ARTISTS

吉田 誠 YOSHIDA Makoto クラリネット

高い芸術性と抜群のテクニック、美しい音色でクラリネットによる新たな表現世界を開拓している期待の大器。

1987年兵庫県生まれ。5歳からピアノを、15歳からクラリネットを、22歳から指揮を始める。2006年東京藝術大学入学後、渡仏。2008年フランス地方国立リュエル・マルメゾン音楽院を審査員満場一致の最優秀賞ならびにヴィルトゥオーゾ賞を得て高等課程を最短二年で卒業。文化庁海外新進芸術家派遣員として、2009年パリ国立高等音楽院に首席入学し、ミシェル・アリニョン、パスカル・モラゲス両氏のもとで研鑽を積み、ジュネーヴ国立高等音楽院では、ロマン・ギュイヨ氏に師事した。

第19回欧日音楽講座に於いて、ミシェル・アリニョン特別賞を特設され授与。第5回東京音楽コンクール木管部門第1位及び聴衆賞。

2012年~2014年までサイトウ・キネン・フィスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)+松本市民芸術館共同企画「兵士の物語」に毎年出演。2014年、トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーンのソリストに抜擢され、全国ツアーに参加し、巨匠ペーター・シュミードルと「クロンマー:2台のクラリネットのための協奏曲」を演奏。同年テビューアルバム「くらりずむ」をリリース。2015年には自主企画リサイタルシリーズ「五つの記憶」を始動し、アート・ディレクターの田村吾郎とのコラボレーションも大きな話題となった。同年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、ルツェルン・フェスティバル・アークノヴァ2015 in 福島の音楽祭へデビュー。2016/17シーズンは、2ヶ月連続でテレビ朝日「題名のない音楽会」で特集が組まれ、音楽業界の注目を集める。6月、萩原麻未、成田達輝、横坂源と共に「メシアン:時の終わりのための四重奏曲」の全国ツアー行い、サントリーホール チェンバー・ミュージック・ガーデンにも初出演し、ジョン・健・ヌッツォ、ラデク・バボラークが独奏を務めた「ブリテン:セレナード Op.31」を指揮。10月にはウィーンフィル首席奏者、ダニエル・オッテンザマーの代役として「ウェーバー:クラリネット五重奏」を熱演し、神戸国際芸術祭(音楽監督:ヘーデンボルク・直樹)への鮮烈デビューを果たした。11月にはサントリーホール ブルーローズでのソロ・リサイタルを成功裏に収めた。

2017/18シーズンは、世界を舞台に活躍するピアニスト、小菅優のプロジェクト「ベートーヴェン詣」にて、小菅優、フィリップ・トーンドゥル、トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト、小山莉絵との共演によるベートーヴェン、モーツァルト、藤倉大のピアノと管楽のための五重奏曲の全国ツアーへの参加、日本、スイス、オーストリア、フランスでのリサイタルに加え、11月には浜離宮朝日ホールにて、自主企画リサイタルシリーズ「五つの記憶」の第3回の開催を控えている。

これまでに秋山和慶、大植英次、大友直人、小林研一郎、藤岡幸夫各氏の指揮のもと、大阪フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラとソリストとして共演する他、サントリーホール、東京文化会館、紀尾井ホールをはじめ、国内各地の主要ホールでリサイタル、室内楽公演を重ねている。

クラリネットを故浜中浩一、村井祐二、山本正治、松本健司、フローラン・エオー、ミシェル・ルティエックの各氏に、指揮を小澤征爾、湯浅勇治の各氏に師事。アムステルダム在住。

PROGRAM

  • クラリネットの甘いささやき
    吉田誠のロマンティック・ワールド
    吉田誠(クラリネット) 佐野隆哉(ピアノ)
    9月30日|土| 10:30〜11:15
    H|太白区文化センター|展示ホール
    P: 597-747
    シューマンから映画音楽の作曲でも有名なニーノ・ロータ、現代を代表する作曲家ヴィトマンまで… 大作曲家がクラリネットに込めた「ファンタジー」を旅するプログラム。4オクターブ以上に渡る幅広い音域やダイナミックスレンジ、多彩な音色により従来のクラリネット概念を覆す、進化形クラリネット奏者吉田誠の世界をお楽しみください。
    Loadingマイリストに保存 |残席わずか
  • 全てを兼ね備えた貴公子たちが集結!
    仙台だけの特別なコラボが実現
    西江辰郎(ヴァイオリン) 近藤嘉宏(ピアノ) 三浦一馬(バンドネオン) 村治奏一(ギター) 吉田誠(クラリネット) 上野耕平(サックス) 山中惇史(ピアノ)
    9月30日|土| 17:15〜18:15
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    天は二物を与えられた!音楽の神に愛された貴公子たちが一同に会しバラエティー豊かな楽器で続々登場。そして最後にはここだけのスーパーセッション。これは絶対に見逃せない。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり