福岡に来ました  

2010.07.04| 米良美一

福岡に来ました。
今日は日帰りです。
これから人権問題を考える講演会で講師を務めさせていただきます。
講演会では自分自身がこれまでの人生で経験させていただいた事や沢山の失敗や過ちから学ばせていただいた事をもとにお話させていただいています。
ご来場戴くみなさんと一緒に、人様とのつながりや他者への思いやりについて、より深く考えたいと思います。

今日でブログ日記は終りです。
杜の都・仙台の秋真っ只中に、みなさんと笑顔でお会いできますことを心から楽しみにして、その日までどうぞお元気で!!

米良美一

お夕飯  

2010.07.03| 米良美一

昼間は仕事のミーティングで出掛けていましたが、夕方は自宅へ戻ってこれから夕飯の仕度をするところです。
故郷宮崎から送って戴いたお米を感謝しながら研いで、大分から取り寄せたお味噌で汁物を拵え、おかずは何にしようかなぁ…。
あっ冬美ちゃん*から頂戴した紀州の梅干しもあった!
あの方から戴いた美味しいキムチもあった!
あれもこれも…戴きもので感謝していただきまーす!!
(* 坂本冬美さん)

米良美一

「夏祭り、にっぽんの歌」  

2010.07.02| 米良美一

これからテレビの生放送へ出演の為にお出掛けです。
テレビ東京「夏祭り、にっぽんの歌」という番組で、多勢の歌手の方々とご一緒です。
以前にも出させて戴いた事がありますから、初めてではありませんが、やはりドキドキ
します。
今回は沖縄にちなんだ歌を歌うことになっていますのでお楽しみに!
何かって?それは見てのお楽しみ♡

米良美一

さんぼちゃん  

2010.07.01| 米良美一

今日は自宅でゆったりしています。
世界一!私にとって可愛い、キュートなさんぼちゃん(トイプードル♀4歳)と過せる時間は至福のときです。彼女のゴハンは私が真心こめて作ったぞうすいです。
ささみと大根と人参と小松菜等の具材を入れたそのゴハンを、朝な夕なに美味しそうに食べてくれて、本当に嬉しい♡
食べた後はきちんと歯磨きもしてあげて…。
今日もそんなで二人ラブラブな時間は過ぎてゆくのでした。

米良美一

千葉県茂原市へ

2010.06.30| 米良美一

千葉県茂原市、みなさんは行かれたことありますか?
今回初めてご縁あって慰問コンサートへ行ってきました。
私はいつも仕事をさせて戴くスケジュールの合間に余裕があるときは、自分の為に、高齢者の方々や障害者の方の施設やホームに歌を聴いていただきに訪ねています。
身近にみなさんと触れ合えて、私の方が元気を戴きました。

コリン星だと言われる(?)茂原市も素敵なところでしたよ(笑)
また8月に茂原市へコンサートで伺う予定です。

米良美一

6月29日  

2010.06.29| 米良美一

今日は「踊る!踊る!さんま御殿!!」の放送日です。
スペシャルの今回は、杉田かおるさんやDA PUMPのISSAさん、三田村邦彦さん方と出演しています。内容は見てのお楽しみですが、最近はよくバラエティ番組にも出させていただいて、大変勉強になります。
会話の間合いとか流れとか…

音楽の現場とは随分と違う雰囲気ですが、さんまさんをはじめ、共演者のみなさんの回転の良さに、ただただ圧倒されてしまいます。
見て下さいね!!

米良美一

米良美一(7)

2007.06.23| 米良美一

今日でせんくらのブログは終了する。

毎日徒然なるままに、日頃の思いや出来事を書き綴ってみたがなかなか
どうして…。

PCにめっぽう弱いボクには、歌うことより荷が重たい。

来週一週間、山形から北海道へとコンサートでずっと家を空けなければならない。

しかし我が家には愛犬「さんぼ」がいるので、ペットホテルに預ってもらうのはしのびないし…。ということで家の近所に住んでいる心優しい友人に、ベビーシッターをいつものように引き受けていただき、ボクは安心して旅立てるのであった。

山形はソロリサイタルだが、北海道は札幌交響楽団との初共演で、どんな喜びが生まれるか楽しみだ。
ちなみに場所は苫小牧。苫小牧では“ハスカップ”を使って作ったお菓子「ヨイトマケ」なるものが存在する。なんだかご縁を感じてしまうボクなのである。

お菓子といえば仙台の銘菓「萩の月」。
今回“せんくら”におけるボクのコンサートに冠を付けてくださっている。

大変有難く光栄なことだと感謝しているのだが、銘菓に恥じぬよう、心してボクは美味なる歌を、聴衆の皆さまにお伝えしたいと今から襟を正しているところなのでございます!!

米良美一(6)

2007.06.22| 米良美一

昨日のコンサートは大盛況でした。

目白バ・ロック音楽祭に参加するのは初めてでしたが、お客様もボク自身も、自由学園の明日館で、とっても充実したひとときを過せたと自負しています。レトロな建物の木のぬくもりの中で、ボクは本当に解放されて幸せでした。

“フランスとジャポンのうた”と題したコンサートは、日本の粋とフランスの精神(エスプリ)と見事な融合だったと思います。

今日はゆっくりしたいところですが、夜に出版社の方と未来について打合せに出掛けます。有意義なミーティングになるといいなぁ~。

米良美一(5)

2007.06.21| 米良美一

これから目白に出かけて、夜七時からコンサートが開演する。

今日のコンサートではアンティーク着物を着ることになっていて、よりレトロな雰囲気の中、粋なフランスと日本を楽しんでいただきたいと思っている。

ボクは普段から着物が好きでよく着ている方だと思うが、歌うとなると…!?うまくできるかな?

では、いって参ります!!

米良美一(4)

2007.06.20| 米良美一

明日「目白バ・ロック音楽祭」の中でリサイタルを開く。

“フランスとジャポンのうた”と題し、近代フランス歌曲と日本歌曲(それもフランスを意識したものを中心に)のコンサートである。

目白には学習院があり、その仏文科は歴史ある優秀なところで、日本とフランスの友好にも非常に大きく貢献してきたと思う。

そんな目白でどんなコンサートになるやら…!?

今日は家でダラダラとオフを楽しみ、明日へ備えることにしよう。

米良美一(3)

2007.06.19| 米良美一

今日は朝からピアニストさんとのリハーサルにつづき週刊誌の取材があった。

7月10日に出版されるボクのこれまでの人生を綴った本「天使の声―生きながら生れ変わる」のPR取材である。

約半年かけて結構丁寧に書き綴ったものがいよいよ出版される。
嬉しいような、ちょっと裸を見られるようで恥ずかしい気もするが…。

これからの人生、できるだけ力を抜いて、ありのままの自分として生きていきたい。

そしてもっと心から歌に魂を込められるようになるために、自己を開きたいと思ったから。

「せんくら」で歌うのは出版後だから、

その頃にはより拡がりをもった米良美一に出会えること間違いなしである。乞うご期待!

米良美一(2)

2007.06.18| 米良美一

今日は朝から久しぶりに墓参りをした。

ボクは昔から墓参りが大好きだ。
たとえヒット曲の歌の文句のように、そこに誰も眠っていないとしても、お墓の前でこうべを垂れるのを、ボクはとても気持ちよく感じてしまう。

ご先祖様の誰が欠けても今日のボクは存在できない。だから心から感謝すべきだし、お会いしたことのないずっと昔のルーツにも、自然と愛情が湧いてくる。

お昼の便で東京へ帰ります。わが家の愛犬さんぼは元気かな。

 

米良美一(1)

2007.06.17| 米良美一

もうすぐ”せんくら”の季節がやってくる。
今年もまた、私を大好きな街・仙台へ呼んで下さる事に、喜びと感謝を
感じずにはいられない。このブログを書きながら、仙台のあたたかい皆
さんを前に歌えるその日を、心から楽しみにしている。

今日は父の日だ。
昨日から宮崎シーガイアのホテルでのディナー・ショウの為に、故郷へ
来ている私は、今日、何年かぶりに父の日を親と過ごしている。いつも
遠く離れて暮らす一人息子のボクは、こういうイヴェントの日くらい、
何か愛情を形にして両親に伝えたいものだ。生歌でもプレゼントしよう
かなあ・・・それともやっぱり現金!?

いやいや一番は一緒に過ごす時と空間が最高の演出で、親子の絆を太
く、強くしてくれるに違いない。めーいっぱい甘えてこよう!

2006年08月26日

2006.08.26| 米良美一

私のとりとめもないつらつら日記も7日目をむかえました。

仙台に伺えるのが本当に楽しみです。

私の財布には『仙台四郎』さんという福ノ神のお札が入っています。以前どなたかに頂いたものです。仙台には独特の『はやり』があるみたいですね。四郎さんの他にも四郎の女性版で幸せになれるといううわさの『お守り』があるそうです。おもしろい!!

とにかく仙台に行くと、きっと何か小さな幸せが見つかるのではないでしょうか。

そんな気がします。

まぁ、私は「ずんだ餅」を口にほおばると顔が自然とほころんで自分自身が福福しくなるのです!

では食欲の秋、芸術の秋に、杜の都で一緒に輝きましょうね!

その日まで呉々もご自愛下さい。ご拝読ありがとうございました。

米良美一

2006年08月25日

2006.08.25| 米良美一

生まれて初めて『落語』を観に行ってきました。浅草演芸場で観たのですが、現代落語に古典落語、その合間に《いろもの》と呼ばれるマジックやものまね、漫才など、本当に多彩なステージでした。

程よくひねた感じもあって思わず苦笑してしまうシーンや腹を抱えて笑ってしまうそのしぐさ、そして深々と感心させられるその至芸に、私はとっても勉強になったというか、瞳がキラキラしてしまいました。

西洋音楽やまたはその影響を色濃く受けたものを扱って仕事をしている私にとって、日本人の大衆的な芸事の数々は、至極新鮮で、また根性のようなものも感じられ、かなり刺激されました。

粋な笑いっていいですね〜。

米良美一(カウンターテナー)

2006年08月24日

2006.08.24| 米良美一

私はそんなに多くの友達を持っている方ではないのですが、とても仲良くしていただいている貴重な方がいます。ソプラノ歌手の緑川まりさんです!

彼女は気のおけない歌仲間であり、良き助言者であり、また私の声をサポートして下さる師匠、先輩という大切な存在です。この頃2人でデュオ・コンサートをしたりもして、お笑いじゃないけど名コンビを結成しちゃったり(笑)。

いろんな人と出会って仕事をさせていただきますが、自然で気持ちが本当に合うような事って、ごく稀な有難い事なのです。気持ちが合いさえすれば、不思議と声もアンサンブルも容易にとけ合う…。音楽ってそこが大事だったりして、なんともいえない快感を得るのです。仙台でもまりさんとデュオ、やりたいなぁ…。

米良美一(カウンターテナー)

2006年08月23日

2006.08.23| 米良美一

最近のマイブームは、ヨーロッパ食器の収集。

今までそんなに興味がなかったのですが、この頃とっても魅かれて、ロイヤルコペンハーゲンやヘレンド、それにマイセンなど・・高価なものなのでちょっとだけ集めてみたりしています。

本物を好むようになったということはボクも少しだけ大人になったのかなぁ?ムフフ

米良美一(カウンターテナー)

2006年08月22日

2006.08.22| 米良美一

今日は久しぶりに自宅で料理を作ってみました。

アンチョビとキャベツとドライトマトのパスタに、ハーブ野菜のシンプルサラダ。パスタには隠し味に中華だしを使います。ペペロンチーニベースですが、中華だしを少し使うと味に深みができて美味しいですよ!

サラダのドレッシングは、オリーブオイルとバルサミコ酢、そしてレモン汁に塩少々。

自宅で一人食べる料理もなかなか格別でよろしいかと思います。

米良美一(カウンターテナー)

2006年08月21日

2006.08.21| 米良美一

私の家には『さんぼ』という名前のとても可愛い同居人(?) がいます。

黒いトイ・プードルの女の子です。まだ5ヶ月で今が一番やんちゃな時なので、可愛くもあり憎たらしい時もあり、毎日がビックリ箱のようです。

『さんぼ』という名前は、私が幼い頃に大好きだった絵本の「ちびくろ・さんぼ」からもらいました。真っ黒いトイ・プードルは目がクリクリしていてとっても小柄なので、女の子ではありますが『さんぼ』と名付けました。絵本の『さんぼ』は男の子なので、そのようにボクの『さんぼ』もやんちゃになってしまった!?のかもしれません。

今が躾どきの大事な時期だと思って厳しくしよう!…と。

でもその可愛いしぐさにだまされて、ついつい躾に失敗してしまい落ち込む私です。

米良美一(カウンターテナー)

2006年08月20日

2006.08.20| 米良美一

杜の都は仙台のみなさん、お元気ですか?

私はこの度、今年よりスタートするユニークな音楽祭『仙クラ』に参加させていただきます。仙台はとっても美しい調和を保つ、美味しくて刺激的でそれでいて癒される…大好きな街です!!

10月の7日と8日の2日間、私は仙台の街で歌います。

そしてまた私の舌と心を潤わせてくれる宮城の美食の数々を想い出しながら、その日を指折り数えて楽しみにしているのです(^0^)

米良美一(カウンターテナー)

最新の投稿

カテゴリー