是非ご来場ください 

2012.09.13| セレーノ弦楽四重奏団

セレーノ四重奏団が今回演奏させていただく「仙台市青年文化センターコンサートホール」は、今現在改装工事中です。

ホールの特徴でもあったステージ上の「階段」を取り払うほか、舞台床も張り替えるということで、普段定期公演を行っている仙台フィル(特に私たちチェロ、コントラバス奏者にとってはステージの床の材質によって全く音の鳴り、音質まで違うということもあって)としては、どのように音が変わるのかとても楽しみなところです。

せんくらでの仙台フィルの公演はすべてイズミティで行われますので、オーケストラで演奏した場合の変化を確かめていただけるのは10月定期公演まで待たなければなりませんが、一足先にカルテットでも充分に違いを体験していただけるのではないかと思います。

そういった意味でも皆さま是非セレーノ弦楽四重奏団のコンサートへご来場ください。

写真はせんくら2010、青年文化センターコンサートホールでのセレーノ公演。

舞台後方に見えるバルコニーのようなものが取り払われるそうです。
セレーノ弦楽四重奏団 原田哲男(チェロ)

 

マイナー路線?だけど幸せ 

2012.09.12| セレーノ弦楽四重奏団

せんくら2012年公式ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
セレーノ弦楽四重奏団ブログ終わりの2日間を書かせていただきます、チェロの原田哲男です。

私たちがせんくらで弾かせていただくのは今回で6回目。
ベートーヴェン、モーツァルトやシューベルトといった作曲家の曲を取り上げていましたが、時には現代曲やショスタコーヴィチといったわりとマイナーな路線へ・・・。

そして今年はコダーイの四重奏曲に辿りついてしまいました。
もしかしてコダーイの四重奏曲が好きだ!という方っていらっしゃいますか?

いやいらっしゃるかもしれません。
なぜなら、小川さんが書いていたように、ラジオ「OTTAVA」でリスナーに寄せていただいたお勧めアンコール曲の中に、私たちが聞いたこともないような作曲家、曲がずらーっと並んでいましたので。

恥ずかしながら私はコダーイの四重奏曲の存在すら知りませんでしたが、弾いてみるとこれがなかなか良い曲なのです。
こういった新しい曲との出会いは演奏する私たちにも、そして聴いて下さるお客様にとってももしかしたら今後の音楽人生をより豊かに広げるかもしれないという意味で大変幸せなことではないかなと思います。

写真はコダーイの四重奏曲スコア。
輸入楽譜のため購入先によって値段がまちまちです。
実は、リハーサルの時に先日同じスコアの写真を載せていた佐々木氏よりも1000円も高く買っていたことが発覚!
しかも本番を迎える前にしてすでにページの接着部がはがれてバラバラになりそうな雰囲気・・ダブルでショックです。
セレーノ弦楽四重奏団 原田哲男(チェロ)

トリオのご紹介 

2012.09.12| セレーノ弦楽四重奏団

仙台フィルを退団して、早くも1年と、半年たとうとしています。
今は、沢山のオーケストラにお声をかけていただいて、客演首席奏者として、演奏しています。

あちらこちらで、一期一会の出会いを大切に演奏会にのぞむ。
とても刺激的な日々を送らせて頂いています。
でも、そうした今があるのも、仙台での11年半があったからです。
応援していただき、そして育てていただいた仙台の皆様には心から感謝しています。

昨年はお休みしました、福田進一さん、荒川洋さんとのトリオでも出演します。このトリオも早いもので3回めになります。

スケールの大きな音楽で私達共演者やお客様を包み込んでしまう、大ベテランの福田さん。
輝かしい音色と共に作曲でも魅せてくれる新日本フィル首席奏者の荒川さん。

お二人とも素晴らしい音楽家であるだけでなく、
とてもユーモアもあり、楽しい方々です。どんな素敵なコラボになるのか、今からとても楽しみです。
9月29日の3時45分。青年文化センターのシアターホールです。
セレーノ弦楽四重奏団 佐々木真史(ヴィオラ)

演奏曲について 

2012.09.11| セレーノ弦楽四重奏団

皆様こんにちは。
お元気ですか?元仙台フィル首席ヴィオラ奏者の佐々木真史です。
今年もセレーノ弦楽四重奏団と、フルート、ヴィオラ、ギターのトリオで
せんくらに出演させていただきます。
毎年毎年本当に有難いことと感謝いたしております。

今年のセレーノはコダーイの弦楽四重奏曲第1番と、ヴォルフのイタリアのセレナーデを演奏します。
コダーイは個人的に、とても好きな作曲家の一人で、第2回せんくらの私のコンサートでも、2つのヴァイオリンとヴィオラのためのセレナーデを取り上げました。

日本ではあまり演奏機会の多い作曲家では無いですが、バルトークと共に、ハンガリーの伝統的な民謡を採集して、それを自作に取り込むことで、後世に伝えた業績は良く知られています。
ハンガリー固有の民謡風な音楽は歌に溢れていて、どれも大変魅力的です。

今回演奏します、弦楽四重奏曲第1番は、四十分近くかかる、超大作ですが、コダーイらしい、民族色に溢れた魅惑的な音楽です。

ヴォルフのイタリアのセレナーデも、ウィットに富んだ、明るく楽しい小品です。
会場でご一緒に楽しめますのを楽しみにしております。
セレーノ弦楽四重奏団 佐々木真史(ヴィオラ)

OTTAVA 

2012.09.10| セレーノ弦楽四重奏団

今回セレーノSQは、アンコールの選曲をあるところで公募しました。

私は仙台フィルに所属していますが、インターネットラジオの無料クラシックチャンネル、OTTAVAという番組が、震災以降ずっと仙台フィルを応援してくださっています。

月曜日から木曜日まで毎日、夕方六時から十時までの番組の中、案内役の斎藤さんの楽しいトークと、リスナーさんたちのリクエストで成り立っています。
その中に仙台フィルコーナーがあるのです。
これって普通できないことだと思うんですよ。
なんのメリットもないのに毎日、私達の活動について話してくださったり、リスナーさんがコンサートにいらしてくださって、あのラジオネームはこんな人だったかー…なんて交流も。

アンコール公募したのは、コダーイとヴォルフというプログラムに合うものが正直イメージがわかなかったからなんです。
集まった曲はなんと40曲あまり。
びっくりしました。
なんでそんなに浮かぶの??

私達四人に合った、でも仙台で弾くにふさわしい一曲を選びました。
お楽しみに!
ホールでお待ちしています。
セレーノ弦楽四重奏団 小川有紀子(ヴァイオリン)

コダーイ 

2012.09.09| セレーノ弦楽四重奏団

皆様一年ぶりでございます。如何お過ごしでしたか?

一年なんてあっという間といいますが、私は本当に早く感じています。
この間ベートーベンを弾かせてもらったばかりじゃないの?!
…あまりに忙しすぎて、間のことも覚えていないのがホントのところ。

どうしても震災と区別できないお仕事環境ですが、共に生きていくのが使命なんだろうなぁと考えています。
震災前から使っていた携帯の待ち受け。
(*写真1(桜))
立派な、見事な桜です。
ガンバってる感じ、しますよね。

一年半たってチェンジ。
(*写真2(うさぎ))
癒やされます(^-^)

今回はあまり馴染みのない作曲家でしょう、コダーイを取り上げました。
東京でも、ライブで聞くことはまずないでしょうね。
コダーイと同じくハンガリー生まれで同時代の作曲家、バルトークのカルテットはやったことがありますが、コダーイも作っていたとは知りませんでした。

ロンドン留学時代、私はハンガリー人のジョルジュ・パウクに師事しました。
当時「バルトークは理解できない!」と嫌がった私に、「日本人はなぜか上手く弾けるんだ、血が似てるのかな、大丈夫。」と優しく微笑んだ先生のお顔が忘れられません。

お陰で、バルトークはコンチェルトやソナタ(無伴奏ひとつとピアノとのデュオ二つ…後者は滅多に弾かない)など、民族色の強い独特なリズムの出し方やメロディーの歌い方はもちろん、そのためにボーイングはどうしたら簡単に表現できるのかを体得しました。

実はコダーイはそっくりなのです。
こんなところで役に立つなんてヽ(´▽`)/

皆さんも、コダーイねぇ…なんて煙たがらずにまずは同じ時間を共有しませんか?
大丈夫、日本人ならなぜか理解しやすいのですから。

お待ちしています。
セレーノ弦楽四重奏団 小川有紀子(ヴァイオリン)

やりがい 

2012.09.08| セレーノ弦楽四重奏団

室内楽、楽しいです。
まだまだです。
難しいです。
特に4人だとさらに難しいです。
でもやりがいがあります。
もっと上手くなりたい・・・・!

あすからは小川さんにバトン渡します。
セレーノ弦楽四重奏団 西江辰郎(ヴァイオリン)

セレーノ弦楽四重奏団です♪ 

2012.09.07| セレーノ弦楽四重奏団

みなさまこんにちは
セレーノ弦楽四重奏団ヴァイオリンの西江辰郎と申します。

毎日暑いですね~
個人のせんくらブログも読んでくださったかた、どうも有難うございます。

セレーノ弦楽四重奏団
今年のせんくらでは民族音楽っぽい作品に挑戦です。
国は違うのに、どこかで聞いた覚えのあるようなメロディーがそこかしこに出てきます。

小川さん、佐々木さん、原田さん、メンバーも各々の生活を送っていて、合わせの日までしばらく会わないので、初あわせ楽しみです。
是非聴きにいらしてくださいね!

【62】
10:45~11:30
西江 辰郎(ヴァイオリン)
坂野 伊都子(ピアノ)
《ヴァイオリニスト 西江辰郎を聴く ストラヴィンスキーとグリーグ》

【57】
14:30~15:30
セレーノ弦楽四重奏団
《躍動と感動。
仙台生まれのカルテット「セレーノ」》
セレーノ弦楽四重奏団 西江辰郎(ヴァイオリン)

福田、荒川、佐々木トリオ  

2010.09.26| セレーノ弦楽四重奏団

今年もギターの福田進一さん、フルートの荒川洋さんとのトリオでも出演します。
その名も「イケメントリオ」、、、、?!

<そんな名前だれがつけたんですか-?!><だれがいけめんやねん?>
等と、メンバーの間では怒号がとんでます。お客様も言ってるか。

それはさておき、演奏はとても楽しいです。
福田さんも、荒川さんもさすがベテラン!とてつもない演奏エネルギ―で会場全体を包み込んでくれます。荒川さんの作る曲がまた美しい。
近所の台原森林公園で遊んだ思い出を曲にしたらしいのですが、どうしてここまで美しく書けるのか?しょっちゅう歩いている自分としては不思議でなりませんが、皆様もきっと好きになると思います。

セレーノに、トリオに、仙台フィルが5公演、3日で7公演は精神的にも体力的にも結構ハードですが、限界にチャレンジする音楽アスリートになった気分を味わえる、これもせんくらならではですね。完走後のビールは美味しいだろうなとにやにやしながら準備に追われる日々でした。
皆様に会場でお目にかかれるのを楽しみにしております。
佐々木真史

ベートーヴェン 最後の弦楽四重奏曲  

2010.09.25| セレーノ弦楽四重奏団

皆様、こんにちは。
仙台フィルの佐々木真史です。
早いものでせんくら出演も5回目、思い出深いせんくらにしたいと思っております。
セレーノ弦楽四重奏団は、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第16番、作品135に挑戦します。
この曲はベートーヴェンの数ある作品の中でも、最も哲学的、宇宙的などと言われる、後期弦楽四重奏曲集の中でも最後に位置する作品です。死の前年に書き上げられ、まとまった作品としては最後となったこの曲、さぞかし難解でわけわからんのでは、とお思いになる向きもおありでしょう。私もそうでした。
ところがどっこい、どこかハイドンを思わせるシンプルな形式を持ち、意外に親しみやすいのです。個人差はあるとお思いますが。
最終楽章の、終わりの部分には、これがベートーヴェンかというような可愛らしい旋律が登場し、そのユーモラスさには思わずニヤリとさせられる程です。
あれほどの巨人であっても最後はこの境地に帰っていくのかと思うと、感動せずにはおれません。
どうぞお楽しみになさってください。
佐々木真史

最新の投稿

カテゴリー