ARTISTS

西村 悟 NISHIMURA Satoru 声楽|テノール

日本大学芸術学部音楽学科卒業、東京藝術大学大学院オペラ科修了。

声楽を丹羽勝海、川上洋司、Yoko Takedaの各氏に師事。第36回イタリア声楽コンコルソ・ミラノ部門にて大賞(1位)を受賞。

ボローニャ国立音楽院へ留学。2010年、文化庁新進芸術家海外派遣員としてヴェローナに再渡伊。

2011年、イタリアで若手の登竜門として知られる第17回リッカルド・ザンドナーイ国際声楽コンクールにて第2位、並びに審査委員長特別賞を受賞。第80回日本音楽コンクールにて第1位、並びに聴衆賞を受賞。

2013年1月、大野和士指揮水戸室内管弦楽団とブリテンの「ノクターン」、2014年7月、山田和樹指揮スイス・ロマンド管弦楽団とメンデルスゾーンの交響曲「讃歌」、同年12月には佐渡裕指揮ケルン放送交響楽団と「第九」を共演。

2015年は山田和樹指揮仙台フィル「椿姫」コンサート形式、大野和士指揮広島交響楽団とベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」、インキネン指揮日本フィルとのマーラー「大地の歌」、12月の第九では、佐渡裕指揮PAC兵庫県立芸術文化センター管弦楽団、ドミンゴ・インドヤン指揮新日本フィルハーモニー管弦楽団、そして大友直人及び秋山和慶指揮東京交響楽団で共演。

2016年は小林研一郎指揮名古屋フィルハーモニー管弦楽団とヴェルディ「レクイエム」、高関健指揮東京シティ・フィルとベルリオーズ「ファウストの劫罰」、パスカル・ヴェロ指揮仙台フィルハーモニー交響楽団「蝶々夫人」、そして大野和士指揮バルセロナ交響楽団との共演でメンデルスゾーン「讃歌」のソリストを務め、ヨーロッパデビューした。

オペラでは、新国立劇場「夜叉ヶ池」、藤原歌劇団「ラ・トラヴィアータ」「蝶々夫人」「仮面舞踏会」に出演。2017年にはびわ湖プロデュース・オペラ「ラインの黄金」に出演予定。

平成25年度五島記念文化賞オペラ部門オペラ新人賞受賞。第23回出光音楽賞受賞。藤原歌劇団団員。ヴェローナ在住。

PROGRAM

  • Viva! イタリア! サンタ・ルチア、帰れソレントへ
    魅惑のカンツォーネ!!
    西村悟(テノール) 成田博之(バリトン) 加藤昌則(ピアノ)
    9月29日|金| 15:45〜16:30
    C|日立システムズホール仙台|シアターホール
    P: 597-742
    イタリアといえば“歌”の国。今回は日本の皆さまにも耳馴染みのあるカンツォーネをメインにお届けします。情熱的な歌、雄雄しい歌、明るい歌、哀愁に満ちた歌、郷愁をそそられる歌、心揺さぶられる歌の数々をテノールとバリトンの男声ならではの魅力でたっぷりと謳いあげます!
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • コンサートホールが歌劇場に変わる!
    世界で愛されるオペラ「カルメン」のエッセンス
    市原愛(ソプラノ) 林美智子(メゾソプラノ) 西村悟(テノール) 成田博之(バリトン) 石野真穂(ピアノ) カルメン合唱団(仙台オペラ協会合唱団、まほろば少年少女合唱団、マリン・ミュージック)
    9月30日|土| 16:15〜17:15
    A|日立システムズホール仙台|コンサートホール
    P: 597-740
    世界で最も愛されるオペラ「カルメン」。カルメンよりドラマティックで愛に満ちた有名なアリアの数々をハイライトでお届けします。コンサートホールの最高の音響で聴く、贅沢な4人の人気歌手と合唱が織り成す歌劇場にいるかのような60分。オペラの入門にも最適な素敵なステージです。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり
  • 珠玉のオペラ名曲~歓喜のグランドフィナーレ!
    市原愛(ソプラノ) 林美智子(メゾソプラノ) 西村悟(テノール) 成田博之(バリトン) せんくら合唱団 現田茂夫(指揮) 仙台フィルハーモニー管弦楽団
    10月1日|日| 19:45〜20:45
    J|仙台銀行ホール イズミティ21|大ホール
    P: 597-749
    「せんくら」フィナーレ公演はもちろん「第九」の歓喜の合唱で締めくくり!さらに今年は、仙台市が東京オリンピック・パラリンピックに向けてイタリア共和国の「ホストタウン」に登録されたことを記念して、第九ソリストの市原愛と西村悟がイタリアオペラの傑作アリアも披露します。オペラ名曲と「第九」の合唱を両方お楽しみいただけるグランドフィナーレです。
    Loadingマイリストに保存 |残席あり