「睡蓮」の絵は、第一次世界大戦終結後、描かれた無限の自然の前で人々が安らげる場を造りたいとの考えから、モネによってフランスに寄贈されたものだそうです。

展示されている部屋や壁も彼自身によって考えられたもので、水、空気、光、土、空が美しく混ざり合う睡蓮の絵と一体となって素晴らしい空間でした。
いつかまた訪れたい場所です。

津田裕也(ピアノ)

講習会  

2011.09.03| 津田裕也

8月上旬にフランスのクールシュヴェールという標高1850mの街で行われている講習会に参加してきました。
冬はスキーリゾートとして有名な風光明媚な場所です。

美しい山々に囲まれた中、充実した時を過ごす事が出来ました。
学んだ成果をせんくらで発揮出来るよう、演奏会まで頑張ります!
津田裕也(ピアノ)

ベルリン芸大チャリティーコンサート  

2011.09.02| 津田裕也

未曾有の大震災から約1ヶ月後の4月15日、私が勉強しているベルリン芸術大学で日本のためのチャリティーコンサートが開催されました。

何人かの日本人留学生の小さな呼びかけが、次第に大きな動きとなり、学校の一番大きなホール(1400人)にも入りきらない約1500人もの人が集まったコンサートになりました。

客席に入りきらなかった人達がステージの上にも溢れるほど、沢山の人でした。ドイツ人にとっては遠い遠い島国である日本の為に、沢山の人が集まってくれた光景を見て、感動と感謝の念を深く感じました。
津田裕也(ピアノ)

仙台でお会いしましょう!  

2010.08.22| 津田裕也

今日で私の担当も最終日になりました。
今年のせんくらでは、仙台フィルとショパンのピアノ協奏曲第2番の第1楽章の1公演、松山冴花さんとの共演でブラームスのソナタなど2公演、
そして遠藤真理さんとの共演で1公演、あわせて4公演出演致します!
ショパンの協奏曲第2番はショパンの青春とでも言うべき素晴らしい作品。今回初めてオーケストラと共演出来るのでとても幸せです。
毎回会う度に新しい刺激をもらえるので、せんくらが楽しみです♪そして遠藤さんは素敵なチェリストですが、彼女はなんと芸大時代の同級生です。
今回久しぶりに共演出来るので楽しみです!

まだまだ暑い日が続きますが、みなさまお元気でお過ごし下さい(^^)

せんくらでお会い出来る事、心から楽しみにしています!!

津田裕也(ピアノ)

 

ドイツ鉄道の旅  

2010.08.21| 津田裕也

ドイツ国内、鉄道網はかなり発達していると思います。特に日本の新幹線のようなICEという特急はかなり快適です。
ただ駅で電車に乗り込む前によく確認しないと、時刻表と違う番号のホームから出発する事がよくあります。
私も以前電車に乗り込んで安心してぼうっとしていたら、乗った後にいつの間にか違う行き先に変更になっていた事がありました・・・。
飛行機も良いですが、車窓から風景を眺めながらの鉄道の旅も良いものです♪

津田裕也(ピアノ)

ドレスデン  

2010.08.20| 津田裕也

この8月にドレスデンの郊外の小さなサロンでリサイタルをさせて頂く機会がありました。
お話を下さった方々も、聴きにいらして下さった方々もみなさんとてもあたたかく、本当に幸せな時間でした。
コンサートは夜の8時からでしたので、コンサートが始まるころから、ちょうど夕日の光が会場に入り込み、良い雰囲気でした。
コンサートが終わった後、夜10時過ぎから打ち上げに連れて行ってもらいましたが、お酒の入ったドイツ人達相手に数時間孤軍奮闘し、ホテルに戻ったのは午前2時前でした・・ !*
ドイツ語不得手の私は頭がパンクしそうでしたが、演奏も打ち上げも忘れられない思い出になりました。

津田裕也(ピアノ)

最新の投稿

カテゴリー